2009年01月26日

平安朝をプロデュース

「弘法も筆の誤り」といえば、どんな名人にも失敗はあることのたとえ。
弘法大師こと空海(774‐835)は、書の名人として知られています。
空海は日本密教の創始者であり、儒教・道教・仏教を比較して論じた『三教指帰』を著した思想家です。さらには讃岐国の灌漑用溜め池「満濃池」を修復するなど、各地で治水事業を行ったとも伝えられています。
空海はまるで、日本のレオナルド・ダ・ヴィンチです。



空海の企て 山折哲雄

平安朝のマルチクリエーター・空海の人となりを明らかにするために、山折哲雄氏がその先駆者として挙げるのが道鏡です。
道鏡は皇位簒奪を目論んだとされる、歴史上最も悪名の高い人物のひとり。現代においても人々の尊敬を集めてやまない空海と、ダーティイメージ極まりない道鏡。二人の共通点とは…それは天皇の看病僧だったことです。
称徳天皇の病気平癒を祈って、女帝の寵愛を受けた道鏡。空海もまた、時の嵯峨天皇の看病僧という職務を生かして、国家の中枢に「密教コード」を注入することに成功したのだと言います。

空海以前と以後で、王朝社会はどう変わったのか?
本書は単なる空海の人物伝にとどまらず、奈良時代から平安時代に至る国家システムの変遷を論じています。
その過程で、現在の象徴天皇制や皇位継承の問題にまで切り込んでおり、空海よりも「山折哲雄の企て」がとても刺激的な一冊です。
WEBマガジンへの連載がもとになっているので、ひとつひとつの章は短めで、専門的でありながら読みやすい本だと思います。

晩年の空海は禅定に入り、そのままの姿で入滅したとされます。
高野山奥の院では、今日も空海への食事と衣服の給仕が続けられています。

(1月26日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 17:04| Comment(8) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

腕立て伏せをする魚

今年は進化論を提唱したチャールズ・ダーウィン(1809‐1882)の生誕200年、そして『種の起源』の出版から150年にあたります。
ちなみにダーウィンがガラパゴス諸島から連れ帰ったゾウガメは、つい最近まで生きていました(2006年に推定年齢176歳で永眠)。

「人間とは何者か?」「生命はいかにして誕生したのか?」
私たちの根源的な問いに答えようとする進化論。ダーウィン・イヤーに論争が盛り上がることを期待します。



ヒトのなかの魚、魚のなかのヒト 二ール・シュービン

この本の表紙に描かれたワニのような生物、実はティクターリク(イヌイットの言葉で「大きな淡水魚」の意味)という学名の魚です。
3億7500万年の地層から化石が発見されたティクターリクは、魚類と原始的な両生類の中間的な形態をしています。鰭の内部に肩・肘・手首に相当する関節をもっていて、なんと腕立て伏せをしていたのです。
水中の捕食者(より大型の魚類)から逃れて、干潟の上を動き回っていたと考えられています。

私たち人間のカラダは、魚類から多くを受け継いでいます。進化とは無から有を生み出すのではなく、既存の構造(ボディデザイン)を上手く利用してなされてきました。
しかしながら、私たちが未だ魚類であるがゆえの不都合もあります。脚や腰を痛めるのは、直立二足歩行の代償です。肥満になるのは、食糧が枯渇した際にエネルギーを蓄える、狩猟採集生活時代の名残りだと考えられます。
ちなみにしゃっくりとは、鰓と肺の両方をもつオタマジャクシが、水が気管に入らないようにする反応なんだとか。

太古の生物が化石として残るのは極めて稀なことであり、ティクターリクのような進化のミッシングリンクとなる種の化石が発見されるのは、さらに奇跡的な確率です。地球の歴史には、私たちのまだ知らない生物が数多くいたことでしょう。
新たな発見によって、進化論もまた進化し続けます。

(1月12日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
恐竜はなぜ鳥になった?
カラダは世界遺産
ダーウィンが来た!
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【3代目】新型プリウス発表



1月12日(東海岸冬時間)、3代目となる新型プリウスがデトロイトモーターショーで公開されました。
TOYOTA、2009年北米国際自動車ショーに新型プリウスを出展 (トヨタ自動車)
Toyota Vehicles:Prius/toyota(米国トヨタ:動画あり)

