2008年08月23日

新型プリウス・スクープ写真【インテリア】

【次期プリウス】最新スクープはこちら




2009年にフルモデルチェンジが予想される、次期型(3代目)プリウス
エクステリアに続いて、インテリアの写真もスクープされました。
Spies Catch First Interior Shot of Next Generation Toyota Prius
インテリア拡大画像

ステアリング中央のトヨタエンブレムは隠されていますが、特徴的なシフトレバーは紛れもなくプリウスのもの。
現行(NHW20型)プリウスにお乗りの方はご存知でしょうが、プリウスに採用されているエレクトロシフトマチックは、シフトするとレバーが自動的に中心に戻るようになっています。シフトパターンも現行型と同じようです。
残念ながら、この写真では「P」スイッチがどこにあるのか判りません。おそらく(ステアリングに隠れた)ハザードスイッチの反対側の場所でしょう。

現行型との大きな違いは、シフトレバー位置がステアリング脇からセンターコンソールへ移動したこと。センターコンソールは宙に浮いた形状(フライングバットレス)で、オーリスブレイドに良く似ています。初代からのプリウスの利点だった、サイドウォークスルーは出来なくなりました。
初代プリウスはセダンの常識を破るアップライトなパッケージングで、コラムシフトの採用と相まってサイドウォークスルーを可能にしました。現行プリウスも、バイワイヤ方式のエレクトロシフトマチックによってシフトレバーを小型化し、広々としたフットスペースを実現しています。
そうなるとエレクトロシフトマチックの利点を生かしていない、新型のパッケージングは後退?(普通のクルマに近付いたとも言えますが…)

残念なのはEMV(エレクトロマルチビジョン)の位置が、現行型よりも低くなっていること。ナビはともかく、これではエネルギーモニターが見づらいではないですか!(モニターが見えないと、燃費に影響します)
エネルギーモニターが、クラウン・ハイブリッドのようにメーターパネル内にも表示されるのならば、問題ありませんが。

普通のクルマに近付いた、新型プリウスのインテリア。
これはマニュアルミッションが主流でスポーティなクルマを好む、ヨーロッパ市場を意識しているのではないかと思います。
現行プリウスはアメリカ市場で大成功を収めましたが、高性能ディーゼル車が揃うヨーロッパ市場での評価に、トヨタは満足していないはず。アウトバーンでの長時間におよぶ高速走行は、加速力がバッテリー残量に左右されるハイブリッド車にとって不利な環境です。エンジンが1.8リットルに排気量アップされるのは、モーターに頼らずに高速性能を改善するためでしょう。
コンセプトカー・ハイブリッドXが最初に披露されたのはスイスのジュネーブショーで、デザインはフランスにあるEDスクエア(トヨタ・ヨーロッパ・デザイン開発)でした。
ヨーロッパ市場での名声を確実にすること、これが次期プリウスに課せられた最大の使命なのでしょう。

【不純文學交遊録・過去記事】
新型プリウス・スクープ写真【エクステリア】
新型プリウス・スクープ写真【2008年7月】
新型プリウス・スクープ写真【2007年9月】
新型プリウス、発売延期。
続報…新型プリウス?「ハイブリッドX」
新型プリウス?「ハイブリッドX」
ハイブリッドは世界を制すか


続きを読む


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:01| Comment(6) | TrackBack(1) | 不純自動車交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。