2008年01月30日

マイナス6%の覚悟

今年(2008年)から京都議定書の第一拘束期間が始まります。
日本のCO2(二酸化炭素)排出削減義務は、1990年比マイナス6%です

地球温暖化をめぐっては、大きく4つの立場があります。
@ CO2による地球温暖化を主張し、このままでは危険だとする
A 温暖化そのものが実際に起こっているのか疑問である
B 温暖化は事実であっても、CO2ではなく他の要因による
C 温暖化が生じても地球全体から見ればプラスの部分も多い

現在、地球の平均気温は上昇傾向にありますが、気温上昇における人為的要因がどの程度なのかは定かではありません。
産業革命以降、人類によるCO2排出量は増加を続けていますが、大気中のCO2濃度と地球の平均気温は相関していません。
地球の気候は非常に複雑であり、未来予測は不確実なのです。
それなのに日本では、@のみが既定の事実のように報じられています。

私は地球温暖化を否定するわけでも、人類の文明活動によるCO2増加を否定するわけでもありません。
地球の資源には限りがあります。CO2(化石燃料消費)削減、大いに賛成です。
ただ、先に述べたように地球温暖化のメカニズムには不確かな部分が残されています。地球温暖化をめぐる論議は全て正しいのか、環境問題への取り組みは今のままで良いのか、懐疑論者の声を踏まえて検証してみましょう。



暴走する「地球温暖化」論

石油ショックや高度成長下の公害問題に直面した日本は、世界に先駆けて省エネルギーに取り組んできました。化石燃料の消費を抑制しながら経済成長を続けてきたのです。
1986年以降、日本のGDPの伸びと化石燃料の消費量は、ほぼ比例するようになります。GDPが増えた分だけCO2の排出量も増えているのです。
クールビズがもたらした経済効果は、CO2の排出を増やしただけだったのかもしれません。

アメリカは批准せず(オーストラリアは政権交代により昨年12月批准)、途上国は削減義務を負わない歪んだ京都議定書。
狡猾なEUは、京都議定書が1997年の締結であるにも関わらず、自分たちがまだ省エネルギーに取り組んでいない1990年をCO2排出削減の目標値に定めてきました。EUのCO2排出削減への取り組みは、アメリカとは違う世界観を提示するための戦略でもあります。
環境問題はなぜウソがまかり通るのか』、『同2』がベストセラーとなった武田邦彦氏はこう言います。日本は省エネルギー技術の輸出に「排出権」を与えるよう主張すべきだったと。アメリカとヨーロッパが日本の技術を導入し、日本並みのエネルギー効率になれば、世界のCO2排出量は一気に3分の1も削減されるのです。
武田氏は、アル・ゴア氏の映画『不都合な真実』は地球温暖化をアメリカ・ヨーロッパの責任だとしており、実は日本にとって好都合な内容なのだと評しています。

私は「日本の省エネルギー努力は既に限界に達しており、省エネ先進国・日本はCO2削減義務を負う必要はない」などと言うつもりはありません。
近い将来、画期的な省エネルギー技術が開発される可能性はあります。
また、日本人は十分に豊かな生活をしていますから、今後多少の我慢はすべきなのかもしれません。
しかし、日本が1990年比でのCO2排出削減を実行するには、GDPの減少(=景気の後退)を覚悟せねばならないでしょう。そして、6%の削減目標を達成できなければ、他国から排出権を買わされることになります。
日本政府に覚悟は出来ているのか?
このままでは日本の国益が大きく損なわれます。
なお「国益」とは、私たちが身を切って支払った税金に他ならないことをお忘れなく。

(1月7日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
地球の現代史・不確かな真実V
不確かな真実U
不確かな真実
悲観も楽観も、いけません。

私には政府主導で出来るCO2削減アイデアがあります。

続きを読む


ラベル:地球温暖化
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:42| Comment(19) | TrackBack(0) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

ミステリの主役は「館」

嵐の山荘、雪に閉ざされた別荘、さまざまな意匠をこらした洋館…
探偵・犯人と並んでミステリ小説で大きな役割を演じるのが「館」。巻頭に建物の見取り図が掲載される作品も少なくありません。

このたび交遊したのは、奇妙なタイトルが気になっていた作品。倉阪鬼一郎氏の『四神金赤館銀青館不可能殺人』です。
昨年のミステリランキングにも名前が挙がっていたので、手にとってみました。



四神金赤館銀青館不可能殺人

私がこれまで交遊した倉阪氏の作品は、いずれも背筋の凍るダークな作風ばかり。著者近影も、サングラスをかけて黒服に身を包み、なぜか黒猫のぬいぐるみを抱いた怪しげな風貌です。
ところが本作の著者近影は、健康的なマラソンランナー姿。サングラスもかけていません。まずはこれに驚かされました。
とはいえ本作も、やはり他の倉阪作品の例に漏れず猟奇的なシーンで始まります。

