2008年01月03日

2007年の一冊

当blogでは書評やランク付けはしていませんが(する能力がない)、新年の戯れということで、昨年交遊した書物のなかから最も印象的な一冊を挙げてみました。

昨年は、地球環境問題に関する啓蒙活動でアル・ゴア元米副大統領がノーベル平和賞を受賞し、映画『不都合な真実』も大ヒットしました。急激な原油価格の高騰やバイオ燃料の発売も、環境問題に対する世論の高まりに寄与したことでしょう。
その一方で『不都合な真実』の明らかな間違いが指摘されたり(例;北極の氷が融けた場合の海面上昇)、世間に流布する環境問題の通説に異を唱える本がベストセラーになったりしました。

人類の文明活動は大量のエネルギーを消費し、大量の廃棄物を生み出し、多くの生物の棲みかを奪ってきました。ただ、地球温暖化の主因はCO2の増加なのか、温暖化の人為的要因はどの程度なのか、ハッキリしない点もあります。
世界的なCO2削減への動きは歓迎すべきことです。地球が温暖化していようがいまいが、エネルギー消費が少なく廃棄物が少ないに越したことはありませんから。
しかし、科学的に間違っていることにはハッキリ「NO」と言うべきです。

不純文學交遊録・2007年の一冊は『北極圏のサイエンス』です。
著者はオーロラ、北極圏研究の世界的権威・赤祖父俊一氏。最先端の科学者の視点で、地球温暖化の真実を語ります。
美しいカラー写真が豊富で文章も易しく、科学読み物としても十分に楽しめます。

詳細は【不純文學交遊録・過去記事】不確かな真実





管理人のひとりごと


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 13:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 不純総合研究所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。