2007年05月21日

誰かが世界を終わらせる?

戦争やテロ
未知なるウイルスの流行
地球規模の環境異変…
人類を滅亡に導く危機について警鐘を鳴らす書物は数多くありますが、今回ご紹介する本の特色は、国家間の戦争や地球環境問題ではなく個人が世界を滅ぼす可能性を指摘していることです。



今世紀で人類は終わる?

個人が世界を終わらせる可能性のひとつとして、まず挙げられるのが核を使ったテロです。プルトニウムを爆発させるには爆縮という特殊な技術が不可欠でテロリストの手に負えるものではありませんが、濃縮ウラン型爆弾なら核テロは比較的容易です。ソ連崩壊のドサクサの折、杜撰に管理された核兵器がチェチェン反政府勢力などに流出しているかもしれません。

本書で最も危険度が高いとされているのが、バイオテロです。生物・化学兵器の製造を監視するのは核兵器よりもはるかに困難であり、ウラン濃縮のような高度な技術も必要ありません。バイオテロを引き起こすのには国家どころか大規模なテロ組織すら必要ではなく、社会に憎悪を抱くマニアックな個人が世界を恐怖に陥れることができます。
狂った研究者が強力なウイルスを合成するばかりでなく、研究所に保管された天然痘ウイルスが持ち出される危険もあります。故意のバイオテロではなくとも、研究室でのバイオエラーも同様です。バイオテロ・バイオエラーは、たとえ犠牲者を出さなくても社会に深刻なパニックをもたらすことでしょう。

さらにSFじみた話ですが、粒子加速器で原子同士を衝突させる実験がビッグバンを起こし、地球どころか宇宙を破壊してしまう可能性を論じている科学者もいらっしゃるそうです。

著者のマーティン・リース教授は、イギリスの高名な宇宙物理学者です。衝撃的なタイトル(原題は『Our Final Century?』)が付いていますが、最先端の科学がもたらす人類の危機ばかりではなく、未来への展望(人類の宇宙への進出)も述べられています。ただし人類が繁栄を維持するためには、今世紀をどう生きるかが大切であると。

この広大な宇宙で、生命の存在が確認されているのは私たちの地球だけです。
人類は、地球は、いつまで続くのでしょうか。確かに言えることは、数十億年後には地球は膨張する太陽に飲み込まれてしまうことです。生命の誕生が、40億年前の地球で起こった宇宙の歴史上たった一度きりの出来事ならば、地球の消滅とともに宇宙から生命の存在は消えてしまいます。
もしかしたら人類に課せられた使命は、地球に誕生した生命の種を宇宙へ蒔くことかもしれません。そうすれば数億年先には、地球以外の星にも生態系が生まれているかもしれません。
それとも地球以外の星に生命の種を蒔く行為は、宇宙環境の破壊でしょうか?(笑)

(5月20日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】世界はこうして終わる?


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。