さて、作品の紹介です。
三重県の四神(よつがみ)湾沿岸には、地名を冠した旧家・四神家があり、金赤館(きんせきかん)と呼ばれる豪勢な館を構えています。
一方、湾の対岸には花輪家の銀青館(ぎんせいかん)がそびえます。花輪家は、四神家の使用人から身を立てた新興の資産家で、銀青館はライバルの四神家に対抗して築かれたものです。

この先ネタバレはございません。
ただし、読む前に一切の予備知識を入れたくないという方はご注意ください。

続きを読む
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

新しい年のはじめには自由について考えよう

この本を手に取るのは、初めてではありません。
当blogはこれまで、たびたび「リバタリアニズム」への賛同を表明してきました。
自由主義を意味する言葉に「リベラリズム」があります。しかし実際には、市場原理よりも公共サービスの充実や富の再分配を重視する立場が「リベラル」と呼ばれます。また、経済的自由を主張しながらも個人の自由への介入を認める立場は「保守主義(コンサヴァティヴ)」と呼ばれます。
あまりにも多義的になった「リベラリズム」に対し、個人的自由も経済的自由も尊重するのが「リバタリアニズム」の思想なのです。なお、あらゆる自由を純粋に追求するリバタリアニズムにとって、個人的自由と経済的自由とは区別されるものではありません。

リバタリアニズムの最も優れた入門書と評されているのが、森村進氏の『自由はどこまで可能か』(講談社現代新書)です。



本書では「リバタリアニズム」と「アナルコキャピタリズム」を明確に区別しています。
リバタリアニズムは個人の自由を最大限尊重しますが、国家の存在を否定するものではありません。対するアナルコキャピタリズムは「無政府資本主義」と訳されるように、国家の存在を明確に否定します。
本書は何らかの国家の役割を認めるリバタリアニズムを中心に紹介し、アナルコキャピタリズムに特有の主張にはそのつど断りを入れています。

森村氏は、最低限の社会保障は必要だとの立場です。
自分の責任ではない事情のために、自分の能力と財だけでは生きてゆけない人は存在します。日本国憲法第25条に謳われる「健康で文化的な最低限度の生活」の保障です。ただし公的な年金や雇用保険、健康保険を認めるものではありません。
全体的には穏健な論調なのですが、家族についての提言は非常に大胆です。森村氏が想定する「家族」には、結婚も離婚も遺産相続も高齢者の扶養義務も存在しません。しかしそれは現在の家族形態の否定ではなく、その法定への反対です。「友情や恋愛は法によって規定されていない」と。
本書の魅力は、森村氏のこの文章にあるんでしょうね。リバタリアンの消極的な政治観への批判に対しては、「政治家の公約は商人の契約ほど当てになるだろうか?」と切り返します。

森村氏はもちろん、リバタリアニズムが地球環境問題をも解決すると主張しますが、疑問があることも認めています。
ひとつは、未だ見ぬ将来世代への責任が不明確なこと。もうひとつは人間中心主義的すぎるリバタリアニズムが、自然保護と相容れるのかということです。
私は自分の自由と同様に、他者の自由(他者の生命)をも尊重するストイックさが、リバタリアンに求められる資格だと思っています。

独自のアナルコキャピタリズムを唱えていることで知られるのは、作家の笠井潔氏です。笠井氏の著作『国家民営化論』は、本書でもたびたび言及されています。
竹内靖雄氏の『経済倫理学のすすめ』には、社会の諸問題(感情)を市場(勘定)で解決する策が語られています。
昨年(2007年)出版された蔵研也氏の『リバタリアン宣言』は読み易い本ですが、リバタリアニズムを「勝ち組エリートの思想」だとする出版社の紹介文がイヤラシイ(笑)。橘玲氏が言うように、リバタリアニズムは弱肉強食を肯定するものではないのです。
なお私は、精神的には個人の自己決定を絶対視するリバタリアンですが、現実の社会制度としては富の再分配は必要だと考えます。

(1月2日再読)

【不純文學交遊録・過去記事】
「クニガキチント」しなくていい
ヒトがモノになる…
イケナイコトカイ
波状攻撃三連射
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 19:50| Comment(22) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

