2008年04月06日

その道路、必要ですか?

2008年4月1日、長年続いてきた揮発油税・自動車取得税などの暫定税率が期限切れとなりました。ガソリンの価格は揮発油税と地方道路税をあわせて、1リットルあたり約25円引き下げられたことになります。
原油高をはじめとする、物価上昇に直面している国民生活にとって歓迎すべき事態ですが、一方で地方自治体の首長からは「必要な道路が造れない」と暫定税率復活を強く求める声が上がっています。



この高速はいらない。

日本中で計画されている高速道路、果たしてそれらは必要な道路なのか。ちょっと古い本(2002年刊)ですが、気になったので読んでみました。
著者・清水草一(またの名をMJブロンディ)氏は、自動車雑誌を中心に活躍しているライターです。『港区ではベンツがカローラの6倍売れている』、『フェラーリがローンで買えるのは、世界で唯一日本だけ!!』などユニークなタイトルの著作で知られ、道路問題にも積極的に取り組んでいます。

清水氏は、全国各地の高速道路計画地の既存道路を実走して、その区間の高速道路の必要性を検証しました。
高速道路の必要度は、1.渋滞緩和効果、2.時間短縮効果、3.ネットワーク効果(他の路線と接続効果)、4.地域振興効果として採点しています。その地域に有力な産業や魅力的な観光地がなければ、高速道路はかえって人口を吸い出す結果ともなりかねません。
また、道路建設費が料金収入でペイするかどうかは、コストパフォーマンス指数として評価しています。ただ、道路は公共財ですから、必要度が高ければ収入は多くなくとも建設は進めるべきです。

まず検証されるのは北海道。高速並みのペースでスムーズに流れる立派な国道があるのに、並行して高速道路を建設しても、わずかな時間短縮のために料金を払うドライバーはいません。
「北海道には、これ以上高速道路はいらない」と主張する清水氏は、80〜90km/hの最高速度を許容する快速国道を提案しています。既存の国道の歩車道分離を徹底し、中央分離帯を整備して、高速道路並みに流れるようにするのです。一方、住宅地や商業地を通過する部分は、制限速度を抑えて取り締まりも強化し、安全を確保します。本書にはこの快速国道が、高速道路の必要度が低い地域の代替案としてたびたび登場します。

日本で最も道路整備が遅れているという、東国原英夫知事の宮崎県はどうでしょうか。
本来は直線的に建設されるべき高速道路ですが、鹿児島市と宮崎市を結ぶ東九州自動車道のルートは、地形に関係なく不自然に遠回りしているのです。「わが町にも高速を」の声に応えようと、それぞれの地方都市を通過させた「いらない高速道路の見本」だと清水氏は酷評しています。

清水氏が最も整備が必要だと訴えるのは、慢性的な渋滞に悩まされる首都高速道路です。建設コストは莫大ですが、それでも最優先で取り組むべしと。
ただし、首都圏の慢性的な渋滞を根本的に解決するには、東京一極集中の見直しが求められるでしょう。清水氏は理想的な道路環境にあるとして、名古屋への遷都論に触れています(皇居は東京に残し、政治は名古屋、経済と文化は東京と首都機能を分業)。

本書で論じられる日本全国の高速道路。その評価が妥当かどうかは、地元の読者ひとりひとりに判断していただきたいと思います。

(4月1日読了)

【関連サイト】清水草一オフィシャルサイト


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:40| Comment(6) | TrackBack(1) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。