2008年11月30日

ケータイ小説はヤンキー文学

2007年の書籍ベストセラーは、ケータイ小説が文芸部門の上位を独占しました。
最近では文壇の大御所・瀬戸内寂聴氏(御年86歳)が、ケータイ小説を書いたことで話題になりました。ちなみにペンネームはぱーぷる(紫式部に由来)なんだとか…

ケータイ小説の多くは、作者の体験した「実話」であることを売りにしていますが、それにしては多くのケータイ小説のプロットが似通っていたり、ありえない唐突な展開が連続したりします。
ケータイ小説に頻出するエピソードである援助交際、レイプ、妊娠、薬物、不治の病、自殺、そして真実の愛。これらを本田透氏は「ケータイ小説に描かれる7つの大罪」と呼んでいます。

「あんなものは文学じゃない!」と非難されるケータイ小説。
しかしケータイ小説に興味はなくとも、ケータイ小説が売れる社会とはなんなのか、考えてみることは面白いでしょう。



ケータイ小説的。 速水健朗 著

ケータイ小説を論じた本は数多く出ていますが、本書が興味深いのは、ケータイ小説を「ファスト風土化した郊外が舞台で、郊外に住む少女を主人公にした、郊外に住む少女を主な購買層とする、郊外型ショッピングモールの書店で売られる文学」と定義していることです。

ケータイ小説に描かれる、不幸なエピソードのインフレーション。その原型は、1990年代の少女向け雑誌の読者投稿ページにあるようです。特にレディースと呼ばれる少女暴走族の雑誌『ティーンズロード』との類似を、著者は発見します。ケータイ小説とは、新しいヤンキー文化なのです。
ケータイ小説の特徴として、情景描写がほとんどない、そして地名・学校名・商品名などの固有名詞がほとんど登場しないことが挙げられます。そんななか登場する数少ない固有名詞が、歌手の浜崎あゆみです。ケータイ小説の作者と読者は、浜崎あゆみの楽曲を通して世界を共有しているのです。そして浜崎自身、自らの少女時代のファッションが、ヤンキーの流儀に属していたことを明かしています。

ケータイ小説に描かれる暴力が、携帯電話の普及とともにもたらされたことを本書は指摘しています。いつでもどこでもつながる携帯電話は、いとも簡単に相手を束縛する凶器へと変貌します。
文章が類型的と揶揄されるケータイ小説において、携帯電話が引き起こす暴力(いわゆるデートDV)の描写は、非常にリアルです。

ケータイ小説は、浜崎あゆみの歌詞の強い影響下にありますが、多くの論者がそれに気付かないのは、ミリオンセラー曲といえども一部の人々のものでしかないことの現れです(浜崎あゆみがどんな曲を歌っているのか、私も知りません)。
華々しくメディアが採り上げるオタク文化に対し、ケータイ小説・浜崎あゆみといったヤンキー文化は、オタク文化以上の市場規模を持ちながらも批評の対象となりません。そんな「被差別文化」にスポットを当てることが、現代社会を直視する批評的行為であると、著者・速水健朗氏は結んでいます。

(11月24日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 13:42| Comment(2) | TrackBack(3) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

お金の価値はどこにある

アメリカのサブプライムローン崩壊に端を発した、世界金融危機。失われた資産は1兆4千億ドルにも達する(ゴールドマンサックス)そうです。
あっという間に弾け飛んでしまった、世界中の膨大なお金。文学部出身である私は、経済・金融政策よりも、そもそも「お金とはナニモノなのか?」に強い興味があります。



貨幣の経済学 岩村充 著

本書は、お金=貨幣とは何か、貨幣の価値はどこから生まれているのか、基本に立ち返って考えようとの主旨です。
まずは貨幣の起源から幕末の日本を襲ったインフレ、金本位制の時代を経て現在の変動相場制に至る、お金の歴史が語られます。
お金の価値とは、全くのバブルに過ぎないのでしょうか。それとも社会には、お金の価値をつなぎとめるアンカー(錨)のような存在があるのでしょうか。
お金の価値の拠り所となるものとして、金や土地や株式などが候補に挙げられます。そして最終的には財政(具体的には国債)こそが貨幣価値のアンカーであるというのが、本書の主張です。

