2007年07月30日

ニホンオオカミの行方

世界には未知なる動物の目撃情報が数多くあります。何億年も前に絶滅したと考えられていた古代魚シーラカンスの発見は、世界を驚かせました。

1905年に奈良県東吉野村で捕獲されたのを最後に、絶滅したことになっているニホンオオカミ(1910年に福井県の福井城址で捕獲されたイヌ科の動物が、ニホンオオカミだったとの説もあり)。しかしその後も、紀伊半島・奥秩父・祖母山系などでオオカミの目撃談は絶えません。
2000年、野生動物保護学会で九州・祖母山系で撮影されたニホンオオカミと思われる動物の写真が発表され、新聞報道もされました。報道の過熱を懸念し、その後の発表を控えてきたという発見者の西田智さんが、これまでの経緯を著書をまとめました。



高校の英語教師だった西田さんは、大学生時代に専門の英語はそっちのけで野鳥の研究に没頭し、野山を駆け巡っていました。ある夜、祖母山でオオカミの遠吠えのような啼き声を聞きます。山小屋の管理人が言うには、あれは山犬だと。
山犬とは、幻のニホンオオカミのことなのか。その後も西田さんはライフワークの野鳥観察の傍ら、声の主を追い続けます。

そして2000年7月、西田さんはオオカミらしきイヌ科の動物に出会うのです。
撮った写真を元国立科学博物館動物研究部長の今泉吉典博士に送り、「ニホンオオカミの特徴を備えており、ニホンオオカミそのものとしか思えない」との鑑定を得ます。一方で、ハスキー犬のようなオオカミに血統の近い犬が、野生化したのだろうとの反論も提出されました。
生きたニホンオオカミを見たことのある専門家は、誰ひとりいません。オオカミなのか野犬なのか、写真だけでは結論が出ないようです。

サル・シカ・イノシシなどによる農作物への被害があとを絶たないのは、山林の荒廃によるエサ不足に加えて、食物連鎖の頂点にいたオオカミが絶滅したからだとも考えられています。
そこで森にタイリクオオカミを放し、日本にオオカミを復活させようとする計画があるそうです。日本に本来存在しない生物を持ち込むわけではありませんが、外来種の人為的な導入には生態系を乱す懸念もあります。
日本へのオオカミ再導入を目論む日本オオカミ協会丸山直樹教授は、西田さんの写真を否定する側(悪役?)として本書に登場します。

写真の真偽をめぐって果てしない論争をするよりも、この本が(もしかしたらまだオオカミが生きているかもしれない)日本の豊かな森林の保護を考える契機になるといいですね。西田さんは、九州地方では絶滅したとされるツキノワグマらしき足跡も発見しています。
山との出会い、オオカミ探索の日々、マスコミとの応酬、そして全国でオオカミを探し求める同志たちとの交流…本書はノンフィクション文学としても楽しめます。

『ニホンオオカミは生きている』への意見・感想は…オオカミ党

(7月30日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:17| Comment(14) | TrackBack(0) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

いる?いらない?参議院

今日(7月29日)は第21回参議院議員選挙の投票日です。
消えた年金問題に、相次ぐ閣僚の失言と事務所費用疑惑。与党にとっては、かつてない逆風のなかの選挙戦となっています。参院選での勝敗は直接政権交代へと結びつきませんから、与党支持者も安心して「お灸をすえる」ことができるのも大きいかもしれません。

日本の国会は、衆議院参議院の二院制です。
衆議院と参議院で異なる議決となった場合、衆議院の議決が優越するため「衆議院のカーボンコピー」と揶揄されることも多い参議院。さらに今回の選挙では、2005年のいわゆる「郵政解散」で涙を呑んだ元衆議院議員たちが何人も出馬し、衆院選の敗者復活戦の様相を呈しています。
こんな参議院でいいのでしょうか?


参議院なんかいらない

『参議院なんかいらない』という衝撃的な本を書いたのは、参議院の天皇とまで呼ばれた村上正邦、小沢一郎の知恵袋・平野貞夫、共産党の論客・筆坂秀世の、いずれも元参議院議員の三氏。
ただし本書の主旨は「こんな参議院はいらない」であって、参議院無用論ではありません!
政治改革の本丸は、参議院の大改革なのです。

郵政解散は、参議院を「殺し」ました。
参議院で否決された法案は、両院議員協議会にかけるか衆議院に差し戻されます。しかし小泉純一郎首相(当時)は郵政民営化法案が参議院で否決されると、衆議院を解散するという憲法無視の暴挙に出ます。
解散総選挙で自民党が圧勝し、ふたたび郵政民営化法案が参議院に送られると、法案を否決した自民党参議院議員たちは、次の選挙での公認欲しさに賛成に寝返りました。
参議院は二度死んだのです。

