2008年05月26日

鏡よ鏡…

21世紀の現在になっても決着がつかない、何百年も続いている論争があります。
その論争とは、邪馬台国はどこにあったのか?

邪馬台国の候補地は日本全国(日本国外にも!)ありますが、学界を二分しているのは畿内説と九州説です。
私は今のところ、魏志倭人伝に描かれた邪馬台国の風物が南方系であること、卑弥呼の鏡と呼ばれる三角縁神獣鏡が中国からの出土例がないこと、そして卑弥呼の死の前後に皆既日食が発生していることから九州説を支持しています。
そこで邪馬台国畿内説批判の急先鋒、安本美典氏の最新作を手に取りました。
内容に偏向があることはご了承ください。



「邪馬台国畿内説」徹底批判 安本美典 著

魏志倭人伝に記された邪馬台国への行程は「南へ水行十日陸行一月」。
南へ陸行一月だと、邪馬台国は九州を飛び出して海の彼方…そこで「南」とは実は「東」なのだと方角を読み替えるのが畿内説、方向は正しいが距離を誤りだとするのが九州説です。
安本氏は、陸行一月とは直線距離で一ヶ月という意味ではないとします。
魏の使者は邪馬台国の王都に着くまでに、各地を視察したり接待を受けたりしていたのかもしれません。聖徳太子の時代、隋の使者・裴世清は、難波の港から飛鳥に入るまでに一ヶ月かかっています。また、大和へ向かう場合、陸路ではなく船で瀬戸内海を行くのが常識であると安本氏はいいます。

邪馬台国論争は、考古学的には畿内説が有利とされてきましたが、九州説に有利な物証もあります。
魏志倭人伝によれば、邪馬台国の人は鉄の鏃を使っていました。弥生時代の鉄の鏃(やじり)は九州からは大量に出土していますが、畿内からはごくわずかです。
倭人は養蚕を行い、魏への献上物にも布がありましたが、弥生時代の遺跡から発掘された絹はすべて九州のもので、畿内で絹が見つかるのは古墳時代以降です。
邪馬台国とは魏志倭人伝に記された国であり、魏志倭人伝に基かない邪馬台国論はありえません。

畿内説支持者が、卑弥呼が魏から贈られた銅鏡だとする三角縁神獣鏡。
安本氏は神獣の文様は呉のもので、邪馬台国と交流のあった魏・晋の鏡ではないとします。また、鏡が出土するのは四世紀以降の古墳であり、卑弥呼の時代よりも後です。畿内説支持者のなかにも、三角縁神獣鏡を卑弥呼の鏡とすることに否定論があるようです。
最古級の前方後円墳である奈良県桜井市の箸墓古墳を、卑弥呼の墓だとする説があります。箸墓の築造年代を、卑弥呼の没年に近い三世紀後半にまで遡る説が出ていますが、安本氏は出土する布留式土器は四世紀のもので、卑弥呼の時代には届かないとします。
マスコミの報道が「はじめに畿内説ありき」であり、畿内から出土する遺物を意図的に邪馬台国に結び付けていると批判する安本氏。あの「旧石器時代捏造事件」と同じ過ちを繰り返しているといいますが、当然、畿内説支持者からは反論があることでしょう。

今秋、吉永小百合・竹中直人主演の映画『まぼろしの邪馬台国』が公開されます。
1967年、著書『まぼろしの邪馬台国』がベストセラーとなり、日本中に邪馬台国ブームを巻き起こした宮崎康平・和子夫妻の物語です。
映画をきっかけに、再び論争が燃え上がるのでしょうか?
鏡よ鏡、邪馬台国はどこにある…

(5月19日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
邪馬台国は、ここにある。



posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:36| Comment(42) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

フレンチトーストピクニック2008

5月25日、フレンチトーストピクニックが福井県あわら市で開催されました。
フランス車を中心に全国各地から古いクルマ・珍しいクルマが集まるイベントで、今年で第9回目。

今回の主役は、生誕60周年となるシトロエン2CVです。
1948年に誕生した2CVは、空冷水平対抗2気筒エンジンを搭載した前輪駆動車。
独特のスタイリングから当初は「醜いアヒルの子」と揶揄されましたが、シンプルで合理的な設計、経済性、耐久性が高く評価され世界的ベストセラーカーとなりました。
ドイツのフォルクスワーゲン、イギリスのミニと並ぶ、歴史に残る大衆車の傑作です。
会場には色とりどりの2CVをはじめ、シトロエンの歴代モデルが集まりました。
シトロエンは現在に至るまで、前衛的なスタイリングと独特の技術を採用したクルマを世に送り続けています。

会場では他にも、俳優の夏木陽介さんが所有する1931年式A型フォード、スーパーカーブームを担ったディーノ246GTなどが観客の注目を集めていました。

写真は不純文學交遊界にUPしました。

不純文學交遊館・第9回フレンチトーストピクニック
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 書を捨てて街へ出る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

千利休はキリシタン?