わが国は600兆円もの国債残高を抱えています。このままでは日本国は破産してしまうのでしょうか?
本書の回答は「NO」です。政府の財政力が不十分なら、国債の価格は下落します。国債の実質価値が値下がりするということは、貨幣価値の低下を意味します。貨幣価値の低下とはイコール物価の上昇であり、国の財政力に不安が生じたときに起こるのはインフレであって、国家の倒産ではないのです。
ただし国家が倒産しないのは、国債が自国立て通貨である場合に限ります。外貨建て国債は、その国の財政不安から通貨価値が下落しても、実質返済負担は変わりません。外貨建て国債を大量に発行している国は、税収不足に陥ると破綻します。

麻生内閣は景気対策として、すべての国民に総額2兆円の定額給付金を支給することを決めました(具体的な支給方法や高額所得者への給付をどうするかで、もめていますが…)。一人当たり1万2千円(子供と高齢者は2万円)、果たして効果はあるのでしょうか?
ここに「マイナス金利の貨幣」というアイデアがあります。時間が経つと価値が減少していくお金で、もともとは「地域通貨運動の教祖」シルヴィオ・ゲゼルが提案したものです。単なるバラマキでは貯蓄に回ってしまうお金も、時間とともに価値が下がるのであれば、価値があるうちに使わざるをえません。
ゲゼルは紙幣にスタンプを押すことでマイナス金利を実現しましたが、現代には電子マネーというものがあります。電子マネーならば、貨幣そのものにプラスでもマイナスでも、自由に金利が付けられます。
自然利子率(モノの価値)がマイナスになった時は、名目金利(貨幣の価値)をマイナスにすることで、流動性の罠(金利が一定水準を下回ると、いくら貨幣の供給を増やしても消費や投資が増えない)を回避することができるというのです。

本書は経済学を学んだことがない人にでも、インフレやデフレのメカニズムが解りやすく書かれています。
ただ、文末の記述は「思っている」「考えている」が多くて、金融理論には確たるセオリーはないのかな?とも感じました。

最後まで読んでも私には、やはりお金の価値とはバブルではないかとの疑念は晴れませんでした。
ヒトはなぜお金(マネーおよびゴールド)に魅せられるのか?
実は経済そのものが、人類が生み出した巨大なバブルではないのか?
…文学的な問いには、そう簡単に解答を得られそうにありません。

(11月17日読了)


マイナス金利をめぐって
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 19:43| Comment(26) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

【完全版】新型プリウス・スクープ写真【詳細画像】

昨夜は“不純プリウス”をスタッドレスタイヤに交換しました。
冬は燃費に厳しい季節。今年も暖房せずに、20km/L以上維持を目指します(笑)
さてその間に、次期型(3代目)プリウスの新たな画像がアップされておりました。


3代目プリウス





15 New Photos & 2 New Videos of the 2010 Next Generation Prius
PRIUSCHAT.COM
新型プリウスは真横から見ると、ボディサイドの彫りの深さがよく解ります。
現行型はあえてタイヤを大きく見せないデザイン(モーターファン別冊第330弾『プリウスのすべて』デザイン・インタビュー)でしたが、新型はホイールアーチを強調したスポーティなスタイリングです。
前回はなかった、リアビューの画像もあります。
テールランプがボディ上部まで回り込んだ、アグレッシブなデザイン。現行型ではボディ同色のリアスポイラーは、ブラックアウトされてガラスとの一体感を出しています。

速度をフロントガラスに表示するヘッドアップディスプレイは、採用されそうな気配。ちなみにレクサスRXのハイブリッド仕様(RX450h)には装備されます。
ヘッドランプウォッシャーは、国内仕様にはなさそうです。かつてはヘッドライトにウォッシャーやワイパーを装備した車種が、結構あったんですけどね。
ラゲッジルームの画像は、ゴルフバッグが真横に積めることをアピール?
キーには、ドアロック機能のみのタイプと「A/C」スイッチ付きのタイプとがあります。
Sneak Peak of the New Prius #7 - Solar A/C Confirmed?
この「A/C」スイッチ付きは、もしかしてソーラーパネル仕様車のキーかも。炎天下で乗り込む前に「A/C」スイッチを押すと、ソーラー駆動のエアコンが換気してくれるとか…

これらの写真の数々は、どう考えてもインサイダーによるもの。
米国トヨタさん、情報管理は大丈夫なんでしょうか(それとも事前広報活動?)。




さらに・・・【完全版】ホンダNSX後継車・スクープ画像
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:57| Comment(6) | TrackBack(1) | 不純自動車交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

カッパは製鉄民だった?

