2008年08月24日

哲学の不可能性について

2008年6月8日、東京都秋葉原の歩行者天国で7人が犠牲となる通り魔事件が発生。
容疑者が派遣社員であり、携帯サイトの掲示板に職場での不満を書き込んでいたことから、事件の背景に格差社会があるとの論調も見られました。

市場原理主義を標榜する新自由主義(ネオリベラリズム)が格差社会を生み出し、新自由主義者たちは「負け組」が反体制的にならないよう街中に監視カメラを設置したり、愛国心教育で国民を洗脳しようとしている。悪いのは「ネオリベ化した世界」「ネオリベ的な日常」だ…
このような思わせぶりな言説が氾濫する風潮に、違和感を表明しているのが仲正昌樹氏です。
「ネオリベ」という言葉を民営化や規制緩和の是非という文脈で用いるのは良いのですが、社会学者や思想家が「ネオリベ化した世界」という場合、明らかに経済政策論議の範疇を逸脱しています。こうした真っ当な指摘をすると「現実が見えていない」「ネオリベに洗脳されている」と批判される、これではまるで宗教です。



〈宗教化〉する現代思想 仲正昌樹 著

実は哲学・思想そのものが、限りなく宗教と紙一重であることを論じたのが本書です。
では「哲学」と「宗教」はどう違うのでしょうか?
「宗教」は、人生や世界についての深遠な問いに究極の答えを示し、それを信ずることを要求します。一方の「哲学」は、人々が無条件に常識と信じていることに疑問を呈し、どこまでも問いの可能性を開くことを特徴とします。信じようとする「宗教」に対し、疑おうとするのが「哲学」です。
ところが、常に問いを発し続ける哲学もまた「真理」を求めています。真理への無限の探求が哲学であるのに、真理を固定化してしまっては宗教と変わりがありません。

プラトン以降の西欧哲学の歴史が、いかに疑似宗教化の危険と隣り合わせであったか、本書は延々と論じ続けます。
特にマルクス主義とキリスト教との類似性は、徹底的に示されています。資本主義社会が革命によって必然的に共産主義社会へ移行するとの主張は、キリスト教的な終末思想そのものです。
そういうわけで本書は真面目な西洋思想史の本であり、タイトルから想像されるように、日本の思想・言論界の現状がいかに宗教的であるかという本ではありません。
ちょっと残念…

(8月24日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
なんだったんだ?ゲンダイシソウ
パブロフの犬の遠吠え
本当の“リベラリズム”


続きを読む


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:01| Comment(11) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

新型プリウス・スクープ写真【インテリア】

【次期プリウス】最新スクープはこちら




2009年にフルモデルチェンジが予想される、次期型(3代目)プリウス
エクステリアに続いて、インテリアの写真もスクープされました。
Spies Catch First Interior Shot of Next Generation Toyota Prius
インテリア拡大画像

ステアリング中央のトヨタエンブレムは隠されていますが、特徴的なシフトレバーは紛れもなくプリウスのもの。
現行(NHW20型)プリウスにお乗りの方はご存知でしょうが、プリウスに採用されているエレクトロシフトマチックは、シフトするとレバーが自動的に中心に戻るようになっています。シフトパターンも現行型と同じようです。
残念ながら、この写真では「P」スイッチがどこにあるのか判りません。おそらく(ステアリングに隠れた)ハザードスイッチの反対側の場所でしょう。

現行型との大きな違いは、シフトレバー位置がステアリング脇からセンターコンソールへ移動したこと。センターコンソールは宙に浮いた形状(フライングバットレス)で、オーリスブレイドに良く似ています。初代からのプリウスの利点だった、サイドウォークスルーは出来なくなりました。
初代プリウスはセダンの常識を破るアップライトなパッケージングで、コラムシフトの採用と相まってサイドウォークスルーを可能にしました。現行プリウスも、バイワイヤ方式のエレクトロシフトマチックによってシフトレバーを小型化し、広々としたフットスペースを実現しています。
そうなるとエレクトロシフトマチックの利点を生かしていない、新型のパッケージングは後退?(普通のクルマに近付いたとも言えますが…)

残念なのはEMV(エレクトロマルチビジョン)の位置が、現行型よりも低くなっていること。ナビはともかく、これではエネルギーモニターが見づらいではないですか!(モニターが見えないと、燃費に影響します)
エネルギーモニターが、クラウン・ハイブリッドのようにメーターパネル内にも表示されるのならば、問題ありませんが。

