2008年06月22日

ふたつの法隆寺

現存する世界最古の木造建築物、法隆寺。1993年、日本で最初の世界遺産に登録されました(姫路城・屋久島・白神山地と同時)。

法隆寺は聖徳太子によって607年に創建されましたが、670年に焼失したと伝えられています。再建・非再建をめぐって長く論争が繰り広げられましたが、創建当時の遺構とみられる若草伽藍の発掘、木材の伐採年代測定から、現存する法隆寺は再建されたとするのが定説です。



法隆寺の謎を解く 武澤秀一著

法隆寺の謎を探ることは、聖徳太子の人物像にも迫ることとなります。
哲学者・梅原猛氏は、法隆寺は非業の死を遂げた聖徳太子の怨霊を封じ込めた場所であると唱え、一大論争を巻き起こしました。法隆寺の中門には中央に柱が立っていますが、これは法隆寺だけの特徴であり、怨霊が出てくるのを防ぐ意図があると梅原氏は考えたのです。
梅原氏の『隠された十字架』に対し、柱の存在には別の意味がある、怨霊信仰が成立したのは後の時代である、などと反論が出されました。しかし、法隆寺だけに柱が存在する理由は全く説明できていません。

建築家の武澤秀一氏は、中門の柱が存在する理由を美的観点から説明しています。
初期の寺院は、同じく聖徳太子の創建になる四天王寺のように、門・塔・金堂・講堂がタテ一直線上に並ぶ左右対称の伽藍配置を採っていました。旧法隆寺である若草伽藍も、四天王寺と同じレイアウトになっています。
再建された法隆寺は五重塔と本堂が左右に並ぶ、非対称の伽藍配置です。大きさ・形が全く異なる建物を並べて視覚的バランスを取るのは困難を極めます。そこで視線の焦点となって構図を引き締めるのが、中門中央の柱なのです。
武澤氏はヨコ並び伽藍配置のルーツを、天皇家による最初の寺院・百済大寺(吉備池廃寺)に求めています。

柱が怨霊封じであることを否定した武澤氏ですが、法隆寺再建に隠された政治的な意図まで否定したわけではありません。
旧法隆寺である若草伽藍は、聖徳太子の邸宅・斑鳩宮と並行して建てられました。ともに真北から20°西へ向いています。ところが再建された法隆寺は向きを変え、起伏のある地形を整地してまで敷地を移動しています。そのうえ伽藍配置まで変わっているのです。
創建時からの本尊とされる釈迦三尊像に火災の跡が全く見られないことから、現在の法隆寺は若草伽藍が存在した頃から建造が始まっていたとも考えられます。

法隆寺の「再建」が始まったのは、天智天皇の時代です。
天智天皇の父は舒明天皇、母は皇極天皇。いずれも聖徳太子の子・山背大兄王を退けて皇位に就いています。天智天皇による第二の法隆寺の創建は、いまだ民衆の思慕の厚い上宮王家の痕跡を消し去り、自らの王統の正統性を示すためのデモンストレーションだったのでしょうか。
そして必要のなくなった隣の若草伽藍は、故意に破壊された…?

わが子・大友皇子が皇位を嗣ぐことを願った天智天皇ですが、それは叶わず、壬申の乱によって弟の天武天皇が即位しました。
天武天皇の時代になって建てられた薬師寺は、中央に金堂があって左右に二つの塔を配する、新羅式のシンメトリーレイアウトです。天武天皇は法隆寺に認められた権益を廃止しており、五重塔の再建工事に長期の中断があったのは、そのせいかもしれません。ここに明らかな王権の政策転換が見て取れます。天武天皇の曾孫・聖武天皇が建てた東大寺もまた、薬師寺と同じく左右対称となっています。

壮麗な寺院建築は、権力者のモニュメントでもあります。
伽藍配置の変遷と皇位継承との関連は、建築家ならではの慧眼です。

(6月22日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
・法隆寺の仏像について
秘仏封印
女帝・かぐや姫
・若草伽藍20°の傾きについて
日本のルーツを求めて


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:32| Comment(12) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。