全長 4,460mm(現行比+15mm)、全幅 1,745mm(同+20mm)、全高 1,490mm(同±0mm)、ホイールベース 2,700mm(同±0mm)と、ほぼ現行型と同じボディサイズ。
1.8リットルの2ZR-FXE型アトキンソンサイクルエンジンに、リダクションギアを組み合わせて、2.4リットルクラスの動力性能を得ているようです。
注目の新装備は、ソーラーパネルで発電した電力で換気する「ソーラーベンチレーションシステム」と、キーで車外から作動できる「リモートエアコンシステム」。
指の触れた場所をセンターメーターに表示させる「タッチトレーサーディスプレイ」は、世界初。その他、ラゲッジスペースの拡大や安全装備の充実が図られています。

デトロイトショーには、シルバーとブルーの2台の新型プリウスが展示されました。
シルバーは、昨年流出した画像と同じ仕様。LEDヘッドランプ、17インチアルミホイール、フォグランプを装備しています。
ブルーは、元旦の新聞に掲載された仕様です。プロジェクターヘッドランプ、樹脂カバー付き15インチアルミホイールで、フロントバンパーにフォグランプがありません。
シルバーの方が、現行型のツーリングセレクションに相当するグレードでしょう。

最先端のメカニズムを満載した新型プリウスですが、あまり驚きが感じられないのは、昨年から詳細な情報が大量に流出していたから。
今回も1月13日付けのニュースリリースが、トヨタ系自動車情報サイト『GAZOO』には、なぜか9日からアップされていました。
2010 Prius news from Detroit - published on Jan 13th ??? (PRIUSCHAT.COM)
これまた、故意の流出か?

【謝辞】ブログに貼り付けできる画像をご紹介くださった『たどまめ本舗』様、ありがとうございます。


続きを読む
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 不純自動車交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

それでもバブルは繰り返す

本日は、世界金融危機を理解するのに非常に有効な一冊です。
サブプライムローンとはいかなる金融商品で、いかにして崩壊の道をたどったのか。本書には詳細な解説がなされています。



資本主義は嫌いですか 竹森俊平

サブプライムローンは、信用力の低い個人向けの住宅融資で、所得なし(No Income)・職業なし(No Job)・資産なし(No Asset)でも通ってしまうことから、NINJA(忍者)ローンとも呼ばれます。
数多くの住宅ローン債権を束にした証券が作られ、それに格付け機関がトリプルAのお墨付きを与えて売り出されました。まさに忍術のような金融商品です。
ところがサブプライムローンの歴史は浅く、債務不履行率のデータはごく短期間しかありません。しかもその間、アメリカの住宅価格は上昇傾向にあり、サブプライムローンの安全性は過大評価されました。
サブプライムローンの債務不履行の増加につれて、住宅バブルは崩壊しました。

アメリカの住宅バブルは、なぜ起こったのでしょうか。
明確な結論は下せないとしながら、本書では低金利政策に加えて、人々が住宅価格の上昇を期待した心理的な要因を挙げています。
世界各地でバブルが頻発する背景には、「金融資産の超過需要」と「実物資産の超過供給」という、世界経済の不均衡があるといいます。そこで新たな投資対象を作り出して、バブルが生み出されているのです。

世界経済の不均衡とは、世界的な貯蓄過剰であり、それは経済成長率の高い新興国の貯蓄過剰です。
バブルを起こさないには、どうすればよいのでしょうか?
ひとつは、世界経済全体を低成長にすることです。経済成長率が低下すれば、資源・食糧価格の高騰や地球温暖化も緩和されます。
経済成長を維持するのであれば、新興国での投資対象を増やす方法があるでしょう。
しかし、いずれも容易ではありません。

バブル経済を発明したのは、稀代の天才にして詐欺師と評価されるスコットランド生まれの実業家ジョン・ローであるといわれます。
本書の第T部では、ジョン・ローで始まりジョン・ローで終わる物語を通して、資本主義経済の本質が浮かび上がってきます。
第U部と第V部は金融についてのテクニカルな議論ですが、第T部は経済を学んだことのない人にも読みやすい内容です。

(1月4日読了)
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 17:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

2009年、世界をより良くするために

皆様、あけましておめでとうございます。
昨年は(も)、金融危機や無差別殺傷事件といった、暗いニュースが数多くありました。今年は良い1年でありますように…
しかし、祈るだけでは社会は良くなりません。
世界には戦争・飢餓・環境破壊など、さまざまな難題が山積しています。これらの課題に私たちはどう取り組むべきなのでしょうか。



