2008年07月14日

温暖化詐欺にご用心!(後編)

海へ向かって崩落する氷河や、永久凍土上の傾いた家屋。
地球温暖化の危機を訴える映像を求めて、日本のマスメディアはアラスカの赤祖父氏のもとへやって来ます。
しかし氷河の崩落は、北極圏で日常的に起こっている現象です。永久凍土の上に直接建てられた住宅は、暖房によって氷が融けて崩壊したのでした。
海氷に乗って漂流するホッキョクグマの映像は、氷床の縮小によって生活圏が奪われたホッキョクグマが絶滅に瀕しているのだと訴えます。しかしホッキョクグマは、現在よりも温暖な時代をも生き延びてきたのです。
マスメディアには、地球温暖化に関する誤った情報が溢れています。温暖化によって台風やハリケーンが増えたというデータもありません(ハリケーンの被害額が大きくなったからといって、ハリケーンの風力が強くなったわけではない)。



正しく知る地球温暖化 赤祖父俊一 著

二酸化炭素の増加によって地球が温暖化したのではなく、地球の温暖化によって二酸化炭素が増加したのだとする研究もあります。
しかし20世紀半ばからの二酸化炭素の増加が、人為的要因であるのは間違いないでしょう。たとえ二酸化炭素の増加が地球温暖化に与える影響がわずかだとしても、このまま一方的に大気中の二酸化炭素が増え続けて良いとは思いません。
また化石燃料の埋蔵量は有限であり、地球が温暖化する・しないに関わりなく、エネルギー消費は削減すべきです。

食糧危機、水不足、森林破壊、エイズなどの感染症、新興国の大気汚染…これらは地球温暖化の影響で将来起こるとされる問題ではなく、すでに目の前で起こっています。世界には人類が優先して取り組むべき課題が、他に数多くあるのです。
地球温暖化の原因が二酸化炭素ではなく自然変動だとしたら、なおさらのこと。人類は地球の気候システムに、力ずくで立ち向かえとでも言うのでしょうか。自然変動による温暖化には、順応するしかないのです。
二酸化炭素の排出削減は、省エネルギーに取り組みましょうと言えば済むことです。排出権をめぐる合意に至らない国際会議に、時間と資金を浪費している場合ではありません。取り組むべきは持続可能なエネルギー資源の開発なのです。
北海道洞爺湖サミットは、世界各国が長期的な温室効果ガスの削減目標を共有することで合意し、具体的な数値目標は盛り込まれませんでした。
具体的な成果がなかったことを、大きな成果だったと評価すべきでしょう(笑)

私は反エコロジストではありません。
地球温暖化を科学的に論じるべきだと訴えています。
そして誤った環境政策に、国益が浪費されることを憂えているのです。
国益とは国家の威信でも、政治家や官僚の利権でもありません。わたしたち国民ひとりひとりが納めた税金なのです。
日本の政界には、地球温暖化の科学的根拠に疑問を感じる政治家はいないのでしょうか。日銀の総裁人事にあれほど抵抗した野党からも、温暖化対策そのものへの異論の声は聞かれません。
そして今日もマスメディアは、地球温暖化の危機をひたすら報じています。

本書は「地球温暖化プロパガンダ」が多用する、氷河の崩落やホッキョクグマの映像ほどには解り易くないかもしれません。
しかし、わずか180ページの気軽に読める本です。
世界のアカソフが迷える日本人へ向けたメッセージを、是非お読みください。
ひとりでも多くの日本人が、地球温暖化の真実に目覚めることを願っています。

(7月7日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
温暖化詐欺にご用心!(前編)
地球温暖化は繰り返す(前編)
地球温暖化は繰り返す(後編)
マイナス6%の覚悟
地球の現代史・不確かな真実V
不確かな真実U
不確かな真実
悲観も楽観も、いけません。


ラベル:地球温暖化
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:38| Comment(22) | TrackBack(0) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。