茶道には「濃茶」と「薄茶」があるそうです。
濃茶は、とろりと練った抹茶を数人で回し飲みします。
薄茶は、多目の湯で一人に一椀のお茶が点てられます。



白蛇の洗礼 高田崇史 著

茶道裏千家教授・大澤信郎の次男・祐二が、濃茶の席で変死しました。
茶席にいたのは6人。
・教授の大澤信郎
・主人(お茶を点てる人)、坂元美和
・正客(最初にお茶を飲む人)、龍河誠
・客、松江亜子
・客、神凪百合
・末客(最後にお茶を飲む人)、大澤祐二
そして水屋(茶室の台所)には、火渡祥子

祐二の死因は毒物によるものと見られますが、毒物は特定されませんでした。
濃茶の席なので、お茶は4人で回し飲みします。それなのに死亡したのは最後に飲んだ祐二ひとり。
また、お茶菓子は大きな器からそれぞれが取っており、菓子に毒物を混入して特定の人物を狙うことは不可能でした。

神凪百合は新興宗教「石神教」の幹部の娘、龍河誠も石神教の青年会長です。毒殺される直前、大澤祐二は石神教への勧誘を受けていました。
松江亜子はキリスト教系の新興宗教「曙光の会」のメンバーです。亜子は祐二と不倫関係にあり、当然ながら石神教への入信には強く反対していました。
また、松江亜子は千利休がキリシタンだったと考えており、否定派の龍河誠と論争しています。

その後、祐二を殺害した毒物は蛇毒であると鑑定されました。
石神教は白蛇をご本尊としています。さらに神凪百合は病院に勤務していることが判明。毒を盛ったのは彼女なのか…
医療業界誌の編集者・西田真規は、なぜか編集長から大澤家毒殺事件に首を突っ込むよう命じられました。西田はマンションの隣室に住む、長髪で無愛想な謎の男に助言を求めます。
隣人の名は御名形史紋、職業は「毒草師」。

この先、未読の方はご注意ください
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

イニシャルD

1999年、東京都の石原慎太郎知事はディーゼル車が排出した煤を入れたペットボトルを振りかざしてテレビ出演。東京都の環境確保条例をきっかけに、ディーゼル車の排気ガス規制は大幅に強化されました。
石原知事の「脱ディーゼル」宣言以降、すっかり悪者とされてしまったディーゼルエンジン。国内メーカーからディーゼル乗用車は姿を消してしまいました。
(現在日本で新車購入できるのは、メルセデスベンツE320CDIのみ)



ディーゼルエンジンと自動車 鈴木孝 著

一方、ヨーロッパではディーゼルエンジンは環境対策の切り札とされ、新車販売の半数をディーゼル車が占めています。
ドイツの技術者ルドルフ・ディーゼルは、最も熱効率の高い仮想機関カルノーサイクルを目指し、ディーゼルエンジンを発明しました。ディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンよりも燃料消費(二酸化炭素排出量)が少ないのです。
排気ガスの浄化が難しいのがディーゼルエンジンの弱点でしたが、現在ではPM(粒子状物質)や有害物質の排出が大幅に削減され、低公害化が進んでいます。
最新のディーゼル車はスポーティでもあります。2006、2007年と2年連続でル・マン24時間レースを制したのは、V型12気筒ディーゼルエンジンを搭載したアウディR10でした。
鈍重で、ガラガラと大きな音を立てながら黒煙を撒き散らして走るディーゼル車のイメージは、過去のものとなったのです。

日本では、ハイブリッド車がエコカーの代名詞となっています。ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッド車は圧倒的な省燃費を誇り、ブランドイメージを大いに高めました。
しかしながら、エンジンとモーターを併用するハイブリッド車は、重量が増えて高コストとなります。高性能なモーターやバッテリーの製造には、レアメタルが欠かせません。
Well to Wheel(油井から車輪まで)という言葉がありますが、製造から廃棄までを含めたトータルでのエネルギー消費量や有害物質の排出量も評価する必要があるでしょう。
ディーゼルハイブリッドなら、ガソリンハイブリッドよりもさらに効率的です。

