2007年11月23日

他人には絶対に言えないこと

「他人には絶対に言えないことを、あなたはどれだけかかえていますか」
早稲田大学で一番面白い授業に選ばれた高橋敏夫教授の「ホラー論」は、こうして始まります。毎年顔を見せる学生や、他学部・他大学からの聴講者が訪れる人気講義。今は宮崎県知事となったあの人も、高橋教授の講義を聞いていたそうです。

他人には絶対に言えないことには、憎悪や嫉妬や欲望などのネガティブな感情の数々が挙げられるでしょう。また、過剰な理想追求や美への渇望といった並外れてポジティブなものも含まれます。それらがかかえきれないほどある人は(大学では)文学部に入るしかないのだと。
高橋教授は、文学を含む芸術は自分自身が見たくない・考えたくない、他人には絶対に言えないことを、ありのままに肯定することだといいます。



ホラー小説でめぐる「現代文学論」

日本でホラー小説の活況がみられるのは、1990年代なかばです。角川書店が日本ホラー小説大賞を創設。瀬名秀明氏の『パラサイト・イヴ』、岩井志麻子氏の『ぼっけえ、きょうてえ』などのベストセラー・話題作が生まれました。
高橋教授は、阪神淡路大震災・オウム真理教事件などが起こった1995年を、バブル崩壊のあと日本人にわずかに残っていた余裕を最終的に奪い去った、時代の切断線としています。それまでの常識が無効になり、世のなかが「なんだかわからないもの」へと壊れてゆく「解決不可能性」の時代の到来です。
ミステリが「解決可能性」にもとづく物語ならば、ホラーは「解決不可能性」にもとづく物語です。1980年代後半からの本格ミステリ・ムーブメントに代わって、エンターテイメントの主役はホラーへと移りました。
ホラー小説の隆盛と時代背景の考察は、第一次世界大戦における無差別大量殺人の衝撃が個人の死の尊厳の回復をめざす探偵小説を生んだとする、笠井潔氏のミステリ論を思い出させます。

本書の後半は、小説論というよりは戦争論です。
9.11」から始まったテロとの戦い。世界を正義の側と悪の側に単純に二分し、現実の残虐さを見えなくするこの「新しい戦争」を、高橋教授は「隠蔽の総力戦」と呼んでいます。そして「隠蔽の総力戦」に抗えるのは、ホラーの想像力による「暴露のゲリラ戦」であると。
9.11テロで倒壊した、アメリカの世界覇権の象徴ともいえる世界貿易センタービル。テロへの怒りや犠牲者への哀悼の念がつのる一方で、決して口に出しては言えないけれど「アメリカ、ざまあみろ」と思った人もいたことでしょう。
他人には言えない「おぞましさ」を直視することを掲げながら、そこには触れずに「帝国はその内部から崩れ落ちよ!」と叫ぶのでは、なんだか良い子ぶった反戦論に終わっているように感じました。
あるいは高橋教授は「9.11」をアメリカの覇権主義が招いた「自業自得」ではなく、アメリカが戦争をしたいがために行った「自作自演」だと考えているのでしょうか。
(本書では田中宇氏の「9.11自作自演説」を紹介していますが、高橋教授自身は9.11が自作自演か否かはわからないとしています)

(11月23日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:38| Comment(28) | TrackBack(1) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

ワインボトルの地球

今年のノーベル平和賞には、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)とアル・ゴア元アメリカ合衆国副大統領が選ばれました(2007年10月12日)。
ゴア氏はドキュメンタリー映画『不都合な真実』で、地球温暖化の危機を訴えたことが評価されています。一方、イギリスの裁判所で『不都合な真実』には科学的な誤りがあり、学校で上映する際には注意を要するとの判決が出たことも話題となりました。

地球の平均気温もCO2濃度も、現在上昇トレンドにあります。
しかしながら長い地球の歴史においては、現在のCO2濃度は史上最低レベルです。
また、大気組成の0.03%に過ぎないCO2を温室効果の主犯とするのには疑問があります(最大量の温室効果ガスは水蒸気)。
私は地球温暖化懐疑論者でも、環境問題楽観論者でもありません。
エネルギー消費の削減は、世界的な緊急課題です。
ただ世間の通説には、いくらか疑問を持っています。



Eco.mind

皇室典範改正論議で、皇族に近い立場からの発言者として注目を集めた竹田恒泰氏。彼は明治維新直前に崩御した孝明天皇(暗殺説もあり)と、環境学の研究者でもあります。
竹田氏は地球温暖化懐疑論者であり、彼の唱える「環境学」がどんなものか興味をもって読んでみました。いきなり海部俊樹元首相の推薦文があるのは、さすが旧宮家出身者(明治天皇の玄孫)ですね。

