2008年07月13日

温暖化詐欺にご用心!(前編)

7月7日は七夕。
北海道の洞爺湖に、世界のリーダーたちが集結しました。
地球温暖化は深刻だ、二酸化炭素を削減せねばならないと。
私は星に願いました。
どうか人類が間違った方向へ進みませんように…

「地球温暖化に異論を唱えているのは、学界で非主流派のトンデモ科学者ばかりじゃないの?」とお思いのあなた。
「実際に北極では、温暖化による数々の異変が起きている。科学者は現場を見ていないのでは?」とお疑いのあなた。
これからご紹介する赤祖父俊一氏は、アラスカ大学国際北極圏研究センターの所長を務めた、北極圏研究・地球電磁気学研究の世界的権威なのです。



正しく知る地球温暖化 赤祖父俊一 著

温暖化の影響が最も強く現れる北極を、赤祖父氏は世界の誰よりも熟知しています。
それに赤祖父氏は「地球温暖化」に異論を唱えているのではありません。
地球は温暖化しています!
しかし現在進行している温暖化のほとんどは、二酸化炭素の増加が要因ではないのです。
地球温暖化は、人類が化石燃料を大量消費する以前から始まっています。
現在に至る地球の平均気温の上昇傾向は1800年頃から見られますが、人為的な温室効果ガスの排出増加が顕著となるのは第二次世界大戦後の1946年以降です。
その間、1910年代から1940年代には温暖化、1940年から1970年には寒冷化しています。これらには二酸化炭素の増加との相関はありません。

地球の温暖化や寒冷化は、過去に何度も起こっています。
西暦1000年頃の中世は温暖期でした。紀元前500年頃と紀元前1000年頃は現在よりも暖かく、現在の温暖化が異常とはいえないことを示しています。
そして1400年頃から〜1800年頃、地球は小氷河期にありました。当時の絵画には、現在は凍ることのないロンドンのテムズ川でスケートをする人たちが描かれています。このような寒冷化の記録は、世界各国の史料に残されています。
現在の温暖化は、小氷河期からの回復現象とみることができます。地球温暖化の動かぬ証拠とされる氷河の後退も、実は1800年頃から始まっているのです。

しかしIPCC(気候変動に関する政府間パネル)の報告書に載せられた気温変化のグラフは1900年ごろから急上昇を描き、過去の温暖化は無視されていました。これが悪名高い「ホッケースティック」グラフです。
二酸化炭素の増加による地球温暖化を主張するIPCCのコンピュータ・シミュレーションには、過去の気候変動は考慮されていません。前提が間違っていれば、コンピュータが導き出す結果が正しいとはいえないのです。
IPCCは学会ではありません。IPCCはイギリスの科学者たちが国連に組織した機関ですが、背景にはイギリスにおける原子力発電の促進があったとされます。

1800年頃から現在に至る直線的な気温上昇の勾配は、100年間で0.5℃。これは自然変動によるものと考えられます。IPCCは、二酸化炭素の増加によって過去100年間で0.6℃気温が上昇したと推定しています。
気温上昇の自然変動を同定し、それを現在進行中の温暖化から差し引かねば、二酸化炭素の増加による温室効果を求めることはできません。現在の温暖化の6分の5は自然変動で、二酸化炭素の増加によるのはわずか6分の1なのです。
赤祖父氏は、自分の研究に対する批判は喜んで受けると発言しています。科学に論争は付き物です。論争することによって科学は進歩します。

本書は未解明の自然現象について論じることを避け、厳密な審査を受けて専門誌に発表された豊富なデータをもとに、現在の地球が小氷河期からの回復期であることを証明しているのです。

(続く)


ラベル:地球温暖化
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:05| Comment(8) | TrackBack(0) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。