2008年02月26日

保守が保守であるために

構造改革の名のもとに行われた新自由主義的な経済政策。
靖国神社の参拝を公約に掲げたり、戦後レジームからの脱却を主張した総理大臣。
反日的な態度をとる諸外国(特定アジア)に反発する若者たち。
近年の日本は「若者の右傾化」「一億総保守化」などと言われますが、本当にそうなのでしょうか?
今の保守は「アンチ左翼」でしかないと訴える中島岳志氏が、戦後日本を代表する保守思想家と仰ぐ西部邁氏に対談を望みます。



保守問答

人間の理性を最大限尊重し、社会は人間の手によって理想的な形に設計することが可能だとする近代主義。
しかし、人間の理性には限界があることを悟るのが保守主義です。

フランス革命の掲げた「自由・平等・博愛」は左翼の言葉であり、左翼とは別名・純粋近代主義です(社会主義も近代主義の1ヴァリエーション)。そしてフランス革命の理想を最もラディカルに体現した国アメリカこそ、世界一の左翼国家であると西部氏は言います。
アメリカ追従が「保守」ではないのです。

「公の精神」とは「お上への従属」であるとするのも自称・保守の勘違いです。
公(おおやけ)とは市民的公共圏であるとする中島氏は、政府が間違った方向に進もうとしている時に言論や行動でもって正すことも、重要な公の精神であると言います。
ただし、政府が横暴をすることもあるからといって「政府はいらない」というのは、保守にあるまじき暴走です。

しりあがり寿氏のイラストが表紙のソフトカバー、そして対談形式なので読み易い本かと思いきや、古今東西の思想家の名前が次々と登場する、結構お堅い内容の本です。
中島氏の投げかける質問はアカデミックなのですが、受ける西部氏は難解な話題を大衆レベルにわかりやすく噛み砕いてくれます。

保守とは皇室を崇拝することでも、靖国神社に参拝することでも、市場経済を徹底することでもなさそうです。
では、保守思想が保守すべきモノはなんなのでしょうか。
私は、保守とは具体的なイデオロギーではなく、歴史の叡智に学ぶ態度であり、それは社会を生きる人間の一種のたしなみなんだと解釈しました。

二人の対談からは、言葉へのこだわりも強く感じました。
言葉の意味を突き詰めて語源通り正しく使うことは、正しい保守であるための第一歩なのでしょう。

(2月24日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
当たり前の話…日本は核武装せよV
ほどほどで行こう。



posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。