2009年03月02日

景気回復の救世主?(後編)

低価格を武器に、インサイトプリウスに真っ向勝負を挑むホンダ。
そこで多く聞かれるのが「インサイトは、プリウスにそっくり」との声…
どちらも5ドアハッチバックで、リアウインドー下部に後方視界を確保するエクストラウインドーが設置されているのも同じ。しかしこのリアビューは、ホンダが2代目CR-X、初代インサイトで既に採用していました。空力と実用性を両立するとなると、似たようなデザインになります。「どちらがマネしたのか?」という不毛な議論は止めましょう。



「新型インサイト」のすべて

200万円を切るハイブリッドカーを実現した、インサイトの功績は偉大です。
しかし全く価格帯の異なるプリウスとインサイトを比べて、どちらが優れているかと議論するのは意味がないと思います。
ハイテク装備を満載したプリウスは、ラージクラスからのダウンサイジング層をも満足させるでしょうし、コストパフォーマンスに優れたインサイトは、コンパクトクラスのユーザーを吸い上げるでしょう。5月18日にデビューする3代目プリウスは、1800ccにスケールアップするので、両者の棲み分けは一層ハッキリします。
インサイトの登場で打撃を受けるのは、プリウスよりもむしろカローラなのでは?

プリウスとインサイトは、ハイブリッドシステムも大きく異なります。
強力なモーターで電気自動車のような走行感覚を味わえるトヨタの『THS』に対し、エンジンが主体でモーターはアシストに徹するのがホンダの『IMA』です。
最新のインサイトのカタログ燃費は、6年前にデビューしたプリウスに及びません。しかし軽量かつ低コストなのは、IMAの大きなメリットです。
コンパクトなIMAは、スポーツカーへの搭載が期待されます。ハイブリッド・スポーツカーのCR-Zは、2010年までに市場へ投入される見通しです。

メディアは「プリウスvsインサイト」を煽り過ぎ、メーカーもお互いを意識し過ぎでしょう。
プリウス・ユーザーの私は、インサイトの登場によってハイブリッドカーの世界が広がることを歓迎します。
インサイトは魅力的ですが、6年経っても最新モデルと互角に勝負できる現行プリウスの商品力も驚異的です。

平成21年度予算の年度内成立が確実となり、4月以降に低燃費・低公害車を購入する方は、取得税と重量税の減免が受けられます(すでに購入された方も、車検時に重量税が減免されます)。
日本の自動車産業に景気回復は訪れるのか、大いに注目しましょう。

(2月26日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
景気回復の救世主?(前編)
【3代目】新型プリウス発表
「トヨタショック」は超えられるか
イニシャルD
ハイブリッドは世界を制すか
未来予想図


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:38| Comment(6) | TrackBack(2) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。