2007年06月30日

Xシリーズ、開幕。

某大学工学部助教授として、大学や研究所を舞台にしたクールで理知的なミステリィ作品で注目を集めた森博嗣氏(現在は大学を退官)。異色の作家を数多く輩出してきた講談社メフィスト賞の第一回受賞者であります。
講談社ノベルスからは、犀川創平(S)と西之園萌絵(M)の師弟コンビによるS&Mシリーズ、瀬在丸紅子(Veniko)とおかしな仲間たちが繰り広げるVシリーズ、タイトルにギリシャ文字が入ったGシリーズ(現在も続行中)を刊行してきました。

そして、また新たなシリーズがスタートします。
第一弾は『イナイ×イナイ Peekaboo』。新シリーズはタイトルにXが入るのでXシリーズと呼ばれます(次回作の予定は『キラレ×キラレ』)。

なお、私がシリーズ全巻を読破したのはS&Mシリーズだけです…(苦笑)



イナイ×イナイ

都心の一等地に佇立する広大な佐竹家。
当主・佐竹重蔵が亡くなり、美術鑑定業の椙田泰男は遺品の整理を依頼されていました。
ある日、椙田事務所に重蔵の先妻の娘・千鶴が訪れます。
「私の兄を探して欲しいのです」
千鶴には双子の妹・千春のほかに生後8ヶ月で亡くなった兄・鎮夫がいたのですが、実は鎮夫は今も生きており、屋敷の母屋の地下牢に閉じ込められているのだと言うのです。
いくら広大な屋敷とはいえ、そんなことがありうるのでしょうか。
(ちょっと高田崇史氏の『毒草師』みたいな設定…)

千鶴が事務所を訪れたとき、椙田泰男は不在でした。
調査を引き受けたのは、事務所に出入りしている美大生の真鍋瞬市と、最近助手として雇われた元・社長秘書の小川令子。二人のにわか探偵が、美術品の調査を名目に佐竹屋敷に乗り込みます。
屋敷にはもう一人、探偵を名乗る男・鷹知祐一朗が来ていました。鷹知は佐竹家の親戚で、千春から依頼を受けたのだと言います。はたして彼は敵か味方か?

作中では一番頼りなさそうな美大生の真鍋が、論理的な推理を展開します。

(6月28日読了)

森博嗣の浮遊工作室


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。