2007年06月18日

昔、毒ありけり

昔、男ありけり…
この一文から始まる歌物語が『伊勢物語』。
主人公の「男」は、平安時代のちょいワルオヤジ(?)在原業平がモデルとされています。火遊びが過ぎて東国へ追放になったとの逸話があるほどです。
今回は『伊勢物語』にまつわるミステリ小説です。



毒草師



毒草師

東京は隅田川近くの南業平にある旧家、鬼田山(きたやま)家。
鬼田山家の先々代当主・俊春は、この辺りには業平様の怨念が棲みついており、日が暮れると一つ目の鬼が現れる…と言い聞かされて育ちました。
ある日幼い俊春は、夕暮れの川沿いの道で一匹の子山羊と出会います。その子山羊の顔の中央には、大きな目がひとつ。こいつがあの一つ目の鬼なのか…驚いた俊春は、落ちていた棒切れで子山羊を撲殺しました。
成人した俊春は、千葉の豪農の娘・香苗と結婚します。しかし最初に身ごもった子供は死産でした。そして、その子の顔の中央には目がひとつしかなかったのです。
業平様の祟りか…
以後、鬼田山家では「一つ目の鬼を見た」と言い残して、屋敷の離れに内側から鍵をかけて閉じこもる人間が相次ぎます。そして誰もが密室状態の離れから、忽然と姿を消してしまうのでした。まるで『伊勢物語』の「鬼一口」の場面のように…
『伊勢物語』第六段
求愛していた姫君をなんとか連れ出した「男」は、降りしきる雨のなか姫君を荒れ果てた蔵の中に押し入れます。「男」は外で夜明けを待ちますが、蔵の中へ入ってみると姫君の姿はありません。
鬼に一口で食べられてしまった…

鬼田山家の人々はなぜ密室から消えたのか?
そして一つ目の鬼の正体とは?
事件の謎を解くのは『QED』シリーズに登場する無表情な長髪の男、御名形史紋(みなかた・しもん)です。自ら毒草師を名乗るだけに、本作ではある毒物が事件の重要な鍵となります。

この先ネタバレはありません
但し、本作品に対する管理人の個人的な評価を記しています。未読の方はご注意ください。

管理人のひとりごと


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 18:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。