2007年07月08日

まんなかの日本史

日本のほぼ中央に位置する琵琶湖
文字通り「湖の国」を意味する近江国(現在の滋賀県)は、俳人・松尾芭蕉が日本の東西の巷(ちまた)と呼んだように、古代から軍事・交易の要でした。
「近江の歴史を書くことは、日本通史を著すのと同じこと」中世史家の今谷明氏はこう語ります。



近江から日本史を読み直す

近江から読み解く日本史は“新王朝の祖”継体天皇から始まります。本書では応神天皇五世の孫を称する継体の出自を、息長(おきなが)氏に求めています。そういえば応神天皇の生母・神功皇后の名は、息長帯比売(おきながたらしひめ)でしたね。継体が真に皇族の一員なのか、全くの地方豪族なのかは、いまだに議論が尽きません。
天智天皇の時代には近江は首都(大津京)となり、その後は壬申の乱の舞台ともなりました。
平安時代に入ると最澄(伝教大師)が比叡山に延暦寺を開き、近江は日本仏教の中心地となります。鎌倉新仏教の開祖たち、法然親鸞栄西道元日蓮は、いずれも比叡山に学んでいます。
戦国時代には、織田信長が天下布武の拠点として安土城を築きました。そして重臣の木下(のちの豊臣秀吉明智光秀には、それぞれ長浜と坂本に城を築かせます。いずれも湖上交通の要衝です。
古代から近世に至るまで、近江は歴史の転換点の舞台となっています。

近江は単に奈良・京都に近いだけでなく、琵琶湖は日本海側の物資を都へ運ぶための最短ルートでした。
日本の東西を結ぶ交通の要所から生まれたのが近江商人です。現在の日本の大企業のなかにも、近江商人の流れを汲むものが数多くあります。
本書を手に取ったきっかけは、昔読んだ栗本慎一郎氏のベストセラー『パンツをはいたサル』が、日本史における近江の地理的重要性を説いてたことです。彼はまた、栗本家の出自が近江商人であると語っています。

(7月8日読了)


続きを読む


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。