2008年10月27日

心霊探偵コナン

名探偵シャーロック・ホームズの生みの親、アーサー・コナン・ドイル卿。
彼はホームズのように科学的・合理的な人物かと思いきや、実は高名な心霊主義者でした。少女が撮った妖精の写真の真偽をめぐって騒動となったコティングリー妖精事件で、ドイルは写真が本物だと信じていたのです。
ヴィクトリア朝(1837年〜1901年)のイギリスは、第一回万国博覧会の開催やダーウィンによる進化論の発表など科学技術が進展する一方で、心霊主義がブームとなっていました。

さて、今回の交遊は・・・
20世紀初頭のロンドンとニューヨークを舞台に、心霊主義者コナン・ドイルが大活躍する物語です。他に登場人物は、脱出王ハリィ・フーディーニ、作家のハワード・フィリップス・ラヴクラフト、ブードゥの女王マリー・ラヴォー、魔術師アイレスター・クロウリーなど。オカルティズムに詳しい人なら涎を垂らさんばかりの豪華キャストです。



神秘結社アルカーヌム トマス・ウィーラー 著

1919年、ロンドン。
大英博物館から駆け出してきた大柄な老人が、T型フォードに跳ねられて死亡しました。老人の名はコンスタンティン・デュヴァル。各国の王侯にも影響力を及ぼす偉大なる神秘主義者です。彼は秘密結社「アルカーヌム」を組織しており、コナン・ドイルもその一員でした。
デュヴァルの死に不審を抱いたドイルは、大英博物館に乗り込みます。博物館の奥にあるデュヴァルの隠し部屋、そこにはありとあらゆるオカルトの秘宝が収められていました。しかし一ヶ所、ガラスが割られている場所があります。

無くなっていたのは旧約聖書の偽典「エノクの書」でした。敵の目的は何なのか。エノクの書の秘密を探るべく、ドイルはニューヨークへ渡ります。
ドイルが訪ねたのは、若き悪魔学者にして作家のH.P.ラヴクラフト。やはりアルカーヌムのメンバーです。しかしラヴクラフトは、ニューヨークを震撼させている連続猟奇殺人事件の容疑者として囚われの身となっていました。
ドイルは無事ラヴクラフトを救出できるのか。
デュヴァルからエノクの書を奪ったのは何者か。
そしてエノクの書に隠された「神のあやまち」とは…
実在の人物たちが、ニューヨークを舞台に決死の冒険を繰り広げます。怒涛のアクションと精緻な時代考証に彩られた、伝奇ホラー活劇です。

本作は、訳者あとがきを先に読むことをオススメします。
冒頭でT型フォードが登場しますが、ドライバーは急ブレーキを掛けようとして3つのペダルを踏んでいます。なんだかおかしな描写のようですが、訳者によるとT型フォードは3つのペダルを同時に踏むことで最大の制動力が得られるのです。
登場人物と時代背景を理解することで、本作をより一層楽しむことができます。

著者トマス・ウィーラーは、ハリウッドの人気脚本家。これが小説デビュー作で、映画化が決定しています。
登場人物の名前が覚えにくいとか情景を想像しにくいとかで海外作品を敬遠していた人(私のこと)でも、すぐに引き込まれる魅力的な作品です。
秋の夜長のお供にどうぞ。でも夢見が悪いかもしれません…(笑)

(10月27日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:41| Comment(4) | TrackBack(1) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。