2007年10月22日

ピンク石の秘密

史跡公園として発掘・整備が進められている、大阪府高槻市の今城塚古墳。第26代継体天皇の、真の陵墓だと考えられています。6世紀前半では全国最大級の古墳ですが、大地震によって墳丘は大きく崩れ、石室も失われています。
しかし石室の破片が数多く発見されており、それはピンク色の石片でした。この石は、今城塚古墳近辺の産出ではありません。なんと九州・阿蘇山のものです。

讀賣新聞西部支社は2005年、ピンク石の産地・熊本県宇土市から大阪の今城塚古墳まで、石棺を船で運ぶという壮大な実験を行いました(航海は1006km、34日間)。
九州産の石棺がなぜ畿内に、しかも限られた古墳にだけ用いられているのでしょうか。



大王家の柩

ピンク色の石の正体は、阿蘇凝灰岩。約9万年前の阿蘇山の大噴火で生成されました。凝灰岩がピンク色になるのは非常にまれで、その成因もハッキリしないそうです。貴重な石であるといえます。
このピンク石が石棺に用いられた古墳は、全国でわずかに13基。1基を除いては(後述)、いずれも5世紀後半から6世紀前半のものです。

この時代、ヤマト朝廷は大きく揺らいでいました。
第21代雄略天皇は、皇位継承のライバルとなる皇子たちを次々と倒して権力を掌握した強大な大王です。そのため彼のあとは有力な皇子がいなくなり、皇位継承が不安定になったと考えられます。
本書では第22代清寧、23代賢宗、そして暴君として名高い25代武烈の三天皇の実在を疑問視し、日本書紀にいう「まさにいま絶えて継嗣なし」となったのだとします。そこに現われたのがオホド王=継体天皇です。
そして阿蘇ピンク石の石棺は、継体天皇とその支持勢力のものであると。

継体天皇は、晩年もまた謎に包まれています。
先代までの天皇との血縁が薄い(ない?)継体天皇は、第24代仁賢天皇の娘である手白香皇女を皇后としました。いわば婿入りです。一方で地方豪族出身の、即位前からの妃もいました。地方豪族出身の妃から生まれた第27代安閑、第28代宣化天皇と、手白香皇女から生まれた第29代欽明天皇とのあいだで皇位継承争いが起こったのではないかと考えられています。
皇統は欽明天皇に受け継がれ、ピンク石の石棺は途絶えました。そして継体天皇を擁立した豪族・大伴氏も失脚し、代わって蘇我氏が台頭します。

継体天皇の時代から半世紀ほど経て、一度だけピンク石の石棺が復活しました。それが奈良県橿原市の植山古墳で、推古天皇と息子・竹田皇子の合葬墓と推定されています(推古天皇はのちに改葬)。竹田皇子のものとされる石棺にピンク石が使われた理由は、全くわかりません。
そして推古天皇の摂政・聖徳太子ゆかりの四天王寺にも、なぜかピンク石があります…

ピンク石の石棺を最初に用いたのは誰なのか。
今城塚古墳より前の時代に造られた、大阪府羽曳野市の峯ノ塚古墳。ピンク石の石棺と豪華な副葬品が発掘されています。この被葬者が、継体王朝誕生前夜の秘密を握っているのかもしれません。

(10月22日読了)

参考サイト;讀賣新聞「大王のひつぎ」実験航海
(↑『古代ペンタクロス文化』管理人ペンタクロス様、ご紹介ありがとうございます)

【不純文學交遊録・過去記事】
古代史の謎・継体天皇U
古代史の謎・継体天皇
天皇陵、発掘。


管理人のひとりごと…


ラベル:古墳
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:06| Comment(9) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。