2008年02月11日

悪魔は目を覚ますのか?

毎日のように報じられる地球温暖化。しかし、地球温暖化CO2主因説には異論もあることを当blogではたびたび指摘してきました。
地球の平均気温は太陽の活動に大きく左右されますし、最大量の温室効果ガスはCO2ではなく水蒸気です。現在の地球の気温上昇の、どこまでが人為的なCO2排出量の増加によるのかは定かではありません。
かといって、地球温暖化CO2主因説の主張も採り上げなければ不公平になります。CO2が増加し続けた場合の最悪のシナリオとは…?



「悪魔のサイクル」へ挑む

著者は首都大学東京の初代学長・西澤潤一氏と、エコシステム研究会代表の上野勲黄氏です。

本書ではCO2増加によって地球温暖化が一直線に進むのではなく、地球温暖化が一転して氷河期へと向かうシナリオを提示しています。温暖化によって融けた北極海の氷が、海水の塩分濃度を薄めて海流に大きな変化を生じ、寒冷化を引き起こす…映画『デイ・アフター・トゥモロー』と同じですね。
CO2増加がもたらすもうひとつのシナリオは、人類の二酸化炭素中毒死です。
大気中のCO2濃度が3%になると人間は中毒死すると言います。地球温暖化を人為的なCO2増加が原因とは断定できないとする私ですが、CO2増加による生態系への未知なる影響については懸念を抱いています。
本書のタイトルとなっている「悪魔のサイクル」とは、海底のメタンハイドレート層の崩壊です。地球温暖化によってメタンハイドレートが融解し、CO2の20倍以上の温室効果を持つメタンが大気中に大量放出され、さらなる温暖化が加速するというものです。過去に起こった生物大絶滅には、大規模な火山噴火によるメタンハイドレートの崩壊が影響しているとの説があります。

SFばりに地球温暖化の恐怖を煽るだけの本ではなく、後半には人工生態系の創造による未来への展望も描かれています。
人工生態系というとバイオスフィアUのようなドームのなかの人工地球を想像しますが、そんな大袈裟な内容ではなく、要は省エネルギー技術や廃棄物処理技術の紹介です。

地球の気候を激変させる悪魔と目されるメタンハイドレートですが、石油に代わる資源としても期待されています。特に化石燃料のほとんどを輸入に頼るわが国にとって、日本近海に大量埋蔵が見込まれるメタンハイドレートは、エネルギー安全保障の救世主となりえます。
本書では、メタンハイドレートを大気中に放出させずに回収し資源化させるべく、二酸化炭素ハイドレートでフタをする方法を提案しています。CO2をハイドレートとして海底に固定化しつつ、メタンを資源として利用できる一石二鳥のアイデアです。

(2月3日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
世界はこうして終わる?


管理人のひとりごと


ラベル:地球温暖化
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 01:17| Comment(28) | TrackBack(1) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。