2007年05月24日

疑惑の国宝

小・中学校の教科書でおなじみ、福岡市の志賀島から出土した漢委奴國王の金印。国宝であり、現在は福岡市博物館に所蔵されています。

あまりにも有名なのですが、私は以前から疑問を持っていました。
金印は江戸時代の1784年、志賀島の水田の溝を掘っていたところ偶然に発見されたと伝わっています。しかしその場所は、古墳でも古代の王城跡でもありません。そんなところにポツリと金印だけが、しかもほとんど無傷(金は非常に軟らかい!)で見つかったのです。
はたして金印はホンモノか…

金印偽造事件



三浦 佑之著


漢委奴國王金印に対する疑惑は、これまでもたびたび提出されています。
ひとつは金印はホンモノであるが、水田から出土したのではなく、志賀島の神社の神宝を盗み出したという説です。出土したとされる地に遺跡は全く見つかっていませんが、博多湾は大陸との交易の玄関口であり、志賀島に金印が伝わっていてもおかしくはありません。
ただ、いくらなんでも神宝が盗まれたなら、大騒ぎになって記録に残るのではないでしょうか。金印の発見には福岡藩のみならず、本居宣長上田秋成など、当時の名だたる文化人たちが強い関心を示していたわけですから。

もうひとつは真っ赤なニセモノ説です。著者・三浦佑之氏は、金印の鑑定人である福岡藩の学者・亀井南冥(なんめい)が金印偽造の首謀者であるとみています。
金印が発見されたその年、福岡藩にはふたつの藩校が開校しました。
南冥は、町医者から藩校の祭酒(館長)に大抜擢された、野心あふれる人物です。金印の出土は、彼の学識をアピールし、自らの率いる甘棠館(かんとうかん)を興隆させる、絶好のチャンスだと捉えていたようです。
もう一方の修猷館(しゅうゆうかん)に属する学者たちの、金印に対する反応は、かなり冷めたものでした。
金印の製造年代はいつなのか、科学鑑定が待たれます。

さて「漢委奴國王」の読みですが、カンノワノナノコクオウとするのが一般的です。委は倭(ワ)の人偏を取った省略字体で、後漢書に記された倭の奴国に西暦57年に贈られた金印だとしています。
カンノイトコクオウと読む説もあります。こちらは委奴を魏誌倭人伝に記された伊都国と同一視します。
著者の三浦氏は、本書のテーマは江戸時代の金印偽造事件であり、古代史の解明ではないとしているのが残念ですが、推理小説のような謎解きの楽しみが味わえる一冊です。

(5月24日読了)


管理人のひとりごと


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:28| Comment(10) | TrackBack(2) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。