「環境の教科書」を謳うだけあって、地球上のエネルギー循環や食物連鎖の仕組みをわかり易く説明しています。
ブドウが発酵して生まれるワイン。酵母菌はブドウ果汁の糖分を摂取し、アルコールを排出します。果汁の糖分がなくなるか生存に有害なアルコールが増えすぎると、酵母菌は死んでしまいます。出来上がったワインのなかには酵母菌はいません。
地球もワインボトルと同じく有限です。地球の資源が枯渇するか廃棄物の捨て場が枯渇すれば、人類は自滅します。竹田氏が深刻だとする廃棄物による汚染は、放射能環境ホルモンです。
地球温暖化については「地球が温暖化しているのか寒冷化しているのか」「温暖化しているなら原因が二酸化炭素なのか」結論は出ていないとの表現に留め、深入りはしていません。なお、地球温暖化とヒートアイランドが全く別の現象であることは強調しています。

竹田氏が唱える持続可能な社会像は、脱石油文明です。
小水力コンバインドサイクルコージェネレーションなどの高効率な発電システムとバイオマス燃料の利用について具体的に述べられています。
日本近海での埋蔵が確認されているメタンハイドレートの利用にも言及しています。
学生時代にバックパックを背負って世界各地を歩き、イラク戦争回避に行動を起こした竹田氏。戦争は最大の環境破壊だと訴えているのも本書の特色です。

(11月18日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
地球温暖化については…不確かな真実不確かな真実U地球の現代史・不確かな真実V
竹田恒泰氏については…ノブレス・オブリージュ


管理人のひとりごと
ラベル:地球温暖化
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 01:57| Comment(4) | TrackBack(1) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

リトビネンコ氏は、なぜ殺された?

昨年(2006年)11月23日、元ロシア保安庁(FSB)職員でイギリスに亡命中のアレクサンドル・リトヴィネンコ氏が死亡しました。彼の体内から検出されたのは、猛毒の放射性物質ポロニウム210

先日交遊した『世界新資源戦争』では、豊富な資源を武器に強引な外交戦略を展開する、現在のロシアの姿が描かれていました。
ウラジーミル・プーチン大統領は元FSB長官であり、ツァーリ(皇帝)と呼ばれるほどに独裁色を強めています。
ロシアではプーチン政権に批判的な人物が次々と謎の死を遂げ、政府が暗殺に関与しているのではないかとの疑惑が絶えません。最も衝撃的だったのが、放射性物質が凶器に使われたリトヴィネンコ氏暗殺事件です。

※FSBの前身は、ソ連国家保安委員会(KGB



暗殺国家ロシア

1998年11月、リトヴィネンコ氏は同僚とともに記者会見し、ボリス・ベレゾフスキー氏の暗殺命令を受けていたことを告発しました。
FSBを批判したリトヴィネンコ氏は、権限踰越の容疑で逮捕。のちに釈放され出国禁止命令を受けた彼は、2000年11月、トルコ経由でイギリスに亡命します。正式な英国市民権を得たのは、死の一ヶ月前でした。

ベレゾフスキー氏は、ソ連崩壊を機に誕生したオリガルヒ(新興財閥)の代表格です。エリツィン政権下では閣僚にもなり、政界に隠然たる影響力を及ぼしました。
しかしプーチン大統領は、政権に批判的なマスメディアを経営するオリガルヒを弾圧。そして基幹産業の再国有化を推し進めます。日本の商社が出資する石油・天然ガス開発プロジェクト「サハリン2」も、承認が取り消されました。
政界を追われたベレゾフスキー氏は、現在イギリスに亡命中。「プーチンを倒すためなら何でもする」と公言してはばかりません。リトヴィネンコ氏のロンドンの住まいは、隣人でチェチェン亡命政府のアフメド・ザカーエフ氏の住居とともに、ベレゾフスキー氏が提供したものです。

プーチン政権の秘密警察政治やチェチェン紛争への対応を批判し続けたリトヴィネンコ氏。彼はプーチン政権を批判するジャーナリスト、アンナ・ポリトコフスカヤ氏の射殺事件の真相を追っていました。
2006年11月1日。リトヴィネンコ氏は射殺事件の調査に関して、イタリア人の自称学者マリオ・スカラメラ氏と寿司レストランで会食後、体調に異変が生じます。
同じ日には、元FSBの同僚であったアンドレイ・ルゴヴォイドミトリー・コヴツン両氏とも面会しています。また、この会合には第三の人物が同席したともいいます。

リトヴィネンコ氏に毒を盛ったのは、一体誰なのか?