衆議院の数の政治に対し、理の政治・良識の府と呼ばれる参議院。
任期6年・解散のない参議院は、党利党略を離れ政局に左右されずに国の未来を論じる場でなくてはなりません。つまり政党名で選ぶ比例代表制は、参議院にふさわしくない選挙制度です。本書では参議院議員を地方代表として各都道府県から二名選出(人口比例ではない)し、全国区もしくはブロックで50人ほど選出する選挙制度を提案しています。
そして3年おきの半数改選の廃止。3年おきの選挙だからこそ、参院選が政局になってしまいます。6年ごとに一括改選することで議員は長期的視野をもち、憲法や教育といった国家の根幹に関わる問題を審議することができるのです。ただし、これには憲法改正が必要となります。
日本国憲法第46条
参議院議員の任期は、六年とし、三年ごとに議員の半数を改選する。

ほかにも内閣総理大臣を指名しない、大臣には就任しない、決算審議を参議院の独自権限とするなどの参議院改革案を提案しています。
憲法オンブズマンの設置は、現行憲法下でもできる大改革です。憲法を無視し人間を軽視した世の中の動きに、参議院が警鐘を鳴らすのです。これは行政や司法機関のみならず、一般企業・マスコミの暴走に対しても向けられます。
マスコミといえば選挙のたびに行われる出口調査、あれって憲法違反じゃないですか?!
日本国憲法第15条第4項
すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。

(7月29日読了)


管理人のひとりごと
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(2) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

邪馬台国は、ここにある。

邪馬台国はどこにあったのか?
女王・卑弥呼とは何者なのか?
邪馬台国論争は、いまだに結論を見ない日本史永遠のテーマです。

かつてTBS系に『日曜特集・新世界紀行』という番組がありました。
世界各地の自然や歴史を訪ねるドキュメンタリーですが、そのなかで作家・井沢元彦氏が、邪馬台国と卑弥呼の謎に迫ったものを見た記憶があります。
井沢氏は、太陽を祀る巫女・卑弥呼の死と247〜8年に起こった皆既日食との関連(ライバル狗奴国との戦争の最中、日食により神威を失った卑弥呼は殺害された?)を指摘し、その皆既日食が観測されたのは大和ではなく九州だったと述べていました。そして宇佐神宮に祀られる三柱の神=応神天皇比売大神神功皇后のうち、固有名詞ではない比売大神の正体を卑弥呼であるとしたのです。

以前ご紹介した『ツクヨミ−秘された神』で、著者の戸矢学氏は、邪馬台国・宇佐説をほのめかしていました。そこで戸矢氏の過去の著作に興味をもち、探してみました。



卑弥呼の墓

まず戸矢氏は、魏志倭人伝に記された「卑弥呼」「邪馬台国」が当て字であることを指摘します。
「卑」や「邪」の文字は中国の王朝が周辺の異民族をさげすんで用いたもので、卑弥呼が自ら名乗ったものではありません。当時の倭人(これまた異民族に対する蔑称!)の発音を漢語で表記する際に当てはめたものです。
またヒミコという名も、女王の本名(固有名詞)ではなく普通名詞です。女王の使者が自らが戴く主人の名をヒメミコ(=高貴な女性)と呼んだのを、魏の役人が卑弥呼と書き記したに過ぎません。古代は高貴な人の本名を、臣下がはばかって口にしたはずはないからです。
ヒメミコというだけで誰かを特定できる、極めて神格の高い人物。そして全国の神社で唯一、固有名詞ではない神様=比売大神を祀る場所。それが宇佐神宮なのです。
そして宇佐神宮が鎮座する小椋山は実は前方後円墳であり、そこがヒミコの墓であると。

本書のサブタイトルは「神々のイデオロギーが古代史を解き明かす」。
神道を単なる信仰や呪術ではなく、古代人の思考体系として捉え直す試みです。神道から仏教との習合以降の要素を取り除き、そうして浮かび上がった原初の神道の姿から古代史を読み解きます。
原初の神道(そこには風水や陰陽道へとつながる、原初の道教の要素もある)は、宮都や神社や墳墓の位置を定める古代のテクノロジーであったのです。

