2007年11月03日

悪の首領は、忙しい。

映画やアニメにしばしば登場する、世界征服を企む悪の組織。最先端の科学技術や超能力を駆使しながらも、いつもあと一歩のところで物語の主人公に野望を阻まれてしまいます。
正義のヒーロー・ヒロインは、必ず最後に勝つ。しかし、そんなお決まりのストーリーに内心飽き飽きしていた方はいませんか。一度でいいから悪の組織側が勝って、世界征服を成し遂げるシーンを見てみたい…



「世界征服」は可能か?

幼い頃、一度は世界征服を夢見たあなた。
映画やアニメの悪役に魅せられてしまったあなた。
世界征服とはなんなのか、どうやって仲間を集めて悪の組織を作り上げるのか、そもそも世界征服は可能なのか、マジメに考えてみましょう。
講師はオタクの王様・オタキングこと岡田斗司夫先生です。最近では、50kgものダイエットに成功(『いつまでもデブと思うなよ』新潮新書)したことでも有名であります。

先生は、支配者には4つのタイプがあると言います。
あなたが世界征服を目指すとしたら、どのタイプの支配者になるでしょうか?
A.「正しい」価値観ですべてを支配したいタイプ。
B.責任感が強く、働き者・仕切り屋タイプ。
C.自分が大好きで、贅沢が大好きなタイプ。
D.人目に触れず、悪の魅力に溺れたいタイプ。

Aタイプのあなたは魔王。別名「人類絶滅型」。
Bタイプのあなたは独裁者。別名「人類の管理人」。
Cタイプのあなたは王様。別名「バカ殿様型」。
Dタイプのあなたは黒幕。別名「悪の裏方」。
それぞれのタイプの特徴と世界征服を目指す際の注意点は、本書を手にとってご覧ください。

自分の思い通りに世界を動かしたい。
目の前で大勢の大衆を跪かせたい。
とてつもないお金持ちになって贅沢したい。
世界征服の目的はさまざまですが、なにをするにしても資金や人材が必要となります。
そもそも悪の組織に加わるような人間はモラルが低いわけですから、組織を掌握するのも大変です。悪の組織の首領サマは全てを自分で判断し、命令を下さねばなりません。
そして世界征服を成し遂げたあかつきには、首領サマのもとには世界中の人民からトラブル解決の裁定が求められます。
独裁者タイプでなくても、悪の組織の首領は忙しいのです。ドイツの独裁者アドルフ・ヒトラーは、自殺しなくてもあと6ヶ月ほどで過労死したといわれています。

それでも現代社会において世界征服は可能なのか?
そして現代社会における「悪」とは一体なんなのか?
オタキング先生の回答は、読んでからのお楽しみ!

(10月31日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術・娯楽交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。