2008年08月14日

地球寒冷化に備えよ!

暑いですね。連日30℃を超す真夏日。
こう暑い日が続くと、また「地球温暖化のせいだ」との声が聞こえてきそうです(笑)
そうです。地球は温暖化しています。
しかしながら私は、過去の地球に太陽活動と相関していると見られる気候変動があったこと、二酸化炭素は大気中の0.038%でしかないことから、二酸化炭素を地球温暖化の主犯と断定することには疑問を持っていました。
さらに最近では、京都議定書と排出権取引に対する不信が加わりました。人類には、地球温暖化よりも優先して取り組むべき課題が数多くあるはずです(省エネルギー、代替エネルギー開発、食糧危機、人口増加、大気汚染…など)。



『地球温暖化』論に騙されるな! 丸山茂徳 著

「地球温暖化に異論を唱えるのはマトモな学者か?」とお疑いの方のために、今回ご紹介する丸山茂徳氏は紫綬褒章を受章した地質学者であることを記しておきます。
それから丸山氏は「地球温暖化」にではなく「地球温暖化CO2主犯説」に異論を唱えているのです。お間違えのないように。

現在、地球の気温が上昇しているのは確かです。その要因として、太陽活動の活発化が考えられます。しかし地球温暖化の要因はひとつではありません。
本書は気候変動の要因として、以下のものを挙げています。
・太陽の活動度
・地球磁場と宇宙線
・火山の噴火
・地球の軌道(ミランコビッチ・サイクル)
・温暖化ガス
二酸化炭素の増加による温室効果を、丸山氏は否定していません。
大気中の二酸化炭素の割合は0.04%で、現在年1〜1.4ppm(ppm=100万分の1)増えています。ただし、二酸化炭素が毎年1ppm増えることによる地球の平均気温の上昇は、わずか0.004℃なのだそうです。
人類が排出する二酸化炭素の量は増え続けているにもかかわらず、1940年から1970年にかけて気温の低下傾向が見られたことは、ご存知の方も多いでしょう。

地球の磁場の影響を重視しているのが、丸山氏の論の特徴です。
地球の磁場が弱くなると、地球に降り注ぐ宇宙線の量が増えます。宇宙線が増えると雲が増え、雲が増えると地表の温度は下がるのです。近年、地球の磁場は急激な低下傾向にあります。
さらに2000年頃から、太陽黒点の減少が観測されています。つまり、今後は太陽活動の低下が予想されます。
太陽活動の低下と地球の磁場の減少から導き出されるのは、地球の寒冷化です。
気候が寒冷化すると、農作物の生産に大きな打撃を与えます。地球の人口が増え続ける一方で、寒冷化によって食糧が不足したら、待っているのは戦争です。これは人類の歴史が示しています。

地球はこのまま温暖化し続けるのか、それとも寒冷化に向かうのか…
決着は10年以内につく!」と丸山氏は断言します。
2008年、既に寒冷化の兆候は観測されているそうです(エピローグより)。
本書は地球環境と生物の進化、気候変動と文明の盛衰にまで言及した、読み物としても非常に面白い一冊です。ただ、ちょっと「飛ばし過ぎ」の感は否めません…
巻末に文献リストがあると、より科学書らしい体裁になって信憑性が増したのではないかと思います。

(8月14日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
温暖化詐欺にご用心!(前編)
温暖化詐欺にご用心!(後編)
地球温暖化は繰り返す(前編)
地球温暖化は繰り返す(後編)
マイナス6%の覚悟
地球の現代史・不確かな真実V
不確かな真実U
不確かな真実
悲観も楽観も、いけません。


ラベル:地球温暖化
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:52| Comment(14) | TrackBack(2) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。