(11月11日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
パイプラインの国際政治学
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:52| Comment(15) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

キツネにつままれる…

日本ファンタジーノベル大賞は、個性的な作家を数多く輩出しています。
最も有名なのは『リング』『らせん』などでおなじみの鈴木光司氏でしょう。また恩田陸氏の『6番目の小夜子』『球形の季節』、小野不由美氏の『東亰異聞』は受賞にこそ至らなかったものの、この賞から生まれた作品です。
(私の好きな作品ばかり挙げました…スミマセン)

最近の注目株は森見登美彦氏ではないでしょうか。京都を舞台に自意識過剰な学生の妄想(ファンタジー?)が暴走する『太陽の塔』でデビューしています。
デビュー当時、雑誌『ダ・ヴィンチ』のインタビューで「次は骨董屋を舞台にした静謐な作品を構想中」と語っていた森見氏。しかし実際に刊行された第2作は『太陽の塔』と同じ路線の『四畳半神話体系』でした。
あのとき構想していた静謐な作品とは、おそらくこの本のことだと思います。



きつねのはなし

舞台は京都。
大学生の私(武藤)は、芳蓮堂という小さな古道具屋でアルバイトを始めました。私は天城さんというお得意さんのお屋敷へ配達を頼まれます。薄暗い屋敷から現れた天城さんは、死神のように陰気な中年男性でした。
芳蓮堂を経営するナツメさんは、30歳くらいの女性。天城さんに会うのが好きではないようで、私はたびたび代わりに行くようになります。ナツメさんは「あの人から何か要求があっても、決して言うことを聞いてはいけない」と注意します。(きつねのはなし

表題作の他に三篇を収録。
アパートに図書室を構え、シルクロードを旅した話などを冗舌に語る、不思議な先輩と私の交友。(果実の中の龍
私は家庭教師のアルバイト先で、通り魔事件に遭遇する。犯人は教え子の同級生である剣道部員の高校生なのでしょうか。(
私の祖父である、樋口家の当主が亡くなりました。琵琶湖疎水の敷設で成功した樋口家。祖父が芳蓮堂に託した宝物の正体とは?(水神

語り手の大学生「私」は、それぞれ別人のようです。そしてどの作品にも、胴が長くて人間のような歯をした正体不明のケモノが登場します。
不気味でありながらどこか懐かしさの漂う、キツネにつままれたような不思議な味わいの作品集。秋の夜長のお供にピッタリの一冊ではないかと思います。

(11月4日読了)

森見登美彦ブログ この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよ

【不純文學交遊録・過去記事】
4・1/2の神話
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

悪の首領は、忙しい。

映画やアニメにしばしば登場する、世界征服を企む悪の組織。最先端の科学技術や超能力を駆使しながらも、いつもあと一歩のところで物語の主人公に野望を阻まれてしまいます。
正義のヒーロー・ヒロインは、必ず最後に勝つ。しかし、そんなお決まりのストーリーに内心飽き飽きしていた方はいませんか。一度でいいから悪の組織側が勝って、世界征服を成し遂げるシーンを見てみたい…



「世界征服」は可能か?

幼い頃、一度は世界征服を夢見たあなた。
映画やアニメの悪役に魅せられてしまったあなた。
世界征服とはなんなのか、どうやって仲間を集めて悪の組織を作り上げるのか、そもそも世界征服は可能なのか、マジメに考えてみましょう。
講師はオタクの王様・オタキングこと岡田斗司夫先生です。最近では、50kgものダイエットに成功(『いつまでもデブと思うなよ』新潮新書)したことでも有名であります。

先生は、支配者には4つのタイプがあると言います。
あなたが世界征服を目指すとしたら、どのタイプの支配者になるでしょうか?
A.「正しい」価値観ですべてを支配したいタイプ。
B.責任感が強く、働き者・仕切り屋タイプ。
C.自分が大好きで、贅沢が大好きなタイプ。
D.人目に触れず、悪の魅力に溺れたいタイプ。

Aタイプのあなたは魔王。別名「人類絶滅型」。
Bタイプのあなたは独裁者。別名「人類の管理人」。
Cタイプのあなたは王様。別名「バカ殿様型」。
Dタイプのあなたは黒幕。別名「悪の裏方」。
それぞれのタイプの特徴と世界征服を目指す際の注意点は、本書を手にとってご覧ください。

自分の思い通りに世界を動かしたい。
目の前で大勢の大衆を跪かせたい。
とてつもないお金持ちになって贅沢したい。
世界征服の目的はさまざまですが、なにをするにしても資金や人材が必要となります。
そもそも悪の組織に加わるような人間はモラルが低いわけですから、組織を掌握するのも大変です。悪の組織の首領サマは全てを自分で判断し、命令を下さねばなりません。
そして世界征服を成し遂げたあかつきには、首領サマのもとには世界中の人民からトラブル解決の裁定が求められます。
独裁者タイプでなくても、悪の組織の首領は忙しいのです。ドイツの独裁者アドルフ・ヒトラーは、自殺しなくてもあと6ヶ月ほどで過労死したといわれています。

それでも現代社会において世界征服は可能なのか?
そして現代社会における「悪」とは一体なんなのか?
オタキング先生の回答は、読んでからのお楽しみ!

(10月31日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術・娯楽交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。