2007年05月03日

不確かな真実U

地球温暖化の危機が叫ばれる、現在。
北極や南極の氷がなくなるとか、太平洋の島国は海に沈むとか、センセーショナルな話題が先行しがちですが、真実はどうなっているのでしょうか。
地球温暖化問題を冷静に考えるには、現場の科学者がどう捉えているのかを調べてみることです。以前、『北極圏のサイエンス』をご紹介しましたが、今回は世界の最高峰・ヒマラヤからの報告です。



ヒマラヤと地球温暖化 中尾正義 著

ヒマラヤでは、実際に氷河の減退が観測されています。
ネパールの首都カトマンズでも、1960年代以降気温が上昇傾向にあります。ただし、これが地球規模の気候変動の影響であるとは言えません。都市化が進むカトマンズでは、ヒートアイランド現象であると見るのが妥当です。
ではヒマラヤの山岳地帯ではどうかというと、1970年代以降、地球規模の温暖化に同期するように気温の上昇傾向が見られます。氷河の融解も、気温上昇が促進している可能性は大きいようです。しかしヒマラヤでの温暖化の速度は、世界の他の地域(北半球の平均温暖化速度)よりもいくぶん緩やかです。

実はヒマラヤの氷河を融解させる大きな要因が、もうひとつあります。ヒマラヤの氷河には黒く汚れた部分があるのですが、これは氷上に生息する生物たちが生み出した有機物クリオコナイトです。これが氷河の融解を促進していたのです。生物が地球環境の変化に及ぼす影響の大きさを示す一例ですね。

氷河には冬雪型夏雪型があります。冬に降水量が多い地域では、冬の積雪で氷河が成長します。ヒマラヤの氷河は夏雪型です。しかし夏の雪は、ほんのわずかな気温の上昇で雨に変わります。夏雪型氷河は、地球温暖化に弱いのです。
ヒマラヤの氷河の衰退がすべて気温上昇によるものではないのですが、氷河の盛衰は気候の変化を鋭敏に反映する、地球環境のバロメーターであるといえます。

(4月30日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】 不確かな真実

さて、地球温暖化に関連して気になるニュースが。4月27日から始まったバイオガソリンの販売です。

管理人のひとりごと


ラベル:地球温暖化
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:39| Comment(13) | TrackBack(4) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。