2007年07月30日

ニホンオオカミの行方

世界には未知なる動物の目撃情報が数多くあります。何億年も前に絶滅したと考えられていた古代魚シーラカンスの発見は、世界を驚かせました。

1905年に奈良県東吉野村で捕獲されたのを最後に、絶滅したことになっているニホンオオカミ(1910年に福井県の福井城址で捕獲されたイヌ科の動物が、ニホンオオカミだったとの説もあり)。しかしその後も、紀伊半島・奥秩父・祖母山系などでオオカミの目撃談は絶えません。
2000年、野生動物保護学会で九州・祖母山系で撮影されたニホンオオカミと思われる動物の写真が発表され、新聞報道もされました。報道の過熱を懸念し、その後の発表を控えてきたという発見者の西田智さんが、これまでの経緯を著書をまとめました。



高校の英語教師だった西田さんは、大学生時代に専門の英語はそっちのけで野鳥の研究に没頭し、野山を駆け巡っていました。ある夜、祖母山でオオカミの遠吠えのような啼き声を聞きます。山小屋の管理人が言うには、あれは山犬だと。
山犬とは、幻のニホンオオカミのことなのか。その後も西田さんはライフワークの野鳥観察の傍ら、声の主を追い続けます。

そして2000年7月、西田さんはオオカミらしきイヌ科の動物に出会うのです。
撮った写真を元国立科学博物館動物研究部長の今泉吉典博士に送り、「ニホンオオカミの特徴を備えており、ニホンオオカミそのものとしか思えない」との鑑定を得ます。一方で、ハスキー犬のようなオオカミに血統の近い犬が、野生化したのだろうとの反論も提出されました。
生きたニホンオオカミを見たことのある専門家は、誰ひとりいません。オオカミなのか野犬なのか、写真だけでは結論が出ないようです。

サル・シカ・イノシシなどによる農作物への被害があとを絶たないのは、山林の荒廃によるエサ不足に加えて、食物連鎖の頂点にいたオオカミが絶滅したからだとも考えられています。
そこで森にタイリクオオカミを放し、日本にオオカミを復活させようとする計画があるそうです。日本に本来存在しない生物を持ち込むわけではありませんが、外来種の人為的な導入には生態系を乱す懸念もあります。
日本へのオオカミ再導入を目論む日本オオカミ協会丸山直樹教授は、西田さんの写真を否定する側(悪役?)として本書に登場します。

写真の真偽をめぐって果てしない論争をするよりも、この本が(もしかしたらまだオオカミが生きているかもしれない)日本の豊かな森林の保護を考える契機になるといいですね。西田さんは、九州地方では絶滅したとされるツキノワグマらしき足跡も発見しています。
山との出会い、オオカミ探索の日々、マスコミとの応酬、そして全国でオオカミを探し求める同志たちとの交流…本書はノンフィクション文学としても楽しめます。

『ニホンオオカミは生きている』への意見・感想は…オオカミ党

(7月30日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:17| Comment(14) | TrackBack(0) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。