昨年はバイオエタノールが「カーボンニュートラル」であるとして注目を集めましたが、食糧からの転用は穀物市場の高騰を招きました。また、森林を伐採してバイオ燃料を製造するのでは、かえって環境を破壊しCO2排出を増やすだけです。
石油に代わる燃料としては天然ガス、GTL(ガス・ツー・リキッド)、BTL(バイオマス・ツー・リキッド)等が挙げられます。多様な燃料が使えるのもディーゼルエンジンの利点です。
ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの利点を併せ持ったHCCI(予混合圧縮着火)エンジンの開発も、各メーカーが進めています。

本当は環境にやさしいDiesel
この記事を読んだ方が、認識を改めてくださることを願います。

(5月11日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
ハイブリッドは世界を制すか
未来予想図

【管理人・過去の交遊書】
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 01:47| Comment(4) | TrackBack(1) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

デジタル地球儀

地球の気温や海流の変化を映し出す「デジタル地球儀」を体感しました。
スケールは1000万分の1。考案したのは、文化人類学者の竹村真一氏(評論家・竹村健一氏の長男)です。
デジタル地球儀が設置されているのは、福井市のエコライフプラザ。5月18日、デジタル地球儀を使って地球環境について解説するデジタル地球大学が開催されました。

「光環境と植物進化」をテーマに、福井大学医学部の吉井裕准教授(生命物質科学)が講演。
地球に植物が誕生し、植物が酸素を放出したことでオゾン層が形成され、生物の陸上進出が可能となりました。かつて二酸化炭素が大部分を占めていた地球の大気が、植物によって大きく変えられたのです(ある意味、大規模な環境破壊)。
私たちは「地球にやさしく」するのではなく「人間と現生動植物にやさしく」すべきだと、吉井さんは持論を語りました。

地球温暖化については、人類が排出するCO2の増加によると考えられているが、地球の気温上昇によって海洋が放出するCO2が増えることも併せて解説しました。
地球温暖化をすべて人為的なCO2増加のせいにするのも、すべて自然要因だとするのも、両極端な説はどちらも「怪しい」と言う吉井さん。ただ、産業革命以降の気温上昇と大気中のCO2増加は相関しており、人類の文明活動が地球温暖化に寄与していることは間違いないとの立場でした(1970年代の寒冷期については触れず…)。

デジタル地球儀が示す気温の上昇は、南半球のほうが北半球よりもずっと緩やかでした。南半球の気温上昇が緩やかなのは、人口が少ないので人為的な影響が出にくいのか、あるいは北半球よりも海洋面積が広いからなのか、理由はよく判らないそうです。
東京などの大都市で気温を測定することは、ヒートアイランドの影響があって適切ではありません。また、平均気温の観測地点に偏りがあることも否定できないようです。

今回の講演は、地球史的な視点で環境問題を捉えていたことと、地球温暖化を中立的に解説していたことで、非常に共感できる内容でした。
デジタル地球大学は毎月第3日曜日に開講されていて、参加は無料(申込不要)です。
でも、駐車料金が高かった…

【不純文學交遊録・過去記事】
マイナス6%の覚悟
地球の現代史・不確かな真実V
不確かな真実U
不確かな真実
悲観も楽観も、いけません。

        
ラベル:地球温暖化
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 書を捨てて街へ出る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

御田植え祭り

【ゴールデンウィーク歴史探訪〜後編】
5月5日、午後は敦賀市へ。

otaue4.JPG

敦賀市沓見(くつみ)の「御田植え祭り」を見物しました。
男宮の信露貴彦(しらきひこ)神社と女宮の久豆彌(くつみ)神社の御幣が集落を練り歩き、その後両社で王の舞・獅子舞などを奉納します。舞い手は小学生です。
若狭湾周辺は、各地に王の舞が継承されていることで知られます。
敦賀の地名の由来は、意富加羅国の王子・都怒我阿羅斯等(ツヌガアラシト)の渡来伝承。信露貴彦神社と新羅の関係が気になります。

