2009年02月03日

不思議の国・ロシア

賄賂、暗殺、不正選挙…まるでスパイ小説のような世界が現実に繰り広げられている国、それはロシア連邦です。



ロシアはどこに行くのか 中村逸郎

2007年12月の下院選挙では、ウラジーミル・プーチン大統領(当時)を比例代表名簿の筆頭に掲げた政党、統一ロシアが大勝。そして2008年3月の大統領選挙では、プーチンが後継指名したドミトリー・メドヴェージェフ第一副首相(当時)が、これまた圧倒的な勝利で第3代大統領に選出されました。
これらの選挙結果の背景には、やはり不正があったようです。本書には、実際に区議会議員から不正投票を指示された、区役所職員が登場します。
不正投票は行政ぐるみ。メドヴェージェフの得票率が90%に達した区では、不正を疑われることを恐れ、区長が得票率を80%に下げるよう支持を出しました。
一方、野党候補の得票を下回った村では、政府に水道を止められたとか…

メドヴェージェフ大統領とプーチン首相の、二頭立て馬車で引っ張るロシアの政治体制を、中村逸郎氏は「タンデム型デモクラシー」と呼んでいます。
しかし相変わらず存在感を示しているのは、大統領職を退いたプーチンです。
北京オリンピックに沸く2008年8月、ロシア軍のグルジア攻撃に世界は震撼しました。欧米諸国の批判に対し、メドヴェージェフは「新しい冷戦を恐れない」と、強硬な態度に出ます。
ところが、この発言はプーチンの不興を買ったようです。
強い指導者像を打ち出したメドヴェージェフに対し、プーチンはメドヴェージェフが実質的な最高権力者の座を奪おうとしていると受け取ったのです。その後、メドヴェージェフの外交姿勢は軟化しました。

プーチン政権を批判し続けたアンナ・ポリトコフスカヤアレクサンドル・リトビネンコの死は、未だ深い闇に包まれています。
謎の多いこの国から、今後も目を離すことができません。

(2月1日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
新たな冷戦
ロシアより“哀”をこめて
リトビネンコ氏は、なぜ殺された?
パイプラインの国際政治学
あかきゆめみし


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:49| Comment(6) | TrackBack(1) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。