2007年06月26日

新型プリウス、発売延期。

【次期プリウス】最新スクープはこちら

不純文學交遊録の検索ワードで非常に多いのが「プリウス」。しかも新型(3代目)の情報を求めて訪れているようです。
ご来訪者のみなさま、スミマセン…記事が古いままでした。
最近、新型プリウスをめぐって重大な報道がいくつかありましたので、まとめてみます。

このところ騒がしいのが日刊工業新聞です。

まずは5月28日の一面トップ記事。
「来年発売予定の次期プリウスへのリチウムイオン電池搭載を断念」
相次ぐパソコン用リチウムイオン電池の発火事故を受け、安全性に不安の残るリチウムイオン電池の採用を見送ったとのことです。
しかしながら、トヨタはハイブリッド車へのリチウムイオン電池搭載に向け、厳しい安全検証を繰り返しているはず。電機メーカー各社も、自動車用リチウムイオン電池の生産に大規模な設備投資をしています。
また限定100台とはいえ、日産自動車が2000年に発売したティーノ・ハイブリッドはリチウムイオン電池を搭載していました。

これは好調な現行プリウスの販売に水を差さないためのガセネタか…とウラを読んでいたところ、6月15日に衝撃的な記事が。
トヨタ自動車、新「プリウス」の発売を半年間延期
2008年10月に予定されていたプリウスのフルモデルチェンジが、2009年春に延期されたと報じられたのです。
当初計画されていたリチウムイオン電池の採用が、従来のニッケル水素電池を継続することになり、車体設計の変更が生じたとのこと。
リチウムイオン電池と同等の性能をニッケル水素電池で実現しようとすると、バッテリーサイズを大きくせざるをえません。そうなるとトランクスペース等に影響が出てきます。

さらに追い討ちをかけるような記事が、6月18日
ホンダ、新型HVへのリチウムイオン電池採用を先送り
ホンダが2009年に発売を予定している新型ハイブリッド専用車(おそらくフィットクラスの小型車)も、リチウムイオン電池の採用を見送ったのです。

これで3代目プリウスのリチウムイオン電池不採用は確実…
プリウスにはハイブリッド車を普及させる使命がありますから、安全性のみならずコストの問題も大きかったと思われます。
ただ「プリウス=先駆け」を名乗るからには、実験的な新技術を果敢に採用してもらいたいものです。




続きを読む


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 不純自動車交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。