NHK教育テレビ『高校講座・化学』で、こんな実験をしていました。
銅と青銅(銅と錫の合金)と鉄、3種類の金属で鍬を作ります。これらで土を耕したところ、銅と青銅の鍬はすぐに曲がってしまいましたが、鉄の鍬はずっと耕し続けることができました。
鉄の登場は、人類の文明を飛躍的に発展させました。
日本の歴史においても、鉄は古代国家の成立に大きく影響していることでしょう。



古代製鉄物語 浅井壮一郎 著

現代のような高温の製鉄炉や、高度な鉱山技術がなかった時代に、製鉄はどのように行われていたのでしょうか。
『古代製鉄物語』は、鉄鉱石や砂鉄が利用される以前、古代の製鉄は水辺で採れる鉄(湖沼鉄)が原料だったとする説を展開しています。
地中の鉄分が人型に固まった、天然記念物の高師小僧は、湿地帯の植物の根元に鉄が吸着して出来たものです。
日本列島は古来、豊葦原中国(とよあしはらのなかつくに)と称されてきました。
葦が生い茂る湿地帯は、豊富な水酸化鉄が得られたというのです。
浅井氏は、神武天皇の東征ルートを、鉄を産出する湖沼地を求めた旅であったと考えています。

水辺で鉄の採集に従事していたのが、河童と呼ばれる人々でした。
河童のことをヒョウスベ(兵主部)ともいいます。ヒョウスベの語源となった兵主神は、支那の武神・製鉄神です。
穴師坐兵主神社(奈良県桜井市)の摂社として相撲神社があり、野見宿禰を祀っています。野見宿禰は土師氏の祖です。高温技術を持つ土師氏は、製鉄にも関わりがあったと浅井氏は考えます。そういえば、河童は相撲が得意でしたね。
古代製鉄の原料が湖沼鉄であるならば、河童=製鉄民説は信憑性を帯びてきます。

本書の版元である彩流社は、在野の歴史家の著作を数多く出しているようです。
浅井壮一郎氏は民間企業に勤務していましたが、不慣れな仕事を転々として定年を迎えました。そんな空っぽな自分を埋めるべく、早稲田大学に入学して歴史を学んでいます。
しかし、本論とほとんど関係のない伊勢神宮のユダヤ紋(出典はサイエンスエンターテイナー・飛鳥昭雄氏の著書)について触れているのは、どういう意図なんでしょう?
こういう余計な文章をはさむと、やはりトンデモ本ではないかと疑念を持っちゃうんですよね…

(11月16日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
カッパなにさま?カッパさま!
高田崇史氏の『QED 河童伝説』でも、河童は製鉄民だとする説を展開しています。
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

ふたりの小室サン

11月4日、音楽プロデューサーの小室哲哉氏が、詐欺の容疑で大阪地検特捜部に逮捕されました。
小室プロデューサーは、芦屋市の会社社長に806曲の著作権を10億円で売却する仮契約を結びましたが、実際には著作権は音楽出版社に譲渡されており、小室プロデューサーに売買する権利はなかったのです。
前妻が差し押さえている著作権を解除するためとして、会社社長に先払いさせた5億円は、借金の返済に充てられていました。

1996〜1997年には2年連続で高額納税者番付の4位にランクインするなど、1990年代に絶頂を極めた小室プロデューサーでしたが、近年は事業の失敗で多額の借金を抱えていたようです。
しかし私は、1990年代の彼の音楽には全く馴染みがありません。
私の知る小室哲哉とは、1980年代のTM NETWORKでの活動です(ライブを観たこともあります)。
1984年にデビューしたTM NETWORK。その楽曲の多くで作詞を手がけていたのが、シンガーソングライターで小説家の小室みつ子氏でした。なおTM NETWORK初期の作品では、西門加里(カーリー・サイモンに由来)名義になっています。
ちなみに小室哲哉氏と小室みつ子氏は、親戚ではありません。
miccos.com 小室みつ子 personal site
※「最近何してんの?」で、小室プロデューサー逮捕についてのコメントが読めます。



