2008年03月16日

現代の予言者

パソコンに携帯電話に薄型テレビ…次々と新製品が発表されるデジタル家電は、いつが買い時なのか多くの人が迷います。

より小型化・高性能化するデジタル機器。現在のIT産業の急激な発展を、半世紀前に予言した人物がいます。
1956年、ゴードン・ムーアは半導体の集積度は毎年2倍の比率で増加し、この傾向は今後も続くと述べました。この経験則がのちに修正され「半導体の集積度は18ヶ月で2倍になる」というムーアの法則が生まれたのです。
自動車のコストダウンをいくら進めても、原材料の鉄の価格以下にはなりません。しかし半導体の材料となるシリコンは地球上に豊富に存在し、資源の希少性がボトルネックとならなかったのです。



過剰と破壊の経済学

あまり多くのサイトに目を通していない私ですが、池田信夫blogは愛読しています。本書で池田氏は、ムーアの法則がもたらしたインパクトを踏まえて、今後の日本のIT社会が進むべき道を指南しています。

半導体の集積度だけでなく、ハードディスクの容量や光ファイバーの通信速度も劇的に増加しています。インターネットでの動画視聴もスムーズになりました。
テレビ番組がデジタル化されれば、放送専用の設備は必要なくなり、インターネットで番組を流すことが出来ます。地上デジタル放送なんて必要ありません。電波の空きが増えれば、携帯電話がさらに有効に使えます。
しかし、放送と通信の融合に猛反対しているのがテレビ局です。いまや日本のIT産業発展のボトルネックとなっているのは、電波の希少性でも光ファイバーの通信速度でもなく、既得権益者であるテレビ局なのです。

IT産業のように変化が急激で予測困難な分野で、政府が閣僚や財界トップによる戦略会議なんかを開くのは、全くもって有害無益。選択肢を狭めて産業をミスリードするだけです。iPod、iMacなどのヒット作を生み出したスティーブ・ジョブスのビジネスだって、その多くは失敗でした。しかしIT産業では一発大きく当てればいいのです。
それでも1億人以上の人口を有する日本では、ある程度の市場が確保できるため、国際競争力のないメーカーが何社も共存できてしまいます。これがパラダイス鎖国と呼ばれる状態です。典型的なのが携帯電話端末で、世界市場での主要業者は5社しかないのに、世界シェア9%の日本市場には11社(外資と合弁のソニーエリクソンは除く)がひしめき合っています。

今後のボトルネックは著作権プライバシー権だと池田氏は言います。
IT社会のみならず、日本経済の未来を展望するうえで刺激的な提言にあふれた一冊です。

(3月10日読了)

【関連サイト】
池田信夫blog
【不純文學交遊録・過去記事】
発覚!あるある大利権
日本のメディアは杉林
2011年、テレビをまだ見てますか


管理人のひとりごと


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 11:38| Comment(18) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。