2007年06月10日

消えた(消された?)神様

御三家、三役、三冠王…など、世の中には三つの代表的なものを並び称する言葉が数多くあります。
日本の神話にも、三貴子と呼ばれる三人の神様がいらっしゃいます。アマテラス(天照大神)、ツクヨミ(月讀命)、スサノオ(須佐之男命)です。
アマテラスは皇室の祖神として名高い太陽の女神。弟のスサノオはヤマタノオロチ退治で知られる勇猛な神様です。しかしアマテラスのもう一人の弟・ツクヨミは、夜の世界を統べる月の神という以外に、その事績が全くと言っていいほど記されていないのです。
ツクヨミを祭神とする神社の数は極めて少なく、当然ながらツクヨミをテーマとした研究書や論文もほとんどありません。

日本神話最大の謎ともいえるツクヨミについて以前からもっと知りたいと思っていたのですが、待望の著作が最近出版されました。



ツクヨミー秘された神

著者の戸矢学氏は國學院大學文学部神道学科を卒業した、神道・陰陽道の研究家です。
戸矢氏は神話の三貴子が、皇位継承のレガリアである三種の神器に相当するといいます。
八咫鏡(やたのかがみ)=アマテラス
八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)=ツクヨミ
天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)=スサノオ
そして鏡は伊勢神宮、剣は熱田神宮に奉納されており、宮中にある鏡と剣はレプリカであるのに対し、勾玉だけは正真正銘オリジナルが宮中に祀られています。
ツクヨミを象徴する勾玉のみ実物が宮中にある…つまり戸矢氏は、ツクヨミが存在感のないどうでもいい神様どころか、皇室にとって最も重要な神様であると考えているのです。

月の引力は潮汐をもたらし、月の運行は時に日食を起こします。ツクヨミ=月を読むとは天文・占星の術に他なりません。それは単なる占いではなく、気象を予測したり地の利を読んだりする古代人の科学でした。
歴史上、天文・占星の術を得意としたと伝わる天皇がいらっしゃいます。天武天皇です。天武天皇は古代史最大の内戦・壬申の乱を制して即位。古事記日本書紀の編纂を命じ、天皇の称号を最初に用いたとされます。天皇という王権は、ここに確立したといえるでしょう。
ツクヨミとは天武天皇(の神格化)だったのです。

かように重要なツクヨミの神話が、なぜ全く残っていないのでしょうか。
ツクヨミを抹殺したのは誰か…戸矢氏は桓武天皇だとします。桓武天皇の父・光仁天皇は、天武天皇の兄・天智天皇の孫です。奈良時代は天武天皇の子孫が皇位を継承し、天智系の光仁天皇は政争に巻き込まれないよう酒浸りの日々を送っていました。ところがアルコール中毒を装っていた不遇の老皇族に、皇位が転がり込んできたのです。
父の後を継いだ桓武天皇は、守旧派の勢力が強い平城京を棄て、平安京に遷都します。そして仇である天武天皇の事績を可能な限り削除したのだと戸矢氏はいいます。
確かに天武天皇の前半生は謎に包まれており、乙巳の変(大化の改新)のエピソードにも登場しません。但し、天武天皇を天智天皇の弟ではないとか皇位簒奪者であるとかの説を、戸矢氏は否定しています。

もともと記紀に描かれていたはずのツクヨミ神話がどのような物語だったのか、本書で明らかになったわけではありません。
先行する研究や資料がほとんどないだけに、ツクヨミ神話は私たちの想像力を刺激します(戸矢氏自身、まずは長編小説として構想していたそうです)。
なお本書はツクヨミのみならず、神道全般について新たな知見をもたらしてくれる極めて興味深い論考です。

(6月10日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。