2008年09月24日

人間と動物の境界

人間とチンパンジーの遺伝子は、98%が共通だと言われています。
人間と類人猿が遺伝子的に近いばかりか、言語を解するボノボ、道具を使って餌を採るチンパンジー、イモを洗うニホンザルなどが報告されています。知性や文化の存在が、人間と他の動物を区別する明確な基準とは言い難くなってきました。

科学技術は、あらかじめ優秀な遺伝子を持ったデザイナー・ベビーや、クローン人間の誕生を可能にしようとしています。
あるいはコンピュータやロボットの進歩は、人間のような感情を持った機械を生み出すかもしれません。果たして「彼ら」を人間と呼ぶべきなのでしょうか。
もっと身近な例を挙げれば、中絶された胎児は人間なのかという問題もあります。

人間とそうでない者との境界は、どこにあるのでしょうか。



人間の境界はどこにあるのだろう? フェリペ・フェルナンデス=アルメスト 著

ふと目に入ったタイトルが気になった一冊。

人間(=主として西欧人)が、類人猿や異民族をどのように捉え、人間の境界をどう考えてきたのか、その歴史が綴られています。
本書の読みどころは、西欧人の「未開人」に対する認識でしょう。そこには差別的なものばかりではなく、文明に侵されていない純粋な存在としての憧れもあったようです。しかし西欧人中心の好奇な視線は否定できず、おぞましく残酷な事例は少なくありません。人種差別という世界史の暗黒面を、克明に描いています。

最終章では遺伝子工学とロボティクスによる人間の未来像について語られますが、著者独自の意見らしきものはなく、期待はずれでした。
結局、人間の境界を定義することは難しいというのが結論のようです。

訳者は、動物行動学の著訳書を数多く出している長谷川眞理子氏。
あとがきで長谷川氏は、著者の視点は人間と動物を論理で分けようとする西欧的なもので、日本人のような生き物への共感がないと指摘しています。
それはもっともなのですが、水子供養を日本人の生命観の表れとして挙げるのはどうかなと。水子供養の歴史って、結構浅いと思うのですが。

(9月23日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
赤ちゃん売ります
ヒトがモノになる…


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:03| Comment(10) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。