2008年07月31日

新型プリウス・スクープ写真【エクステリア】

【次期プリウス】最新スクープはこちら




2009年春にフルモデルチェンジが予定されている次期型(3代目)プリウスのスクープ写真をいち早く紹介した『不純文學交遊録』。
第一号スクープ写真は後ろ姿でしたが、ついに新型プリウスのフロントビューが捕捉されました。『WorldCarFans』の記事です。
Toyota Prius Shows Next Gen Body for First Time

ボディ全体が偽装されているのでヘッドライトの形状は判りませんが、プロジェクター型のユニットがいくつか並んでいます(LEDではなさそう?)。
当時、LEDヘッドライトはレクサスLS600hが採用する3連式しかなく、テスト車は2連式だったのでLEDではないと思いましたが、のちに低コストな2連式LEDヘッドライトが実用化されたことを知りました。

ウインカーはバンパー埋め込み式のようです。フロント中央部がフォルクスワーゲン・ゴルフGTIのように黒いのは、何の車種か判らないようにするための偽装でしょう。
アルミホイールは、以前紹介したテストカーと同じデザインです。スポーツグレードに17インチが採用されるのは確実。生産は光生アルミニューム工業が担当します。
トヨタの新型プリウス 苫東でホイール生産 光生アルミ

テストカーのサイドビューを見ると、4輪ディスクブレーキになっています。現行プリウスの後輪は、燃費に配慮してドラムブレーキ(ディスクブレーキだと引きずりが発生するため)。ちなみに現行型でも、欧州仕様は4輪ディスクブレーキを採用しています。
サイドウィンドウのグラフィックは、前後の三角窓をカバーして現行型のように見せかけていますが、実際にはフロントの三角窓はもっと前まで伸びています。新旧を判別する特徴的な部分なので、隠しているのでしょう。
全体がカモフラージュされており、このままのボディラインでデビューするとは言えませんが、リアウィンドウが平面的であることからも、現行型よりは直線的なスタイリングであると思われます。

当blogは書物との交遊の日々を綴っているのですが、最も多い検索ワードは「プリウス」です。次期プリウスへの余りの関心の高さに、納期がどのくらい掛かるのか早くも気になってきました。
7月25日の『日刊工業新聞』によれば、新型プリウスの生産体制は07年比70%増の月間4万台で、さらなる増加にも備えるとのこと。これでひとまず安心…
トヨタ、新型「プリウス」の生産増へ生産体制再編

プリウスの型式は初代前期型が「NHW10」、初代後期型が「NHW11」、現行型が「NHW20」です。NZ型エンジンのハイブリッドにプリウスのシャーシ形式「XW」で「NHW」となります。
最新ハイブリッドモデルのレクサスLS600hは「UVF45」。これはUR型エンジンのハイブリッドにLSを示す「XF」の組み合わせ。エンジン型式の末尾が「R」のハイブリッドの場合、真ん中の文字は「V」になるようです。
次期型プリウスのエンジンが1.8リットルの2ZR型であるならば、型式は「ZVW30」になると思われます。

【不純文學交遊録・過去記事】
新型プリウス・スクープ写真【2008年7月】
新型プリウス・スクープ写真【2007年9月】
新型プリウス、発売延期。
続報…新型プリウス?「ハイブリッドX」
新型プリウス?「ハイブリッドX」


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:08| Comment(6) | TrackBack(2) | 不純自動車交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。