2008年07月20日

いつか石油が無くなる日

今年(2008年)1月、ニューヨークの原油先物市場価格は史上初めて1バレル=100ドルを突破しました(1バレル=158.987295リットル)。
7月に入って原油価格は、ついに145ドルを記録。このところ下落しているものの、依然として高い状態にあります。

原油高の背景には商品市場への投機マネーの流入、新興国の経済成長による石油需要の伸びが挙げられます。今のところ、石油が不足しているわけではありません。
しかしながら近い将来、石油の生産量が頭打ちになり、需要の伸びを満たせなくなる日が来るとの予測があります。それがピークオイル論です。



地球最後のオイルショック デイヴィッド・ストローン 著

石油産出量がピークに達すると、その後減少に転じ、二度と上昇することはない。
ピークオイル論は、1956年にマリオン・キング・ハバートが米国石油協会で発表した論文に端を発しています。ハバートの予言どおり、アメリカの石油産出量は1970年以降、減少に転じたのでした。
ピークオイルは石油の枯渇ではありませんが、石油の埋蔵量の半分が採掘されたことを意味し、その後は石油を増産することは不可能です。
石油業界は既にピークオイルが近いことを認識しており、それは2010年代の半ばに訪れると考えられています。

石油に代わるエネルギーを手に入れることは、人類の大きな課題です。
水素・風力・太陽光などの研究がなされていますが、水素の生産には大量のエネルギーを消費し、風力で電力をまかなうには膨大な数の風車、太陽光発電には想像を絶する面積のソーラーパネルが必要となります。代替エネルギーに対する本書の展望は、かなり否定的です。
石油は燃料のみならず、原料(プラスチック)としても広く用いられています。植物からプラスチックを製造することは可能ですが、それには大量の穀物を転用することになり、バイオ燃料と同じ問題を抱えることになります。
農業生産に石油が欠かせないことも、忘れてはなりません。現代文明は、石油なしに成り立たないのです。

著者デイヴィッド・ストローン氏はイギリスのジャーナリストで、本書の執筆にあたり世界の石油関係者170余名に取材したといいます。イラク戦争の舞台裏から代替エネルギーの展望まで、石油をめぐる世界の動きを追った読み応えのある一冊です。
埋蔵量の豊富な石炭や天然ガスの利用は、石油よりも二酸化炭素の排出量が増えるから良くないとの主張は、いかにもIPCC発祥の地であるイギリスの人ですね(笑)

食糧・エネルギー問題は、地球温暖化よりもはるかに重要です。
いまも地球の人口は増え続けており、新興国の経済成長によりエネルギー消費は増加の一途をたどっています。
人類の歴史の大部分は、化石燃料なしでやってきました。化石燃料が枯渇しても人類は生きて行けますが、維持できる人口はかなり少なくなるでしょう。
文明を永続させるためには、もしかすると人類の二人に一人は安楽死を選択せざるを得ない時代がやって来るのかもしれません。
あるいは、人類はこのままエネルギーを過剰に消費し続け、狂乱のさなか滅亡に至るというバタイユ的世界観も、私は否定しませんが。

(7月20日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
パイプラインの国際政治学
よ〜く考えよう、石油は大事だよ♪


続きを読む


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:55| Comment(14) | TrackBack(3) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。