2008年06月16日

地球温暖化は繰り返す(前編)

6月は環境月間です。
先日、NHKは『SAVE THE FUTURE』と称して、朝から晩まで地球温暖化に関する番組を放送していました。
地球温暖化の原因は人類の文明活動によって大気中の二酸化炭素(CO2)が増加したせいであり、温室効果ガスの排出削減が国際社会の緊急課題である…日本のマスメディアはどこも同じ態度です。

しかしながら科学の世界では、地球温暖化の原因がCO2で決着がついたわけではありません。
このところ地球温暖化CO2主因説に対する懐疑論が目につくようになってきました。



地球温暖化は止まらない
S・フレッド・シンガー デニス・T・エイヴァリー 著

地球の歴史はこれまで、温暖化と寒冷化を繰り返してきました。
南極大陸やグリーンランドの氷床コアは、過去数十万年もの気候の変化を刻んでいます。そこから明らかとなったのは、地球には約1500年の気候周期があることでした。
地球に気候周期をもたらすのは、太陽の活動だと考えられます。太陽の活動に1500年周期はありませんが、87年と210年の周期があり、この二つを組み合わせた1470年周期が気候変動とほぼ一致するのです。

歴史時代に入ってからも、人類は周期的な気候変動を経験しています。
紀元前200〜紀元600年頃の温暖期は、ローマ帝国が繁栄しました。
600〜900年頃は暗黒の寒冷期と呼ばれ、民族の大移動によってビザンツ帝国は衰退しています。
900〜1300年頃の中世温暖期は、グリーンランドに文字通り緑があふれ、ヴァイキングが積極的に入植していた時代です。
1300〜1850年の間には、二度の小氷河期が訪れました。
いずれの時代も、温暖期には文明が発展し寒冷期には衰退しています。

このように過去の温暖期や小氷期の存在は、科学的に確かめられています。
ところがIPCC第3次報告書に採用された気候学者マイケル・マンの気温グラフは、近年になって急激な上昇カーブを描いていました。まるでホッケースティックのように。
マンのグラフに対し、過去の気候変動を意図的に無視しているとの批判が出されました。これがホッケースティック論争です(IPCC第4次報告書では訂正されています)。

地球温暖化が一転して、急激な寒冷化をもたらすとの説もあります。
確かに過去一度、このような現象が起きました。今から1万2千年前のヤンガードライアスは、温暖化によって融け出した北極の氷が、北大西洋海流を不安定化させたのだと考えられています。
ただし、この時は氷河期からの温暖化であって、現在の地球には当時のように大量の氷床はありません。したがって映画『デイ・アフター・トゥモロー』のような、ヤンガードライアスの再現は有り得ないのです。

過去の温暖化の原因が、化石燃料消費によるCO2増加であるはずがありません。
産業革命以前に大気中の0.028%だったCO2は、現在では0.038%に増加しています。では、それによって地球の気温はどれだけ上昇したのでしょうか?
最大の温室効果ガスはCO2ではなく、実は水蒸気です。本書はCO2の増加は地球温暖化の遅行指標であり、むしろ気温の上昇によって増加したのだとします。
また都市部のヒートアイランド現象が、観測気温を大きく上昇させていることも忘れてはなりません。

メディアの多数派は、地球温暖化CO2主因説です。
しかし科学の真理は、多数決で決めるものではありません。
地球が太陽の周りを回っていると考えたのがガリレオ・ガリレイ一人だった時代でも、正しいのは彼でした。

(続く)


注意事項


ラベル:地球温暖化
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 03:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。