戸矢氏はアマテラスを、ヒミコ(比売大神)に後継女王の台与が融合した神であるとしています。
また井沢氏の「日食=ヒミコ殺害」説に対しては、日本の歴史には王殺しの記録がないとして否定します。むしろヒミコの死後に日食が起こったことで神威がより高まり、それが天岩戸神話の原型になったと。
1996年刊行の古い本ですが、戸矢氏の見解に現在も変化はないと思われます。

(7月23日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
消えた(消された?)神様
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:50| Comment(14) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

発覚!あるある大利権

納豆のダイエット効果を捏造したとして問題になった、関西テレビの「発掘!あるある大事典U」。テレビ局のモラルが問われた事件ですが、その陰にひそんでいるのは民放の番組制作の実態です。
「発掘!あるある〜」のスポンサー企業・花王が電通に支払ったと推定される額は、年間約50億円。これを番組一本あたりにすると約1億円です。うち電通の取り分が1,500万円、残りの8,500万円がテレビ局に渡ります。ところが下請けのテレワークに支払われた制作費は約3,200万円。差額の5,300万円はどこへ…
それは電波料です。しかし総務省が徴収する電波利用料は、地方局1局あたり年間わずか8万3000円。実は電波料の大部分は、キー局が地方局に支払う補助金だったのです。
さて、制作費3,200万円からスタジオ経費などが引かれ、孫請け会社のアジトに支払われたのはたったの860万円。
これでは質の高い番組作りなんて望めないわけです。

メディアの裏側を鋭く抉り、最大1日3万ページビュー・1万5千超のユーザーがアクセスする池田信夫 blog。その記事を集成したのが『ウェブは資本主義を超える』です。



ウェブは資本主義を超える

池田信夫 blogのサブ・タイトルは「IT&Economics」。
メディアを論じることは報道のあり方を批判することであり、放送・通信産業について論じることは日本の経済構造へ深く切り込むことです。
著作権を作家の死後70年(現在は50年)に延長しようとする動きがあります。しかし実際に守られるのは作家(とその遺族)の権利でも、ましてや豊かな文化でもなく、流通業者の利益です。
デジタル放送・携帯電話の規格など日本発の世界標準を目指したプロジェクトは、ことごとく失敗してきました。
池田氏はインターネットの発展が、大企業や官僚機構などの既得権益を破壊する可能性を歯切れよく論じています。

本文から『ウェブは資本主義を超える』というタイトルを想起させる、面白い記述をご紹介します(第3章-3「創造的破壊」)。
マルクスが『資本論』で想定する未来社会は、共産主義とも社会主義とも呼ばれず「自由の国」とか「自由な個人のアソシエーション」と呼ばれています。その自由とは、自由時間のことです。
資本主義とは資本家が物的資源を所有して労働者を支配するシステムであり、その有効性は人的資本や知的労働の重要な情報産業では低下します。
コンピュータの計算能力の価格は、1960年代から今日までに1億分の1になりました。これは100億円かかった工場建設費が100円になったようなものです。物的資源の希少性が制約にならないサイバースペースでは、マルクス的な「自由の国」が実現しているのです。
ただしこの「自由の国」は、「必然の国(=資本主義社会)」に支えられたサブシステムでしかありえませんが。
池田氏は、死ぬまでにマルクスについての本を書こうと思っているそうです(池田信夫 blog 7月2日より)。

(7月22日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
日本のメディアは“杉林”
2011年、テレビをまだ見てますか?
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 14:26| Comment(2) | TrackBack(1) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

やっぱり宇宙は面白い

本を読むという行為は、人の意識を別世界へと誘います。
特に宇宙がテーマの本は、スケールが大きくて妄想をもてあそぶのにもってこいです(笑)
当blogではたびたび宇宙本を紹介してきましたが、ブルーバックス桜井邦朋氏の新刊が出たので読んでみました。
桜井氏は宇宙物理学、特に太陽の専門家で太陽活動と気候変動の関連を指摘しています。また宇宙における人間の存在意義について言及したり、大学の裏側を暴露したりと多彩な著作で知られる面白い研究者です。



宇宙物理学入門


タイトルが物理学ですから、おカタい内容です。それでも160ページほどのコンパクトな体裁なので、気軽に読める入門書です。
宇宙全般を取り扱っていますが、特に星(恒星)ついて多くが割かれています。宇宙論については最終章にまとめられています。