五〇〇億ドルでできること ビョルン・ロンボルグ

世界のために500億ドルを自由に使えるとしたら、なにを優先に、いくらお金を注ぎ込むべきか…ノーベル賞(スウェーデン銀行賞)受賞者を含む、世界の著名な経済学者が、デンマークのコペンハーゲンに集結して、議論を戦わせました。
地球温暖化・感染症・内戦・教育・政治腐敗…など、それぞれのテーマごとに対策の費用対効果が論じられ、さらに別の論者が反論を加えているのが本書の特徴です。
最も緊急で効果が高いと判定されたのは、HIV感染症対策でした。次いで栄養失調対策。3番目には、全く費用がかからずに経済効果が大きいとして、自由貿易の促進が挙げられています。

コペンハーゲン・コンセンサスを主催したのは、環境保護主義を批判して賛否両論を巻き起こした、統計学者のビョルン・ロンボルグ。ランク付けされた17の対策のうち、気候変動に関するものがワースト3を占めたことで、大きな注目を浴びました。
また地球温暖化論批判か…と言われそうなので付け加えておきますと、炭素税や京都議定書は費用が便益を上回るとして否定されましたが、炭素削減技術への投資は比較的高く評価されています(第2回会議では30項目中14位)。国際金融の不安定性については、複雑で不確実なことから、ランク付けすらされていません。

本書に対して、全く質の異なる問題を比べて優先順位をつけるべきなのか、費用便益だけで物事を決めてよいものかと、批判される方もいらっしゃるでしょう。
では、日々の政策決定は、本当に合理的になされているのでしょうか?
政治家や官僚や企業・団体の利権、マスコミの注目度などに左右されてはいないでしょうか?
そこに気付くだけでも、読む価値のある一冊ではないかと思います。
国際会議の報告書なので、読み物としては面白くありませんが…

COP15(気候変動枠組条約第15回締約国会議)は、今年12月にデンマークのコペンハーゲンで開催されます。コペンハーゲン・コンセンサスの影響はあるのか…非常に気になるところです。
麻生総理も「2兆円で出来ること」をじっくり考えたうえで、政策を決定してくださいね。

(1月2日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
悲観も楽観も、いけません。
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:48| Comment(6) | TrackBack(2) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

【3代目】新型プリウス【新聞広告】


元旦広告のプリウス






元旦の新聞広告に、トヨタが新型プリウスの写真を掲載しました。
昨年流出した画像とは仕様が異なります。
一見してわかるように、ソーラーパネルルーフです。
ヘッドランプ形状も異なります。流出画像では2連LED式ランプを備えていたのに対し、広告では一般的なプロジェクター式ロービームです。
↓広告の仕様は、このヘッドランプ
Sneak Peek of the New Prius #8 - Headlight
ホイールは15インチアルミ+樹脂カバー。
↓おそらくこのホイールにカバーをしたものでしょう。
2010 Toyota Prius spotted by phone!
つまり流出画像のグレードはツーリング仕様、新聞広告のグレードはノーマル仕様ということになります。
ブルーマンが登場する北米仕様の動画には、ソーラーパネルは映っていませんでした。ソーラーパネルは、日本国内のみの装備なのでしょうか?
でも広告の写真は、ワイパーの向きから判断すると左ハンドル仕様です。
…ということは、ソーラーパネルはスーパーエコグレード専用装備で、ツーリングには設定なし?
1月11日から開催のデトロイトモーターショーに出展される、新型プリウス。発表は12日午前11時30分です。
Toyota USA Newsroom
なお11日には、レクサスHS250hが発表されます。
Spied: Lexus hybrid sedan

【不純文學交遊録・過去記事】
【完全版】新型プリウス・スクープ写真【詳細画像】
【完全版】新型プリウス・スクープ写真
新型プリウス・スクープ写真【走行テスト】
新型プリウス・スクープ写真【インテリア】
新型プリウス・スクープ写真【エクステリア】
新型プリウス・スクープ写真【2008年7月】
新型プリウス・スクープ写真【2007年9月】
新型プリウス、発売延期。
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 12:17| Comment(2) | TrackBack(1) | 不純自動車交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
『不純文學交遊録』は、ついに5年目に突入。
昨年はLOVELOGのカテゴリー別ランキングで、初めて1位になりました。
本家『不純文學交遊界』も新年バージョンにリニューアル。
新春特別企画は『私が愛したトンデモ』です。
本年もご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

平成弐拾壱年 元旦

posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 09:45| Comment(8) | TrackBack(0) | 不純総合研究所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。