2007年12月17日

秘仏封印

今年(2007年)で、現存する世界最古の木造建築・法隆寺が創建されてから1400年になります。
正確な創建年代や、再建・非再建をめぐる論争、そして創建者・聖徳太子厩戸皇子)の人物像など、法隆寺には数多くの謎が残されています。 

世界遺産である法隆寺は、建造物自体はもちろん、仏像や工芸品など国宝・重要文化財の宝庫です。
なかでも特異なのは、八角形の建物・夢殿に安置された救世観音像です。白い布で幾重にもぐるぐる巻きにされ、開帳すれば地震・落雷が起こると畏れられた秘仏中の秘仏。アーネスト・フェノロサ岡倉天心らによる開帳劇は、日本美術史上に残る有名なエピソードです。
世に秘仏は数あれど、ここまで厳重に封印されたのは異例でしょう。



救世観音像封印の謎

救世観音像は、聖徳太子の等身像であると伝えられてきました。
一方、法隆寺の金堂には、こちらも聖徳太子の写し身とされる本尊・釈迦三尊像があります。どちらも聖徳太子がモデルであるとされながら、この祀られ方の違いはなんなのでしょう。
救世観音像が封印された理由は。そして真のモデルは誰なのか。同じく法隆寺が所蔵する百済観音像のモデルを天智天皇中大兄皇子)だとした倉西裕子氏が、救世観音像の謎を推理します。

美術史的観点から、救世観音像が製作されたのは舒明天皇から孝徳天皇の時代(629年〜654年)。そうなると622年に没した聖徳太子の生前像ではなくなり、それ以降に活躍した人物がモデルでもありません。
また、釈迦三尊像など他の聖徳太子ゆかりの美術品とは扱い方が異なる点からも、倉西氏は聖徳太子モデル説を否定します。

倉西氏が推理する救世観音像モデルの最有力候補は、上宮王家(聖徳太子の一族)ゆかりの皇族・高向王です。
高向王は、実像がほとんど知られていません。聖徳太子の父・用明天皇の孫で、舒明天皇の皇后でもあった皇極天皇(重祚して斉明天皇)の前夫であるとされています。
なお不明とされる高向王の父について、倉西氏は用明天皇の皇子の可能性がある宗像君徳善だとする仮説を提唱しています。徳善が葬られたとされる福岡県の宮地嶽古墳は、規模・副葬品ともに天皇陵クラスです。

倉西氏は百済観音像と救世観音像を比較し、それぞれを祀る勢力がライバル関係にあったことを指摘します。
百済観音像=親物部氏、外交は百済派、モデルは中大兄皇子
救世観音像=親蘇我氏、外交は唐・新羅派、モデルは高向王
物部氏は蘇我氏との仏教受容戦争で、蘇我氏は乙巳の変(大化の改新)で完全に滅亡したわけではなく、その後も朝廷の勢力争いに関与していたようです。

663年の白村江の戦いで日本・百済連合軍は唐・新羅連合軍に敗れ、百済は滅亡します。
しかし勝ち馬に乗ったはずの新羅も、結局は唐に都督府を置かれてしまいました。
白村江という局地戦には敗れたものの、唐に毅然と立ち向かい、防衛強化に努めて日本の独立を守った中大兄皇子の選択を、倉西氏は高く評価しています。

最終章では、救世観音像の封印をいつ誰が命じたのか、倉西氏の推理が展開されています。

(12月9日読了)

倉西裕子ホームページ 倉西先生のご学問所

【不純文學交遊録・過去記事】
女帝・かぐや姫


管理人のひとりごと


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 12:19| Comment(8) | TrackBack(1) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。