2008年03月30日

恐竜研究最前線(後編)

3月23日に福井県立恐竜博物館で開催された、国際恐竜シンポジウム2008
後半のパネルディスカッションでは、一般聴衆からの質問にも答えました。

Q.恐竜は何種類見つかっているのか?

A.現在1,200種が記載されているが、そのうち確実なのは900種くらいだろう。哺乳類は現存するものだけで4,000種類以上もいる。当時の地球環境は、現在くらいは豊かだっただろう。恐竜の時代は1億年以上も続いたから、トータルでは何千種類もいたはずだ。
フィリップ・カリーさん)

Q.最大の恐竜はどれくらいか?

A.化石から体重を推定するのは難しいが、アルゼンチンで発見された最大の恐竜は約100t。体重を支えることができる足の強度を考えると、陸上生物の体重の限界は150t。まだまだ大きな恐竜の化石が発見される可能性はある。
(国立科学博物館・冨田幸光さん)

Q.恐竜が鳥に進化したのはどのような環境に適応してか?

A.これは非常に難しい。恐竜以前にも、飛べはしなかったが滑走する爬虫類はいた。将来は人間も空を飛べるように進化するかも(笑)?
(フィリップ・カリーさん)

討論の中心となったのは、モンゴル科学アカデミーのリンチェン・バルスボルトさんと董枝明さんでした。
特にバルスボルトさんは冗舌で、恐竜の大きさについて解説する冨田さんに「あの人は小さい生き物が専門だよ」と英語でツッコミを入れていました。
かつて巨大恐竜がカバのように水に浸かって生活している想像図をよく見かけましたが、董さんによるとディプロドクスの尾は水面を叩くような形状にはなっていない(=水棲ではない?)そうです。

パネルディスカッションは、司会進行がスムーズでなかったのが残念。
司会者が「恐竜博物館は、化石産地をどう展示に生かすべきか」と先生方ひとりひとりに尋ねましたが、どう考えても一般ウケする質問ではないし、先生方のノリもイマイチ。博物館の職員としては重要な質問なんでしょうけどね(笑)
一般聴衆との質疑応答は楽しめました。
自分以外の人がどんな疑問を持っているか非常に興味がありましたが、恐竜はなぜ絶滅したのかとの質問は、あまりにも定番すぎるせいか出ませんでした。


     


ラベル:恐竜
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 書を捨てて街へ出る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。