2007年の一冊

当blogでは書評やランク付けはしていませんが(する能力がない)、新年の戯れということで、昨年交遊した書物のなかから最も印象的な一冊を挙げてみました。

昨年は、地球環境問題に関する啓蒙活動でアル・ゴア元米副大統領がノーベル平和賞を受賞し、映画『不都合な真実』も大ヒットしました。急激な原油価格の高騰やバイオ燃料の発売も、環境問題に対する世論の高まりに寄与したことでしょう。
その一方で『不都合な真実』の明らかな間違いが指摘されたり(例;北極の氷が融けた場合の海面上昇)、世間に流布する環境問題の通説に異を唱える本がベストセラーになったりしました。

人類の文明活動は大量のエネルギーを消費し、大量の廃棄物を生み出し、多くの生物の棲みかを奪ってきました。ただ、地球温暖化の主因はCO2の増加なのか、温暖化の人為的要因はどの程度なのか、ハッキリしない点もあります。
世界的なCO2削減への動きは歓迎すべきことです。地球が温暖化していようがいまいが、エネルギー消費が少なく廃棄物が少ないに越したことはありませんから。
しかし、科学的に間違っていることにはハッキリ「NO」と言うべきです。

不純文學交遊録・2007年の一冊は『北極圏のサイエンス』です。
著者はオーロラ、北極圏研究の世界的権威・赤祖父俊一氏。最先端の科学者の視点で、地球温暖化の真実を語ります。
美しいカラー写真が豊富で文章も易しく、科学読み物としても十分に楽しめます。

詳細は【不純文學交遊録・過去記事】不確かな真実





管理人のひとりごと
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 13:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 不純総合研究所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

地獄を見たら…

ここは新宿歌舞伎町。
ラブホテルとピンクサロンにはさまれた古い雑居ビルの一室に、チラシを持った相談者がやってきます。
チラシには次の一文が…「相談無料。地獄を見たら亜玖夢へ」



亜玖夢博士の経済入門

亜玖夢三太郎(あくむ・みたろう)博士は海外の著名な大学で十余りの学位を取得、万巻の書を読破して学問を究め、齢70にして民衆の救済に立ち上がりました。博士の民衆救済事業に賛同した歌舞伎町のポン引きが、仕事の合間にチラシを配っています。
多重債務者、麻薬の売人、いじめられっ子の小学生、マルチ商法のセールス、自分探しの少女…人生で地獄を見た人たちが、一縷の希望を求めて博士のもとを訪れるのです。

ここに千円札があります。千円札で買えるものは誰が使っても同じです。しかし、その日の食べるものに困る生活をしている人と、一生働かずに暮らせる億万長者とでは、千円札の価値はまるで違ってきます。
今すぐにもらえる1万円札と10年後にもらえる約束の1万円札を比べると、(10年後の物価水準が同じでも)後者の1万円はほとんど無価値です。また、今払わねばならぬ1万円は損失感が大きいですが、支払いが先になればなるほど、人間は関心を失います。
人間にとって目の前の現金の方が、将来の返済額よりもずっと価値が高い。これが亜玖夢博士の語る行動経済学の真髄です。
そんな亜玖夢博士が、多重債務に悩む男に示した処方箋とは…

亜玖夢博士の処方箋を実行するのは、助手であるファンファンリンレイの中国人姉弟。
特に弟リンレイの行動がぶっ飛んでいます。70年代アイドル風の衣装に身を包み、さわやかな笑顔を振り撒きながら、次々と悪巧みを実行していきます。でもリンレイには罪の意識は全くない!
相談者たちが見るのは天国への近道か、それともさらなる地獄か…

亜玖夢博士が身近なたとえを使って行動経済学、囚人のジレンマ(ゲーム理論)、ネットワーク経済学、社会心理学、そしてゲーデルの不完全性定理までを解説。お金のもつ魅力と魔力を、存分に味わわせてくれます。
著者はマネーロンダリングなどお金の裏側に精通した、橘玲氏。
藤子不二雄A氏の『笑ウせぇるすまん』みたいな感じのお話です。
2008年、初笑いはこの本で!

(12月29日読了)

【不純文學交遊界・過去記事】
お金に国境はない!
イケナイコトカイ?
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

謹賀新年

あけましておめでとうございます

不純文學交遊録誕生3周年。
昨年は数多くの方々から貴重なご意見を賜りました。
誠にありがとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

新年第一弾はお正月にふさわしく、笑える一冊をご紹介する予定です。
(昨年の第一弾も笑いの本でしたが、かなり読み手を選ぶ本でした)

不純文學交遊界も、新年バージョンに模様替え。
ずっと放置されていた「PRIUSのお食事」(燃費データ)を最新版に更新しました。
(他はほとんど変わっていません)


平成弐拾年元日 不純文學交遊録管理人

posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 18:07| Comment(6) | TrackBack(0) | 不純総合研究所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。