太陽では、水素ヘリウムに変化する熱核融合反応が起こっています。
太陽ほどの大きさの星は、中心核の水素がヘリウムに変換され尽くすと膨張し赤色巨星となります。続いて脈動変光星惑星状星雲へと姿を変え、最後は白色矮星となってその生涯を終えるのです。白色矮星は太陽と同程度の質量を持つのに半径は地球程度しかない、非常に高密度の天体です。
太陽の8倍よりも質量の大きな星の最期は、超新星と呼ばれる大爆発を起こし、中性子星へと姿を変えます。中性子星は質量は太陽程度なのに半径は10qほどしかなく、その密度は1立方センチメートルあたり1億トンという想像を絶するものです。
さらに太陽よりも40倍以上質量の大きい星は、ブラックホールになると考えられています。

地球上から望遠鏡で観測できる宇宙の姿には限界があります。宇宙論の飛躍的な発展は電波天文学のおかげです。NASAの探査機WMAPによって、これまで120〜200億年と考えられていた宇宙の年齢が137億年(±2億年)であると明らかになりました。
それでも宇宙には、まだまだ謎が多く残されています。
あとがきによると、太陽や地球になぜ磁場があるのかは未解決の問題なんだそうです。

(7月15日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 01:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

時速100kmで衝突したら…

物理学…この三文字を見るだけで、いかにも難しそう。
そんな物理学の世界を、私たちの身近な存在であるクルマのメカニズムから解説しようというユニークな本が出ました。



クルマでわかる物理学

クルマの走る・曲がる・止まるから運動法則、エンジンから熱力学の法則を学ぼうという主旨ですが、クルマの話はあくまで「掴み」。物理現象やクルマのメカニズム用語の解説もそこそこに、いきなり数式のオンパレード。
表紙のうたい文句は「大学生から技術者まで楽しく学べる物理の教科書」
…素人向けの本ではないですね(笑)
それでも各章末のコラムが面白くて、数式なんて全く解らない文系人間でも(クルマ好きなら)読んで損はありません。

著者・古川修(ふるかわよしみ)氏は、元ホンダのエンジニア。4WS(四輪操舵)や二足歩行ロボットなどの革新技術開発の責任者を歴任してきました。
一般に作業着は汚れの目立たない色にしますが、ホンダの作業着は白。あえて汚れの目立つ色にして、整理整頓に気を使うようにしているそうです。こんなウラ話もコラムで読めます。

日本の自動車アセスメント(JNCAP)での、正面衝突における胸部障害値の基準は60G以下。衝突速度が時速50qでは、車体の衝突エネルギーの吸収ストロークは33cm必要になります。衝突速度が時速100kmになると1m31pも必要です。このような空間を車内にとることは不可能なので、いくら最新の安全ボディをまとったクルマでも、時速100kmで衝突したら助かりようがありません。
みなさん、安全運転を心がけましょう!

(7月15日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

まんなかの日本史

日本のほぼ中央に位置する琵琶湖
文字通り「湖の国」を意味する近江国(現在の滋賀県)は、俳人・松尾芭蕉が日本の東西の巷(ちまた)と呼んだように、古代から軍事・交易の要でした。
「近江の歴史を書くことは、日本通史を著すのと同じこと」中世史家の今谷明氏はこう語ります。



近江から日本史を読み直す

近江から読み解く日本史は“新王朝の祖”継体天皇から始まります。本書では応神天皇五世の孫を称する継体の出自を、息長(おきなが)氏に求めています。そういえば応神天皇の生母・神功皇后の名は、息長帯比売(おきながたらしひめ)でしたね。継体が真に皇族の一員なのか、全くの地方豪族なのかは、いまだに議論が尽きません。
天智天皇の時代には近江は首都(大津京)となり、その後は壬申の乱の舞台ともなりました。
平安時代に入ると最澄(伝教大師)が比叡山に延暦寺を開き、近江は日本仏教の中心地となります。鎌倉新仏教の開祖たち、法然親鸞栄西道元日蓮は、いずれも比叡山に学んでいます。
戦国時代には、織田信長が天下布武の拠点として安土城を築きました。そして重臣の木下(のちの豊臣秀吉明智光秀には、それぞれ長浜と坂本に城を築かせます。いずれも湖上交通の要衝です。
古代から近世に至るまで、近江は歴史の転換点の舞台となっています。

近江は単に奈良・京都に近いだけでなく、琵琶湖は日本海側の物資を都へ運ぶための最短ルートでした。
日本の東西を結ぶ交通の要所から生まれたのが近江商人です。現在の日本の大企業のなかにも、近江商人の流れを汲むものが数多くあります。
本書を手に取ったきっかけは、昔読んだ栗本慎一郎氏のベストセラー『パンツをはいたサル』が、日本史における近江の地理的重要性を説いてたことです。彼はまた、栗本家の出自が近江商人であると語っています。

(7月8日読了)


続きを読む
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。