2008年05月06日

御田植え祭り

【ゴールデンウィーク歴史探訪〜後編】
5月5日、午後は敦賀市へ。

otaue4.JPG

敦賀市沓見(くつみ)の「御田植え祭り」を見物しました。
男宮の信露貴彦(しらきひこ)神社と女宮の久豆彌(くつみ)神社の御幣が集落を練り歩き、その後両社で王の舞・獅子舞などを奉納します。舞い手は小学生です。
若狭湾周辺は、各地に王の舞が継承されていることで知られます。
敦賀の地名の由来は、意富加羅国の王子・都怒我阿羅斯等(ツヌガアラシト)の渡来伝承。信露貴彦神社と新羅の関係が気になります。

敦賀まで来たので、以前から興味のあった場所を訪問しました。

seimei1.JPG

敦賀市中心部にある晴明神社
その名の通り、陰陽師・安倍晴明ゆかりの地です。晴明が使ったという祈念石があります。

kanegasaki1.jpg

そして金崎宮金ヶ崎城跡
金ヶ崎城は南北朝時代に南朝方の拠点となった城。金崎宮は戦乱の犠牲となった後醍醐天皇の皇子・尊良親王と恒良親王を祀っています。
戦国時代には織田信長が朝倉軍と浅井軍の挟撃に遭い、織田軍の殿(しんがり)を努めた木下藤吉郎(豊臣秀吉)が信長の窮地を救います。そこから金崎宮は難関突破祈願の神社なんだとか。
尊良親王墓所見込地の碑を撮影した後、急に足が重くなったので、慌てて戻って碑に手を合わせました(写真は破棄)。多分、疲れていたんでしょう(笑)
山頂を目指さずに駐車場へ引き返したおかげで、激しい雨に遭わずに済みました。

写真は『不純文學交遊界』にUPしました。
不純文學交遊館・沓見 御田植え祭り




ラベル:王の舞
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 13:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 書を捨てて街へ出る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。