2009年01月02日

2009年、世界をより良くするために

皆様、あけましておめでとうございます。
昨年は(も)、金融危機や無差別殺傷事件といった、暗いニュースが数多くありました。今年は良い1年でありますように…
しかし、祈るだけでは社会は良くなりません。
世界には戦争・飢餓・環境破壊など、さまざまな難題が山積しています。これらの課題に私たちはどう取り組むべきなのでしょうか。



五〇〇億ドルでできること ビョルン・ロンボルグ

世界のために500億ドルを自由に使えるとしたら、なにを優先に、いくらお金を注ぎ込むべきか…ノーベル賞(スウェーデン銀行賞)受賞者を含む、世界の著名な経済学者が、デンマークのコペンハーゲンに集結して、議論を戦わせました。
地球温暖化・感染症・内戦・教育・政治腐敗…など、それぞれのテーマごとに対策の費用対効果が論じられ、さらに別の論者が反論を加えているのが本書の特徴です。
最も緊急で効果が高いと判定されたのは、HIV感染症対策でした。次いで栄養失調対策。3番目には、全く費用がかからずに経済効果が大きいとして、自由貿易の促進が挙げられています。

コペンハーゲン・コンセンサスを主催したのは、環境保護主義を批判して賛否両論を巻き起こした、統計学者のビョルン・ロンボルグ。ランク付けされた17の対策のうち、気候変動に関するものがワースト3を占めたことで、大きな注目を浴びました。
また地球温暖化論批判か…と言われそうなので付け加えておきますと、炭素税や京都議定書は費用が便益を上回るとして否定されましたが、炭素削減技術への投資は比較的高く評価されています(第2回会議では30項目中14位)。国際金融の不安定性については、複雑で不確実なことから、ランク付けすらされていません。

本書に対して、全く質の異なる問題を比べて優先順位をつけるべきなのか、費用便益だけで物事を決めてよいものかと、批判される方もいらっしゃるでしょう。
では、日々の政策決定は、本当に合理的になされているのでしょうか?
政治家や官僚や企業・団体の利権、マスコミの注目度などに左右されてはいないでしょうか?
そこに気付くだけでも、読む価値のある一冊ではないかと思います。
国際会議の報告書なので、読み物としては面白くありませんが…

COP15(気候変動枠組条約第15回締約国会議)は、今年12月にデンマークのコペンハーゲンで開催されます。コペンハーゲン・コンセンサスの影響はあるのか…非常に気になるところです。
麻生総理も「2兆円で出来ること」をじっくり考えたうえで、政策を決定してくださいね。

(1月2日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
悲観も楽観も、いけません。


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:48| Comment(6) | TrackBack(2) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。