普通のクルマに近付いた、新型プリウスのインテリア。
これはマニュアルミッションが主流でスポーティなクルマを好む、ヨーロッパ市場を意識しているのではないかと思います。
現行プリウスはアメリカ市場で大成功を収めましたが、高性能ディーゼル車が揃うヨーロッパ市場での評価に、トヨタは満足していないはず。アウトバーンでの長時間におよぶ高速走行は、加速力がバッテリー残量に左右されるハイブリッド車にとって不利な環境です。エンジンが1.8リットルに排気量アップされるのは、モーターに頼らずに高速性能を改善するためでしょう。
コンセプトカー・ハイブリッドXが最初に披露されたのはスイスのジュネーブショーで、デザインはフランスにあるEDスクエア(トヨタ・ヨーロッパ・デザイン開発)でした。
ヨーロッパ市場での名声を確実にすること、これが次期プリウスに課せられた最大の使命なのでしょう。

【不純文學交遊録・過去記事】
新型プリウス・スクープ写真【エクステリア】
新型プリウス・スクープ写真【2008年7月】
新型プリウス・スクープ写真【2007年9月】
新型プリウス、発売延期。
続報…新型プリウス?「ハイブリッドX」
新型プリウス?「ハイブリッドX」
ハイブリッドは世界を制すか


続きを読む
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:01| Comment(6) | TrackBack(1) | 不純自動車交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

陰陽師・明智光秀

天下統一を目前にした織田信長が、明智光秀の謀反に遭って生涯を閉じた本能寺の変は、その真相をめぐっていまだ議論が絶えません。

ふと何か変わった小説が読みたくなり、当blogで何度か紹介した神道・陰陽道研究家の戸矢学氏が、小説も書いていたことを思い出しました。
彼の作品の主人公は明智光秀。智略に優れ有職故実にも通じた光秀は、実は天才的な陰陽師だったという物語です。
一介の浪人に過ぎなかった光秀の前半生は、謎に包まれています…



天眼 戸矢学 著

ときは今 あめが下しる 五月かな
これは光秀が、本能寺の変の決意を詠んだ歌だと言われています。
「時」はチャンスというだけでなく「土岐」、つまり土岐氏(清和源氏で美濃国守護)の末裔である明智光秀が天下を取るという意味が込められているとの解釈です。

戸矢氏が描く光秀は、東漢(やまとのあや)氏の出身となっています。
東漢氏の祖は渡来人・阿智使主(あちのおみ)です。蘇我氏に仕えて崇峻天皇を暗殺した、東漢直駒(やまとのあやのあたいこま)が知られています。光秀の豊かな教養は、渡来人技術者集団の秘伝に由来するとの設定です。物語において光秀は、まず朝廷の陰陽寮に出仕する「阿智桃丸」という名で登場します。

明智光秀は山崎の戦いで死なず、僧侶・天海となって徳川家康のブレーンを務めたとの伝説があります。
本書も「光秀=天海」説に基づいています。小説等でよく使われるモチーフであり、目次にも書かれているので、ネタバレのうちには入らないでしょう。

さて物語の読みどころは、やはり本能寺の変へと至った真相です。これまで怨恨説、野望説、黒幕説などが唱えられてきました。
個人的な怨恨のエピソードは後世の創作の疑いが強い一方、計画的であったにしては余りにあっけない光秀の最期。
戸矢氏はどう描いたのか、これは読んでのお楽しみ。決してぶっ飛んだ動機ではなく、過去に提出された説を踏まえています。

本作品のどこまでを史実として、どこからをフィクションとして書いたのか、非常に気になる一冊です(もしかして全部?)。

(8月16日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
邪馬台国は、ここにある。
消えた(消された?)神様
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 12:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

地球寒冷化に備えよ!

暑いですね。連日30℃を超す真夏日。
こう暑い日が続くと、また「地球温暖化のせいだ」との声が聞こえてきそうです(笑)
そうです。地球は温暖化しています。
しかしながら私は、過去の地球に太陽活動と相関していると見られる気候変動があったこと、二酸化炭素は大気中の0.038%でしかないことから、二酸化炭素を地球温暖化の主犯と断定することには疑問を持っていました。
さらに最近では、京都議定書と排出権取引に対する不信が加わりました。人類には、地球温暖化よりも優先して取り組むべき課題が数多くあるはずです(省エネルギー、代替エネルギー開発、食糧危機、人口増加、大気汚染…など)。



『地球温暖化』論に騙されるな! 丸山茂徳 著

「地球温暖化に異論を唱えるのはマトモな学者か?」とお疑いの方のために、今回ご紹介する丸山茂徳氏は紫綬褒章を受章した地質学者であることを記しておきます。
それから丸山氏は「地球温暖化」にではなく「地球温暖化CO2主犯説」に異論を唱えているのです。お間違えのないように。

