2008年03月02日

日続き知らす可き王無し

万世一系とされる天皇家。しかし日本の歴史には皇位継承の危機が幾度もありました。第25代武烈天皇なきあとを『古事記』はこう記します。
「日続き知らす可き王無し(ひつぎしらすべきみこなし)」
皇位継承者がいなくなってしまったのです。そこで近江に生まれ越前で育った応神天皇五世の孫・男大迹王が継体天皇として擁立されます。507年のことです。

昨年(2007年)は第26代継体天皇の即位から1500年、ゆかりの地である福井・滋賀両県では数々の催しが行われました。滋賀県立安土考古博物館の大橋信弥氏も、一連の催しに招かれた一人です。
私はいくつかの講演・シンポジウムに出向きましたが、残念ながら大橋氏の意見をうかがう機会には恵まれず、このたび著書を手にとってみました。



継体天皇と即位の謎

『古事記』には応神天皇五世の孫と記すのみ、『日本書紀』も父母の名を記すだけで、その出自が明らかではない継体天皇。
ただ、後世の『日本書紀』の注釈書である『釈日本紀』が引用する『上宮記』には、空白となっている応神から継体までの系譜が記されています。『上宮記』には記紀成立以前の用字法が見られる(後世の作為性が低い)そうです。
とはいえ記紀の記述が全て史実だとは言えないと、大橋氏の態度は慎重です。

継体天皇に限らず、この時代は皇位継承が不安定でした。第21代雄略天皇はライバルとなる皇子を次々と粛清したために、有力な皇位継承者が絶えてしまったのです。
雄略天皇の子である清寧天皇には後嗣がなく、雄略天皇の粛清を逃れて播磨国に身を隠していた弘計王・億計王の兄弟が発見され、それぞれ顕宗天皇仁顕天皇として即位します。
また、清寧天皇崩御後の空位期間は飯豊皇女が執政し、飯豊皇女を事実上の日本最初の女帝だとする説もあります。

継体天皇を地方豪族だとする説のなかでは、出自を近江の息長氏に求める説が有力です。
オキナガと言えば、息長帯比売命こと神功皇后を思い出します。神功皇后は、継体天皇の祖先である応神天皇の生母。魅力的な説に思えますが、大橋氏は継体天皇=息長氏説を真っ向否定。息長氏が中央政界で力を持つようになったのは、もっと後の時代だとします。
また、継体天皇出生地の近江国高島は父・彦主人王の「別業」であって、彦主人王は畿内近郊に本拠地を持っており、継体天皇はいきなり中央政界に現れたわけではないといいます。そして宮内庁指定の継体陵である大田茶臼山古墳を、大橋氏は彦主人王の陵墓だと考えているようです。

ここ10年ほどの間に発表された文章をまとめた為に、各章に重複した記述が多く見られますが、繰り返しのおかげで大橋氏の主張が明確になっています。

(2月25日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
ピンク石の秘密
天皇陵、発掘。
【不純文學交遊界】
古代史の謎・継体天皇


管理人のひとりごと


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 19:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。