敦賀まで来たので、以前から興味のあった場所を訪問しました。

seimei1.JPG

敦賀市中心部にある晴明神社
その名の通り、陰陽師・安倍晴明ゆかりの地です。晴明が使ったという祈念石があります。

kanegasaki1.jpg

そして金崎宮金ヶ崎城跡
金ヶ崎城は南北朝時代に南朝方の拠点となった城。金崎宮は戦乱の犠牲となった後醍醐天皇の皇子・尊良親王と恒良親王を祀っています。
戦国時代には織田信長が朝倉軍と浅井軍の挟撃に遭い、織田軍の殿(しんがり)を努めた木下藤吉郎(豊臣秀吉)が信長の窮地を救います。そこから金崎宮は難関突破祈願の神社なんだとか。
尊良親王墓所見込地の碑を撮影した後、急に足が重くなったので、慌てて戻って碑に手を合わせました(写真は破棄)。多分、疲れていたんでしょう(笑)
山頂を目指さずに駐車場へ引き返したおかげで、激しい雨に遭わずに済みました。

写真は『不純文學交遊界』にUPしました。
不純文學交遊館・沓見 御田植え祭り


ラベル:王の舞
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 13:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 書を捨てて街へ出る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

クラシックカーミーティング

【ゴールデンウィーク歴史探訪〜前編】
5月5日、福井市で第1回福井クラシックカーミーティングが開催されました。

今回参加したのは、昭和63年までに生産された車両(およびその同型車両)約50台。
日本の高度経済成長を支えた名車たちです。
会場には1970年代のヒット曲が流れ、昭和に思いをはせるイベントとなりました。
(4月29日「昭和の日」に開催したら、さらに雰囲気が出たのでは?)

写真は『不純文學交遊界』にUPしました。
不純文學交遊館・福井クラシックカーミーティング


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 書を捨てて街へ出る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

生物界という密室(クローズド・パラダイス)

本格ミステリを打ち倒そうとする生意気な新人が現れた…有栖川有栖氏の推薦文が目を惹く、メフィスト賞受賞作。
ずっと気になっていたのですが、主人公が美少年双子探偵(これって美少年萌えのやおい小説?)、そして珍妙なペンネーム(汁しるもの?)のせいで手に取ることを敬遠していました。
ちらっとめくってみた最終ページの参考文献には、進化論や生物学の本。もしかしたら面白いのかも…ようやく読む決意をしたのです。

『パラダイス・クローズド THANATOS(タナトス)』
著者は汀こるもの氏。
プロフィールには熱帯魚の飼育暦が並んでいます。



パラダイス・クローズド

黒服をまとい遺体の前で般若心経を唱える、17歳の立花美樹(よしき)。彼の行く先々では、なぜか死亡事故・自殺・殺人事件が起こります。あまりにもその頻度が多いため、彼はインターネット上で死神(またの名をタナトスきゅん)と呼ばれる有名人です。
そんな兄のせいでたびたび死に遭遇し、事故や事件の証人として裁判所に出廷しているうちに、高校生名探偵となってしまった双子の弟・立花真樹(まさき)。捜査一課・交通課・地裁の常連の彼は、どんなに無残な遺体であっても平然と向き合います。

小笠原諸島の無人島を買い取って別荘を建てた、人気ミステリ作家の大倉阿鈴(あべる)。彼は豪邸「水鱗館」へ作家仲間を集めたパーティに、特別ゲストとして本物の死神・立花美樹を招きたいと言います。
人の死とストーカー被害を避けるため引きこもり生活を続ける美樹が、なぜパーティに出かける気になったのか。それは大倉邸に立派なモナコ水槽があったからです。
もちろん弟の真樹も一緒。そして二人のボディガードとして巡査部長・高槻彰彦が同行します。

モナコ水槽とは、嫌気性細菌が水質を浄化することで長期間換水を不要とする、自然の物質循環サイクルを再現した水槽です。
美樹の趣味は熱帯魚飼育。大倉自慢のモナコ水槽の前で、美樹は生命の歴史を長々と語り始めます。嫌気性生物の世界だった原始地球、光合成を行うシアノバクテリアによって生まれた酸素、ミトコンドリア共生説…
自然界の循環を閉じ込めたモナコ水槽は、いわば密室。美樹の語りは、もちろん単なる薀蓄ではなく、この物語の世界観のベースとなっています。

さて水鱗館の主・大倉は、自室で頭を銃弾に撃ち抜かれた遺体で発見されます。水鱗館の部屋はすべて内側にしか鍵がなく、現場は密室でした。
本土から遠く離れた孤島に電話機はなく、携帯電話は圏外。唯一の通信手段であるインターネットも、大倉のパソコンまでもが銃弾に破壊されてしまい使えません。
まさに本格ミステリの舞台が整いました。

この先、未読の方はご注意
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

もんどりうって…

下級官僚として一生を終えることを潔しとせず、詩人として後世に名を遺そうと決意した青年・李徴。しかし文名は一向に高まらず、己の才能に絶望した李徴は闇の中へ駆け出し、行方知れずとなります。
彼は人喰い虎となってしまったのです。

