2009年03月20日

女帝の密かな陰謀

古代史最大の争乱、壬申の乱。その発端には有名なエピソードがあります。
天智天皇は晩年、弟の大海人皇子(のちの天武天皇)を呼んで後事を託そうとしましたが、大海人皇子はこれを固辞して吉野に隠遁しました。
実は、わが子・大友皇子(のちの弘文天皇、ただし即位には異議もあり)に皇位を譲ろうと考えていた天智天皇が、弟が皇位に野心を示したら暗殺しようと仕組んだ「陰謀」であった…



持統女帝と皇位継承

しかし本書の著者・倉本一宏氏は、天智天皇の陰謀を明確に否定します。大友皇子は生母の身分が低く、もとから皇位継承の候補者ではなかったとのこと。
倉本氏は、天智天皇にとって弟であり娘婿でもある大海人皇子が、皇位を嗣ぐことに何の不都合もなく、むしろ大本命だったと考えています。天武天皇の皇后は、天智天皇の娘・鵜野讚良皇女(のちの持統天皇)です。

では、壬申の乱の目的は一体なんだったのでしょうか?
倉本氏は、愛息・草壁皇子の皇位継承を確実にするための、鵜野讚良皇女による「陰謀」なのだといいます。戦乱によって大友皇子の一族と、草壁皇子の異母弟である大津皇子を、一緒に葬り去ろうとしたというのです。
壬申の乱で大津皇子は無事でしたが、天武天皇の崩御後、謀反のかどで処刑されます。なお大津皇子の母は、鵜野讚良皇女の姉・大田皇女。姉が早世したことで、鵜野讚良皇女は天武天皇の皇后となりました。

当時の皇位継承は、おおむね30歳以上の皇族の同世代内で行われ、同世代内に候補者がいなくなってから、若い世代へと下りていったようです。最初から親から子へと、垂直に受け継がれた訳ではありません。
激しい権力闘争を目の当たりにして育った、持統天皇。そこから彼女の冷徹な政治哲学が生まれたのでしょう。

本書は持統天皇を中心に、継体天皇の時代から乙巳の変(大化の改新)を経て奈良時代へと至る、皇位継承のメカニズムを分析しています。
「国母」として権勢を振るい、皇統を確立した女帝・持統天皇。やはり皇祖神・天照大神のモデルなのでしょうか?

続きを読む


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 19:44| Comment(12) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。