Actually, As Always 小室みつ子

TM NETWORKの作詞家ということで手に取った小室みつ子氏の本。なかでも面白かったのは、集英社文庫コバルトシリーズから出ていた「久里子シリーズ」でした。
推理作家アガサ・クリスティみたいな名前の女子高生、阿笠久里子(名付け親は不条理SF作家の叔父)。ドジだけどどこか憎めない彼女が、身のまわりで起こるトラブルを探偵気取りで解決します。
久里子シリーズは『シンデレラは待てない』、『スノウ・ホワイトが危ない』、『ピノキオはあきらめない』、『マーメイドは忘れない』、『ハートビートは止まらない』の5冊。表紙&本文イラストも小室みつ子氏が描いています。
5作目が出たのはTM NETWORK全盛期の1988年。音楽の仕事が多忙になったせいか、残念ながら久里子シリーズの続編は出なくなりました。
小室みつ子氏の小説作品は、大原まり子岬兄悟両氏(この2人は夫婦です)による爆笑SFアンソロジー『SFバカ本』シリーズにも収録されています。



笑壷 小室みつ子 他
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:57| Comment(12) | TrackBack(1) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

エコロジーの国際政治学

不純文學交遊録は、地球環境問題に関する書物といくつか交遊してきました。
地球温暖化は、いつ頃から世界的な関心を集めるようになったのでしょうか。
久しぶりに古い本(1994年刊)を引っ張り出してみました。



地球環境問題とは何か 米本昌平 著

1992年にブラジルのリオデジャネイロで開催された、地球サミットを受けて書かれた本です。医療・生命倫理についての著作で知られる米本昌平氏は、NGO(町田の自然を考える市民の会)のメンバーとして地球サミットに参加しました。
当時は地球環境問題といえば、熱帯雨林の減少が最も世間の関心を集めていたと記憶しています。だからこそ世界最大の熱帯雨林・アマゾンを擁するブラジルが、サミットの会場となりました。熱帯雨林は生物資源の宝庫でもあり、生物多様性の保護が謳われたのも地球サミットの特徴です。

本書を改めて読み返してみますと、温暖化は地球サミット以前から既に国際的な議題となっていました。
二酸化炭素の増加による温暖化は古くから指摘されていましたが、地球温暖化が政治の表舞台に登場したのは、1988年にアメリカ上院公聴会でなされたJ・ハンセン氏の証言です。アメリカの穀倉地帯は前年から大干ばつに見舞われており、ハンセン証言は地球規模の異変を強く印象付けることになったのです(ただし実際の大干ばつの原因は、エルニーニョ現象だったようです)。

米本氏は、地球環境問題が国際政治の議題となった背景に、東西冷戦の終結があると指摘します。
そして地球環境問題は、安いエネルギー価格による大量消費を是としてきたアメリカ的価値観に終焉を迫るものです。
一方でアメリカには圧倒的な科学研究の蓄積があり、地球環境問題はアメリカのデータをもとにアメリカを批判するという不思議な様相を呈しています。

かつても今も、地球環境問題には先進国と途上国の対立があります。既に豊かさを享受している先進国に対し、これから経済成長を目指す途上国にとって、消費の削減は容易に受け入れられるものではありません。
では、どうすれば良いのでしょうか。一例として、これまた古い本ですが、栗本慎一郎氏は『幻想としての文明』(1990年刊)で「南米は酸素を商品として世界市場に供給せよ」と提案していました。

以下、米本氏の地球環境問題に対する立場を引用します(47〜48P)。
来世紀になって地球温暖化の予測が誤りであることがわかったとしても、後世に残るのは、省エネルギーや公害防止に対するノウハウとその装置の山である。地球環境問題とは、将来の世代にとって、何と幸いな脅威であろう。
この本の中で私は、地球温暖化論の科学的根拠が曖昧であることを指摘はするが、それは私が、それを理由に、世界が地球環境問題の対策に邁進することに反対であることを意味しない。
(中略)
現代社会は、地球環境問題という新しい課題を発見し、これへの対応をやれるだけやってみたらよい。こういう視角から社会も国も企業も個人も揉まれ、もう一段高い質の社会に到達すればよいのである。

(11月3日再読)


地球温暖化に対する当blogの見解
ラベル:地球温暖化
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:53| Comment(18) | TrackBack(1) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。