2008年09月15日

隠された「ニッポン」

私たちのすむこの国は、日本と書いてニッポン(またはニホン)と読みます。
古代支那の歴史書は、日本を倭国と呼んでいました。日本の国号が使われるようになったのは、7世紀だと考えられています。
日本にはヒノモトという読み方もあります。日本の二文字に隠された、日本国成立の歴史とは…今回は民俗学・地名学の大家、谷川健一氏の一冊です。



隠された物部王国「日本」 谷川健一 著

大和朝廷のはじまりを告げる、神武東征神話。イワレヒコ(神武天皇)が大和に入った時、そこは既に同じ天孫族であるニギハヤヒが支配していました。
ニギハヤヒは物部氏の祖神。つまり記紀は、神武天皇以前は物部氏が大和の支配者だったことを認めているのです。

谷川氏は、日本列島の統一に中国・朝鮮半島の動乱が影響していると指摘します。
2世紀の朝鮮半島の動乱が九州に「倭国大乱」をもたらし、百余国あったクニが三十余りの邪馬台国連合を形成し、女王・卑弥呼を共立しました。この時、九州を出て大和に進出した集団が物部氏だというのです。
そして高句麗・新羅・百済の三国が鼎立した4世紀初頭、これに呼応した邪馬台国連合の再編が神武東征神話に反映されていると谷川氏は考えます。

谷川氏は物部氏の勢力が四国にあったことに触れていますが、九州から大和へ入る過程でどのような土地と部族を併合していったのかは、具体的に書かれていません。神武東征についてもそうです(物部氏も神武天皇も、最初から船で一直線に大和を目指したのでしょうか?)。
もっとも、これは多くの日本史の本について言えることですが。

本書には白鳥伝説、大嘗祭の秘密、南島の信仰など、谷川民俗学のエッセンスが散りばめられています。
九州から東遷した物部氏と天皇家、そして大和の先住民たる蝦夷。日本の重層的な成り立ちを感じる一冊です。

(9月15日読了)


続きを読む


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:10| Comment(41) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。