2008年02月03日

諏訪は神秘に満ちている

急斜面を勢いよく滑り落ちる樅の大木に群がる男たち。1200年以上前から続く長野県・諏訪大社御柱祭(式年造営御柱大祭)は、寅の年と申の年に行われる式年祭です。毎回負傷者が出ることは珍しくなく、命を落とした人もいたと言います。
諏訪大社は上社と下社に分かれており、上社は前宮と本宮、下社は春宮と秋宮から成っています。各宮の四方に神木が立てられ、計16本の御柱が伐り出されるのです。
上社の例大祭である御頭祭も謎に満ちています。現在は剥製のシカの頭部を供えますが、かつては75頭ものシカの生首が並んでいました。そのなかには必ず耳の裂けたシカがいて、神様が矛で獲ったのだと信じられてきました。
この「耳裂け鹿」や諏訪湖の御神渡など、諏訪地方には七不思議が伝えられています。

諏訪大社の祭神・建御名方神(タケミナカタ)は、出雲神話に登場する大国主神(オオクニヌシ)の子です。出雲に国譲りを迫る建御雷神(タケミカヅチ)に戦いを挑みますが、敗れて信濃国・諏訪へと逃げ延びました。建御名方神は二度と諏訪から出ないことを約束し、命を救われたといいます。
また、建御名方神がこの地に祀られる以前から、諏訪地方にはミシャグチ神という土着の神様が信仰されていました。
御柱祭・御頭祭の意味するところとは?…高田崇史氏のQEDシリーズ最新作は『諏訪の神霊』です。



QED諏訪の神霊

諏訪大社の御柱祭を見物に訪れた、薬剤師の桑原崇(タタル)と棚旗奈々
二人を出迎えたのは、タタルの中学時代の同級生・鴨志田翔一、タタルと奈々の大学の後輩である薬剤師の緑川由美子、そして地元の歴史に詳しい百瀬麻紀
そのころ翔一・由美子・麻紀の住む新興住宅地「月見が丘」で連続殺人事件が発生していました。

この先ネタバレはございません。
ただし、読む前に一切の予備知識を入れたくないという方はご注意ください。

続きを読む


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:04| Comment(2) | TrackBack(1) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。