国語の教科書でおなじみ、中島敦の『山月記』。
この物語が現代の日本を舞台にリニューアルされると…



〈新釈〉走れメロス

京都にて一部関係者のみに勇名を馳せる孤高の学生、斎藤秀太郎。
彼は社会の歯車となることをよしとせず、俗世に色目を使うことなく、大長編小説の完成を目指して一心不乱に文章を書き続けていました。
留年と休学を巧みに使いこなし、大学に入学してから11年あまりの歳月が流れた、7月の祇園祭の夜。斎藤は下宿のドアを蹴破って「もんどり!もんどり!」と叫びながら、闇の彼方へ駆け出して二度と戻ることはありませんでした。

現代版『山月記』を書いたのは、自意識過剰な大学生の滑稽で哀れな生態を描いたらこの人の右に出るものはいないであろう、森見登美彦氏。
人間の器が大きいのか、底抜けの阿呆なのか。斎藤秀太郎の物語には、もんどりうって笑い転げたくなります。

森見氏によって新たに命を吹き込まれた名作は、他に四篇。
映画サークルの人間模様を多視点から描いた『藪の中』(原作は芥川龍之介)。
世間から忌み嫌われることに意を介さない「詭弁論部」員の、一筋縄ではいかない歪んだ友情ドラマ『走れメロス』(同・太宰治)。
酔っていたところを介抱してやった女に、導かれるまま人気小説家になってしまった男の『桜の森の満開の下』(同・坂口安吾)。
百本の蝋燭を立てて、怪談をひとつ語るごとに火を消していくイベントでの出来事、『百物語』(同・森鴎外)。

斎藤秀太郎は、他の作品にも登場します。
永遠の文学青年に贈る一冊。

【不純文學交遊録・過去記事】
キツネにつままれる…
4・1/2の神話

(4月29日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

ロシアより“哀”をこめて

経済成長が著しい国といえば中華人民共和国インドの名が挙げられますが、忘れてはならないのがロシア連邦です。
ロシア(JETRO国・地域別情報)
原油をはじめとする原材料の国際価格が高騰するなか、資源大国ロシアはますます存在感を強めています。オイルマネーに潤う経済、そして退任後も最高権力者として影響力を行使し続けるであろうウラジーミル・プーチン大統領、これはロシア帝国の復活なのか…
ロシアの動向からは今後も目が離せません。



虚栄の帝国ロシア

好調なロシア経済を支えているのは、1500万人もの旧ソビエト連邦諸国からの不法就労者なのだそうです。
プーチン政権が、旧ソ連諸国からの出稼ぎ労働者を積極的に受け入れる政策を打ち出す一方、就労許可申請はなかなか下りず、結果として彼らは不法就労者となります。
彼らの出身国はタジキスタンアゼルバイジャンアルメニアモルドヴァなど。建設現場、フリーマーケット、清掃作業などの低賃金労働に従事しています。朝からウォッカをあおるロシア人と違って、酒も煙草もご法度のイスラム教徒は、とても勤勉との評判です。
ロシア経済の影の部分を担う彼らは、黒い髪の色とあいまって「黒い労働者」と呼ばれています。

モスクワへ向かう出稼ぎ列車の車掌は、無料で配られるはずのロシア出入国カードを乗客に売りつけます。
不法就労者を取り締まる警察官は、彼らの職場を訪れて、見逃すかわりに賄賂を要求します。
正規の雇用契約のない彼らに代わって、企業に名義を貸すことで不労所得を得ている一般のロシア市民もいます。
不法就労者たちは、あらゆる場面でお金を巻き上げられているのです。
そして、事故や病気と隣り合わせの劣悪な労働環境。また、スキンヘッドの不法移民反対運動組織も彼らの平穏な生活を脅かしています。
それでも本国の平均賃金の何倍もの収入を手にする「黒い労働者」たち。
ロシア以外の旧ソ連諸国の経済が、いかに疲弊しているかがわかります。
ロシアとは、周辺諸国からピンハネすることで経済が成り立っている、虚栄の帝国だったのです。

著者・中村逸郎氏は、モスクワ留学経験のある政治学者。
不法就労者とその雇い主、労働者の実態を見て見ぬ振りする役人、そしてスキンヘッド・グループの代表に接触するなど、ロシアの暗部に生々しく迫った渾身のレポートです。

(4月28日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
リトビネンコ氏は、なぜ殺された?
パイプラインの国際政治学
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。