2008年06月17日

地球温暖化は繰り返す(後編)

7月7日から9日にかけて開催される北海道洞爺湖サミットまで、一ヶ月を切りました。
福田康夫内閣総理大臣は、洞爺湖サミットを環境サミットと位置づけ、日本の積極的なCO2排出削減策を打ち出すものと思われます。

しかし地球温暖化の原因がCO2でないのなら、排出削減に意味はあるのでしょうか?
あるいは温暖化の原因がCO2であっても、世界が率先して取り組むべき課題は他にないのでしょうか?



地球温暖化は止まらない
S・フレッド・シンガー デニス・T・エイヴァリー 著

人類の歴史上、温暖期は文明の発展期であり、寒冷期には凶作で人口が減少して文明は停滞しました。
地球の気候は温暖期には湿潤で穏やかですが、寒冷期になると乾燥して嵐が多くなります。温暖化はむしろ人類(そして多くの生物)にとって歓迎すべき事態です。
地球温暖化は海面上昇をもたらし、暴風雨や干ばつが増加し、多くの野生生物が絶滅に至るとのシナリオが流布していますが、これら「温暖化がもたらす脅威」を本書はことごとく否定しています。
温暖化で水没するとされる国・ツバル周辺の海面は上昇しておらず、浸水の原因は過剰な砂の採掘にあるそうです。
温暖化によるサンゴの白化は、新たな共生藻と適応する準備であって、サンゴの死ではないといいます。

地球温暖化は自然現象であるというのが本書の主張です。
CO2は温室効果ガスですから、その増加が地球の温暖化を促進することは間違いないでしょう。そして産業革命以降の人類の経済活動が、大量のCO2を排出し続けていることも事実です。
とはいえ現在の地球の平均気温の上昇のうち、どこまでが自然現象で、どこからが人為的要因(ヒートアイランドを含む)なのかはハッキリしません。

私はCO2の排出削減自体には賛同します。地球が温暖化していようがいまいが、化石燃料の埋蔵量は有限だからです(取り組むべきは省エネルギーであって、排出権取引ではありません)。
人類が直面するもうひとつの課題は、食糧危機です。穀物からのバイオ燃料製造は食糧不足を招き、森林を破壊します。
ある国にとって海面上昇が差し迫った問題ならば、CO2の削減以前に海岸線に堤防を築くべきでしょう。都市のヒートアイランドもまた、放置できない問題です。
地球温暖化よりも優先すべき課題は数多くあります。

地球温暖化CO2主因説への懐疑論は、京都議定書に対する産業界の反発や、CO2削減が思うように進まないことから生まれた抵抗運動に過ぎないと思われる方もいらっしゃるでしょう。
確かに著者の一人、エイヴァリーはアメリカの保守系シンクタンクに所属しています。
しかし一方のシンガーは、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)のメンバーなのです。

『地球温暖化は止まらない』という邦題は、CO2を削減しない限り地球温暖化は止まらないとか、地球はこのまま一方的に温暖化し続ける主張だと誤解を招く気がします。私は『地球温暖化は繰り返す』がふさわしいと思いますが、いかがでしょうか。
1500年周期説では、この先地球が寒冷化することもありえます。そのための対策も地球温暖化と同様に考えておかねばなりません。

一時期オゾンホールの出現が騒がれましたが、今では誰も話題にしなくなりました。
現在の地球温暖化狂騒も、いずれ昔話となるでしょう。

(6月9日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
・地球温暖化については
マイナス6%の覚悟
地球の現代史・不確かな真実V
不確かな真実U
不確かな真実
悲観も楽観も、いけません。
・太陽が地球にもたらすエネルギーについては
スーパースターBest20


注意事項


ラベル:地球温暖化
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:21| Comment(12) | TrackBack(0) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。