2008年09月29日

神の島は宝島

21世紀の今日になっても、人が立ち入ることを禁じられた「神の島」。
そこでは数千年前以上から祭祀が執り行われ、人々の祈りがいまも息づいています。



宗像大社・古代祭祀の原風景 正木晃 著

玄界灘の荒波に浮かぶ、福岡県沖ノ島
全島が宗像大社の神域であり、島への立ち入りは厳しく制限され、上陸する際には海中で禊を行わなければなりません。しかも女人禁制です。
宗像大社は沖津宮・中津宮・辺津宮の三社から成り、それぞれ田心姫・湍津姫・市杵島姫という女神を祀っています(宗像三女神)。三社のうち、沖ノ島にあるのが沖津宮です。
海洋豪族・宗像氏は、航海の安全を祈願するとともに、海上交易を支配していました。天武天皇の妃を輩出した宗像(胸形君)徳善の陵墓と考えられている宮地嶽古墳は、石室の規模、副葬品の豪華さともに天皇陵クラスです。

沖ノ島は宝の島でもあります。
鏡・刀剣・金細工など、国宝なんと8万点。質・量ともに、畿内政権の巨大古墳の副葬品を凌駕します。出土品のなかには遥かペルシアに由来するガラス製品も含まれており、「海の正倉院」と呼ばれる由縁です。
これほどの豪奢な品々が盗掘に遭うことなく今日まで遺されてきたのは、沖ノ島が神の島として畏怖されてきた証に他なりません。

著者の正木晃氏は歴史学者でも考古学者でも神道研究者でもなく、密教の研究者というのが本書の面白いところ。作家・夢枕獏氏との対談も掲載されており、沖ノ島の魅力と神秘を、学問の壁を超えて縦横無尽に語りつくしています。

9月26日、宗像・沖ノ島と関連遺産群は、新たに世界遺産の国内候補に登録されました。
縄文時代からの祭祀の痕跡が、タイムカプセルのように今も残る沖ノ島。貴重な遺跡と亜熱帯植物の原生林が護られてきたのは、人の立ち入りが禁じられてきたからこそ。
世界遺産になっても、絶対に観光地化して欲しくありません。

宗像大社公式ホームページ

(9月28日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。