2007年05月01日

あかきゆめみし

4月23日、ロシア連邦の初代大統領ボリス・エリツィン氏が死去しました。
エリツィン氏は、1991年8月の守旧派によるクーデターを制圧し、ソビエト社会主義共和国連邦を崩壊に導きました。ここに1917年のロシア革命以来(ソ連の成立は1922年)、74年間続いた社会主義体制は幕を下ろしたのです。



共産主義が見た夢

「階級差のない平等な社会」という崇高な理想を掲げて誕生した共産主義
資本主義が発展していくと、資本家が手にする利潤も労働者に支払われる賃金も減少し、大企業は小企業を吸収して富はますます少数の者の手に集中する。資本主義である限り、恐慌と失業はなくならない。そして事態は否応なく革命へと向かう。革命によってブルジョワの所有する生産手段は国有化され、(プロレタリアート独裁を経て)階級なき社会が実現される…
しかしながら実際に革命が起こったのは、資本主義が成熟した社会ではなく、後発資本主義社会のロシアでした。そして階級なき社会を目指すはずだったのが、現れたのは共産党による強固な独裁国家だったのです。

共産主義とはなんだったのか。
本書には、世界最初の社会主義国家ソビエトの歴史を中心に、中国や中南米の社会主義国家の成立までが簡潔にまとめられています。とりわけ興味深いのがレーニンの生涯です。彼は、敵の敵と手を組んで権力の頂点へと登りつめた、非常に冷徹なマキャベリストとして描かれています。
「ある政治目標を実現するために、ある一定の残虐行為に訴えることがもし必要ならば、それは最も精力的な方法で、かつ可能な限り最短期間内に実行されなければならない。なぜなら大衆は、長引く残虐行為に耐えられないからだ」これはレーニンが引用したマキャベリの言葉です。レーニンの後継者スターリンが行った大粛清がよく批判されますが、その土壌はレーニンが用意したものでした。
共産主義の名のもとに、あまたの人類の命が失われました。

本書の注釈には「社会主義と共産主義との間に明確な区別をつけることはできない」と書かれていますが、やはり区別すべきです。実際に地球上に存在したのは社会主義国家であって、万民の完全な平等と国家の消滅を実現した共産主義社会(国家ではない!)は、いまだこの世には現れていません。
原始時代は共産主義社会だったのかもしれませんが、原始時代の人間に全く私的所有という概念がなく、階級もまた存在しなかったのかどうかは、定かではありません…
世界史上最も成功した社会主義国(=最も経済的平等を実現した国)は、やはりわが日本でしょうか。

(4月29日読了)


管理人のひとりごと


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:34| Comment(26) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。