2008年09月08日

太陽の道

古代の遺跡や聖地とされる場所は、ある一定の法則に従って配置されていると言われます。ヤマトの古墳や神社はほぼ一直線上に並んでおり、その線を延長すると、東は伊勢の斎宮から西は淡路島の伊勢までを結ぶ北緯34度32分のラインが浮かび上がるという…これを太陽の道と名付けたのが、古美術写真家の小川光三氏です。
小川氏の説を基にした番組は、1980年にNHK特集で放映されました。本書は30年に及ぶ氏の研究をまとめたものです。



ヤマト古代祭祀の謎 小川光三 著

日本の太陽信仰の成立には、稲作があるといいます。
稲は本来、日本には自生していない亜熱帯の植物です。稲を北限で栽培する日本では、稲作は春から秋の間の一定の期間内に行われなければなりません。
春分になると田起こしを始め、秋分になると収穫する。春分‐夏至‐秋分‐冬至という太陽の運行を知ることが、日本の太陽信仰のベースです。太陽の動きを読んで農業を指導する人を「日知り」と呼び、これが聖(ひじり)の語源です。

初期ヤマト王朝が生まれた三輪山。北麓には纏向(まきむく)遺跡と箸墓古墳があり、ここが邪馬台国だったとする説があります。
それに対し小川氏は、邪馬台国は二世紀から存在していたが、纏向が「ヤマト」と呼ばれるようになったのは三世紀後半であって、それまでこの地は「出雲」だったと言うのです。
大和盆地東部の都祁(つげ)には、大和地方で唯一「ヤマト」の地名を残す小山戸(おやまと)があり、小川氏はここが邪馬台国であったと考えています。弥生時代の大和盆地は底湿地で、多くの人が住めるようになったのは、古墳時代に入って灌漑農業が行われてからだそうです。それまでは都祁のような高原台地の方が、居住に適していました。
出雲神を祀る三輪山が本来の「出雲」であって、出雲大社のある「出雲国」は考古学的には後進地域であり、天孫族から三輪山麓を追われた出雲族が移り住んだ場所に過ぎない…邪馬台国も出雲国も実は大和盆地のなかの狭い地域にあったとなると、なんだかスケールの小さな話ですね。

前方後円墳は、古代支那の数学書『周髀算経』に基づいて設計されていると小川氏は言います。
古墳の周濠は灌漑用水に使われたとして、古墳が単なる権力者の墓ではなく、稲作とともに生まれた施設だとの指摘は興味深いものでした。

(9月7日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 19:24| Comment(8) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。