2009年02月23日

メフィスト賞の傾向と対策

メフィスト賞は、数々の人気作家・異色作家を生み出してきました。
第一回受賞者で理系作家の代表格である森博嗣氏、小説の常識を逸脱した奇抜な作風の清涼院流水氏、セカイ系と呼ばれる西尾維新氏…
純文学系の賞(三島由紀夫賞)を獲得した舞城王太郎氏や佐藤友哉氏も、メフィスト賞の出身です。

講談社ノベルス『忍び寄る闇の奇譚』は、メフィスト道場と銘打って、3つのテーマで人気作家が競作しています。
カバー折り返しにはメフィスト賞の応募要項も書かれていて、メフィスト賞を目指す方への「傾向と対策」になるかも?



忍び寄る闇の奇譚

Round1・ボクのSF
はやみねかおる 『少年探偵WHO 透明人間事件』
コンビニエンスストアに現れた透明人間による強盗事件。警察とWHO少年は、とある玩具メーカーに乗り込みます。
初野晴 『トワイライト・ミュージアム』
大伯父の遺産である奇妙な博物館を相続した少年が、脳死になった少女を救出する物語。

Round2・フェティシズム・ホラー
西澤保彦 『シュガー・エンドレス』
甘味にとりつかれた男の話。序盤の文章がまどろっこしいのが難点。
真梨幸子 『ネイルアート』
インターネット掲示板の管理人を任された女性ライターが、ネット上の壮絶な遣り取りに翻弄されます。
いずれの結末も、ホラーとは恐怖ではなく「ホラ話」なんだと納得します(笑)

Round3・都市伝説
村崎友 『紅い壁』
夏休みの合宿所で起きた、女子高校生の変死事件。美術教師の失踪は、彼女の呪いなのか…
北山猛邦 『恋煩い』
少女たちのあいだで話題の、恋の願いを叶えるおまじない。それを実行してみると…

今回のお気に入りは、北山猛邦氏の作品でした。
彼は「物理の北山」の異名をとるほど、機械的な物理トリックを得意としています。物理トリックに特化した作品は、小説を読むというよりは問題を解いているようで、余り好きになれないのですが、北山氏の『『クロック城』殺人事件』はゴシックな雰囲気にあふれていて、満足できる読後感でした。『恋煩い』は、彼お得意の物理トリックではなく、意外なストーリー展開で読ませてくれます。
はやみねかおる氏の『少年探偵WHO』も、ミステリならではの仕掛けが充実していて楽しめました。

(2月22日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。