現在、地球の気温が上昇しているのは確かです。その要因として、太陽活動の活発化が考えられます。しかし地球温暖化の要因はひとつではありません。
本書は気候変動の要因として、以下のものを挙げています。
・太陽の活動度
・地球磁場と宇宙線
・火山の噴火
・地球の軌道(ミランコビッチ・サイクル)
・温暖化ガス
二酸化炭素の増加による温室効果を、丸山氏は否定していません。
大気中の二酸化炭素の割合は0.04%で、現在年1〜1.4ppm(ppm=100万分の1)増えています。ただし、二酸化炭素が毎年1ppm増えることによる地球の平均気温の上昇は、わずか0.004℃なのだそうです。
人類が排出する二酸化炭素の量は増え続けているにもかかわらず、1940年から1970年にかけて気温の低下傾向が見られたことは、ご存知の方も多いでしょう。

地球の磁場の影響を重視しているのが、丸山氏の論の特徴です。
地球の磁場が弱くなると、地球に降り注ぐ宇宙線の量が増えます。宇宙線が増えると雲が増え、雲が増えると地表の温度は下がるのです。近年、地球の磁場は急激な低下傾向にあります。
さらに2000年頃から、太陽黒点の減少が観測されています。つまり、今後は太陽活動の低下が予想されます。
太陽活動の低下と地球の磁場の減少から導き出されるのは、地球の寒冷化です。
気候が寒冷化すると、農作物の生産に大きな打撃を与えます。地球の人口が増え続ける一方で、寒冷化によって食糧が不足したら、待っているのは戦争です。これは人類の歴史が示しています。

地球はこのまま温暖化し続けるのか、それとも寒冷化に向かうのか…
決着は10年以内につく!」と丸山氏は断言します。
2008年、既に寒冷化の兆候は観測されているそうです(エピローグより)。
本書は地球環境と生物の進化、気候変動と文明の盛衰にまで言及した、読み物としても非常に面白い一冊です。ただ、ちょっと「飛ばし過ぎ」の感は否めません…
巻末に文献リストがあると、より科学書らしい体裁になって信憑性が増したのではないかと思います。

(8月14日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
温暖化詐欺にご用心!(前編)
温暖化詐欺にご用心!(後編)
地球温暖化は繰り返す(前編)
地球温暖化は繰り返す(後編)
マイナス6%の覚悟
地球の現代史・不確かな真実V
不確かな真実U
不確かな真実
悲観も楽観も、いけません。
ラベル:地球温暖化
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:52| Comment(14) | TrackBack(2) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

法隆寺は中世建築?

世界最古の木造建築である、世界遺産・法隆寺。
外国人に法隆寺を「古代の建築」と紹介したら、「中世の寺院ではないのか」と聞きとがめられた…そう語るのは井上章一氏。『霊柩車の誕生』、『美人論』、『パンツが見える。』などのユニークな著作で知られています。

海外の研究者には、法隆寺は鎌倉時代に再建されたと思われているのでしょうか?
そうではありません。法隆寺の創建は607年、火災によって再建されたのは670年頃だとされています。聖徳太子の時代、7世紀は中世であるというのが西洋史の常識なのです。



日本に古代はあったのか 井上章一 著

日本史では鎌倉幕府の成立を以って中世とし、江戸時代を近世と呼ぶのがならわしです。西洋史では西ローマ帝国が滅亡した476年以降を中世、ルネサンス以降を近世とするのが一般的です。中国史には漢までが古代、唐までが中世、宋からを近世とする見方があります。
「古代」日本と交流のあった隋・唐は中世国家である…そうなると日本の歴史は、世界の歴史と千年近くもズレている(遅れている?)ことになるのでしょうか。

そうではなく、平城京・平安京が「中世」の唐の都城を模して築かれたのであれば、奈良・平安時代もまた「中世」と呼ぶべきではないかということです。
中世を封建制度(すなわち土地恩給に基づく主従関係)の時代と定義すれば、荘園を支配していた平安貴族も封建領主と呼びうる存在です。蘇我氏や物部氏が領地を支配しながら朝廷に参画していた飛鳥時代もまた、中世的な時代だったのではないでしょうか。天皇が土地と人民を支配する律令制度は、その間の一時的な国家形態に過ぎないと。
そう考えると日本史の中世は、世界史の中世と一致します。

日本の中世の始まりを、世界史にあわせて邪馬台国の時代から古墳時代だとすると、日本にはローマ帝国や秦・漢帝国に相当する古代国家がありません。つまり日本に「古代」はなかったとするのが、井上氏の主張なのです。
鎌倉時代から中世が始まったとする説が根強い背景には、関東に武家政権が生まれたことを特別視する東京優位史観、さらには東京大学と京都大学の学閥争いがあることを指摘しています(ちなみに井上氏は、京都市生まれの京大卒)。
日本史をグローバルな視点から捉えることで、今までとは違った歴史観が生まれてくる面白さがあります。

