2008年01月21日

新しい年のはじめには自由について考えよう

この本を手に取るのは、初めてではありません。
当blogはこれまで、たびたび「リバタリアニズム」への賛同を表明してきました。
自由主義を意味する言葉に「リベラリズム」があります。しかし実際には、市場原理よりも公共サービスの充実や富の再分配を重視する立場が「リベラル」と呼ばれます。また、経済的自由を主張しながらも個人の自由への介入を認める立場は「保守主義(コンサヴァティヴ)」と呼ばれます。
あまりにも多義的になった「リベラリズム」に対し、個人的自由も経済的自由も尊重するのが「リバタリアニズム」の思想なのです。なお、あらゆる自由を純粋に追求するリバタリアニズムにとって、個人的自由と経済的自由とは区別されるものではありません。

リバタリアニズムの最も優れた入門書と評されているのが、森村進氏の『自由はどこまで可能か』(講談社現代新書)です。



本書では「リバタリアニズム」と「アナルコキャピタリズム」を明確に区別しています。
リバタリアニズムは個人の自由を最大限尊重しますが、国家の存在を否定するものではありません。対するアナルコキャピタリズムは「無政府資本主義」と訳されるように、国家の存在を明確に否定します。
本書は何らかの国家の役割を認めるリバタリアニズムを中心に紹介し、アナルコキャピタリズムに特有の主張にはそのつど断りを入れています。

森村氏は、最低限の社会保障は必要だとの立場です。
自分の責任ではない事情のために、自分の能力と財だけでは生きてゆけない人は存在します。日本国憲法第25条に謳われる「健康で文化的な最低限度の生活」の保障です。ただし公的な年金や雇用保険、健康保険を認めるものではありません。
全体的には穏健な論調なのですが、家族についての提言は非常に大胆です。森村氏が想定する「家族」には、結婚も離婚も遺産相続も高齢者の扶養義務も存在しません。しかしそれは現在の家族形態の否定ではなく、その法定への反対です。「友情や恋愛は法によって規定されていない」と。
本書の魅力は、森村氏のこの文章にあるんでしょうね。リバタリアンの消極的な政治観への批判に対しては、「政治家の公約は商人の契約ほど当てになるだろうか?」と切り返します。

森村氏はもちろん、リバタリアニズムが地球環境問題をも解決すると主張しますが、疑問があることも認めています。
ひとつは、未だ見ぬ将来世代への責任が不明確なこと。もうひとつは人間中心主義的すぎるリバタリアニズムが、自然保護と相容れるのかということです。
私は自分の自由と同様に、他者の自由(他者の生命)をも尊重するストイックさが、リバタリアンに求められる資格だと思っています。

独自のアナルコキャピタリズムを唱えていることで知られるのは、作家の笠井潔氏です。笠井氏の著作『国家民営化論』は、本書でもたびたび言及されています。
竹内靖雄氏の『経済倫理学のすすめ』には、社会の諸問題(感情)を市場(勘定)で解決する策が語られています。
昨年(2007年)出版された蔵研也氏の『リバタリアン宣言』は読み易い本ですが、リバタリアニズムを「勝ち組エリートの思想」だとする出版社の紹介文がイヤラシイ(笑)。橘玲氏が言うように、リバタリアニズムは弱肉強食を肯定するものではないのです。
なお私は、精神的には個人の自己決定を絶対視するリバタリアンですが、現実の社会制度としては富の再分配は必要だと考えます。

(1月2日再読)

【不純文學交遊録・過去記事】
「クニガキチント」しなくていい
ヒトがモノになる…
イケナイコトカイ
波状攻撃三連射


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 19:50| Comment(22) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。