2008年12月30日

「トヨタショック」は超えられるか

まもなく過ぎ去ろうとしている2008年。
前半は原材料価格の高騰、後半は金融危機と世界経済が大きく揺れた1年でした。
アメリカ発の金融危機を受けて、東京株式市場も暴落。さらに急激な円高が日本の輸出産業を襲いました。
昨年は日本企業で初めて2兆円を超える利益を計上したトヨタ自動車が、本年度は一転して通期で赤字になる見通しを発表(12月22日)。自動車産業をはじめとする製造業は、非正規雇用者の契約を打ち切る「派遣切り」を実施。「トヨタショック」は今も続いています。



クルマ界のすごい12人 小沢コージ

本書の発行は、今年6月。原油高の影響は出ていますが、世界金融危機が顕在化する前です。日米の自動車市場は縮小しつつあるが、BRICsなど新興国市場は順調に伸び続け、トヨタは2009年にも年間1000万台を突破するだろうとの見込みのもとに書かれています。
世界経済の混迷に加えて、環境・エネルギー問題もあり、自動車産業が今後も成長産業たりえるかは不透明な情勢です。それでも人間に移動欲、所有欲、そしてスピードへの欲望がある限り、自動車は大きな産業であり続けるでしょう。

本書に登場する偉大なクルマ業界人は、輸入車販売大手ヤナセの故・梁瀬次郎氏やスーパーカー「大蛇」を生んだ光岡自動車の光岡進氏などビジネス界でもおなじみの面々から、ゲームソフトやチューニングカーなどサブカルチャー分野に至るまで、総勢12人。いずれも特異な才能や、誰にも負けない執着心を持った達人たちです。
クルマに興味がない方でも、起業家列伝として読み応えがあります。
個人的には、日産自動車からアウディへ移籍したデザイナー・和田智氏が出ていたのが嬉しかったです。

日本は少子高齢化による市場縮小に加えて、若者のクルマ離れが指摘されています。クルマがかつてのような憧れの存在でなくなり、若者の娯楽が多様化したことが背景として挙げられるでしょう。それに加えて、日本の自動車メーカーが「クルマの白物家電化」を推し進め、スポーツカーの開発に消極的になったことも大きな要因ではないでしょうか。
しかしながらゲームソフト「GranTurismo」シリーズは、何千万本も売り上げた大ヒット作。もしかすると日本の若者は、3次元のクルマを所有することよりも、2次元のクルマを操ることに「萌えて」いるのかも?

(12月30日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
リコール!その時あなたは…


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:13| Comment(4) | TrackBack(3) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。