本書は角川選書の一冊。選書には新書よりもお堅いイメージがありますが、井上氏の軽妙な語り口は300ページを飽きさせずに読ませてくれます。

(8月13日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

K/T

地球が誕生して46億年。その間、地球上の生物種の大半が失われる大量絶滅が何度もありました。
なかでも、全生物の90%が失われた2億5000万年前のペルム紀末の大絶滅、恐竜が滅んだ6500万年前の白亜紀末の大絶滅がよく知られています。前者は古生代と中生代、後者は中生代と新生代を隔てる、地球史上の大きな分岐点です。
ペルム紀と三畳紀の境界をP−T境界、白亜紀と第三紀の境界をK−T境界と呼びます。

今日は福井県立恐竜博物館の2008年特別展『絶滅期の恐竜と新時代の生き物たち』を見て参りました。白亜紀末の恐竜たちと、第三紀の哺乳類化石の展示です。
興味深かったのは、多種多様なアンモナイトの化石。大きなものは直径1mもあります。すべてが巻貝の形ではなく、角のように尖った種類やらせん状にねじれた種類もいました。アンモナイトは恐竜とともに絶滅しましたが、アンモナイトに良く似たオウムガイは今日まで生き残っているのが不思議です。何が両者の明暗を分けたのでしょうか?
第三紀の化石でもっともインパクトがあったのは、哺乳類ではなく、体高2mもの巨大な鳥類ディアトリマです。ダチョウのように大地を走り、哺乳類を襲っていました。恐鳥類の名にふさわしい威容です。化石には、骨折が治癒した跡が残っていました。

今回の特別展は撮影禁止でしたので、写真はございません。それ以外の写真は不純文學交遊館・恐竜博物館をご覧ください。

【不純文學交遊録・過去記事】
恐竜はなぜ鳥になった?
スーパーサウルスは存在し得ない?!
スーパーサウルスは存在し得ない?!…U
図鑑の誘惑

福井県立恐竜博物館
ラベル:恐竜
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 書を捨てて街へ出る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

名探偵「星の君」

私がこれまで交遊したミステリ小説で、最も独創的かつ最も許せないトリックを用いた作品は、小森健太朗氏の『ローウェル城の密室』です。
少年と少女が中世ヨーロッパを描いた漫画の世界に入り込み、王城で起こった密室殺人事件に遭遇するというもの。史上最年少の16歳で、江戸川乱歩賞の最終候補作となりました。
小森氏は東京大学卒。ミステリ作家としては寡作な部類に入るのでしょうが、神秘思想に造詣が深く翻訳書もいくつか出しています。

『ローウェル城の密室』には、知を司る「星の君」なる女性が登場し、延々と密室講義を繰り広げます(実際に作品で用いられたトリックは、密室講義が全く意味をなさない「独創的」なものでしたが…)。
その「星の君」を彷彿とさせる人物が、探偵役を務める作品が『星野君江の事件簿』です。



星野君江の事件簿 小森健太朗 著

7つの事件が収められた短編集。
チベット、インドを舞台にした事件では、異国の風土ならではのトリックが登場します。
抜群の推理能力を発揮して真相に到達する星野君江嬢ですが、事件は彼女のあずかり知らぬところで解決している…というオチがたびたびあって、笑えます。

本書には、実際に小森氏が遭遇した不思議な出来事に基づいた作品が含まれています。
池袋駅近くのトイレで、一時間半以上にも渡って同じ位置で立ち続ける男子中学生。誰かを見張っているのかと思いきや、その位置から外の景色を見ることはできず、トイレの外から彼の姿を確認することもできません。小説の結末は、小森氏の想像です。
1994年頃の出来事だそうです。小森氏はより合理的な解決案、あるいは事の真相を知っている方を募集しています。
みなさんも考えてみてはいかがですか?

(8月11日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

ハリー・ポッター、最後の戦い(下)

いよいよハリーヴォルデモートの最終決戦。

ハリー、ロンハーマイオニーは、ヴォルデモートが自らの魂を分割して保管した「分霊箱」を探し出して破壊すべく、旅を続けます。
旅の過程で三人は、魔法界に伝わる三つの秘宝の物語を知ります。ヴォルデモートは秘宝のひとつ、無敵の杖(ニワトコの杖)を我が物にしようと画策しているようです。
ハリーたちがなすべきことは分霊箱の破壊なのか、それともヴォルデモートに先んじてニワトコの杖を手に入れることなのか…

ヴォルデモートは、ハリーが分霊箱を探し回っていることに気付き始めました。
やはり分霊箱はホグワーツに隠されている…ハリーたちは、死喰い人の支配下に入ったホグワーツ魔法魔術学校へ戻ります。
待ち構えるヴォルデモート。遂に戦いの火蓋が切って落とされました。



ハリー・ポッターと死の秘宝 J.K.ローリング 著

この先、未読の方はご注意ください!


続きを読む
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。